きもの、着ようよ!

著者 :
  • 筑摩書房
3.60
  • (3)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480877550

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 着物のパーツや生地の説明や成り立ちがわかる本。着物初心者だけど面白く読めて、もっと色々知りたい、実際に目にしたり身につけてみたいと感じた。著者がイラストレーターなので仕方ないが、生地などの説明が全てイラストだったのが残念。写真で実際のものを見たかった。

  • 平野恵理子さんの「着物でお出かけ十二ヶ月」に着物心をくすぐられまくったので立て続けにもう一冊。
    こちらは読み物が中心で着物初心者の勉強に打ってつけ。
    「江戸小紋」が何か、ようやくわかったわ・・・。

  • 着物の種類や疑問などを分かりやすく解説してくれている。だが、けして堅苦しく無く読みやすい文章で興味をそそる。着物の生地、織り、染めなどの種類や小物の説明。着物に興味を持ったら読んでみると、より着物を楽しめる一冊だろう。

  • イラストレーター平野恵理子さんがナビゲートする着物入門書。写真画像は全く無いものの、平野さんの可愛らしく、解説としてシンプルなイラストが豊富の、親しみ易い一冊。着物基本情報(但し、着付けの手順・解説図解はありません)の他に着物の生地の解説では「しぼしぼ縮緬、サラサラ綸子」など端的な表現を使った読み物もあり、10代の着物関心・入門者にも親しみ易い内容となっています。 また実用面での着物お役立ち情報(根付けや、八掛け、お洒落半衿の沢山のイラスト、お花・植物の季節の模様モチーフとなるイラスト)等、着物通になるためのヒントも掲載。気軽な楽しい着物情報本といえるでしょう。(着物入門者〜中級者向け)(と)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1961年、静岡県生まれ、横浜育ち。イラストレーター、エッセイスト。山歩きや旅、暮らしについてのイラストとエッセイの作品が多数ある。
著書に『五十八歳、山の家で猫と暮らす』(亜紀書房)、『こんな、季節の味ばなし』(天夢)、『きょうはなんの記念日? 366日じてん』(偕成社)、『あのころ、うちのテレビは白黒だった』(海竜社)、『庭のない園芸家』(晶文社)、『平野恵理子の身辺雑貨』(中央公論新社)、『私の東京散歩術』『散歩の気分で山歩き』(山と溪谷社)、『きもの、着ようよ!』(ちくま文庫) など、絵本・児童書に『ごはん』『たたんでむすんでぬのあそび』(福音館書店)、『和菓子の絵本』(あすなろ書房)など、共著に『料理図鑑』『生活図鑑』(おちとよこ、福音館書店)、『イラストで見る昭和の消えた仕事図鑑』(澤宮優、角川ソフィア文庫)など多数がある。

「2021年 『わたしはドレミ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平野恵理子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×