トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ!

制作 : Tom Peters  仁平 和夫 
  • CCCメディアハウス
3.62
  • (98)
  • (104)
  • (190)
  • (25)
  • (6)
本棚登録 : 1259
レビュー : 130
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784484003078

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 気になったところを箇条書き
    * 私のプロジェクトが生き様だと言えるか?何の役にたつのか?誰を幸せにできるのか?世の中がどう変わるのか?
    * 自分の予定表はテレビ局の番組表と同じ.真剣に予定をたてる
    * 30代で将来どうなるかわからないと思っているなら夜間のMBAコースに通うことを考えたらどうか
    * ちっぽけな仕事はでっかいチャンスだと思え
    * 名刺ホルダーのコミュニティを育てよう
    * リーダーに一番欠かせないのは信頼性
    * 今の仕事に何かを学ぶ目標があるか?2つ以上ないなら仕事のやり方や内容を変えてみよう
    * 前からアフリカに行きたいと思っていたなら旅行代理店に問い合わせてみよう
    * 人間は一生勉強なのだと思い,達人になることを真剣に考えてみよう
    * 現場に向かって走れ!
    * いつでもタレントを求めよう.
    * 大人になろう!権力や政治は必要だ
    * www.tompeters.com

  • ・エクセレントなことをやれ!
    出来なければ、エクセレントじゃないことはするな!
    ・ブランド人でなければ生き残れない。
    ・大きくなったら何になりたい?もうすでに、大きくなっている!

  • レバレッジ・リーディング[読んでおくべきビジネス書20]

  • 自分自身をブランド化するためのヒントがいっぱいのってる。
    自分っぽい言葉、自分っぽくない言葉

  • ちょうど10年前(2000年)に書かれた本。
    10年後にはホワイトカラー革命が起こり、仕事がなくなる、もしくは様変わりすると記されている。
    そして現在はというと、終身雇用が崩壊の兆しを見せ、単純なワーカーでは楽しく生きることが厳しくなっている。
    自分ブランドを高める方法を具体的に教授してある。あとはこれを実行し、継続することができるか。

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    チャンス到来、大ブレイクせよ!君はグッとくる人になれるか。「ブランド人」になるための50項目。
    目次
    自分の人生が帰ってきた
    大きくなったら何になりたい?―あなたはもう大きくなった
    ついに来た、ホワイトカラー革命!
    自分の名前をブランドにする
    あなたまるごとハウマッチ?
    四つのツール―練習教材
    自画像
    あなたの仕事は、くだらない仕事か
    あなたも達人になってみないか
    さて、どうパッケージしようか〔ほか〕

  • 座右入り

  • エクセレントカンパニーを書いた、トムピーターズの著書。
    ライトな感じが気に入っているのと、臆面無く言わせて頂くと普段から自分が意識している事が肯定されていて良かったと思う。
    勿論、日本の実生活で実践するのは難しいケースもあり。勉強会なんか主催する気はさらさら無いので。(志は高くね)

  • 今でもひとつだけおすすめの本を選ぶとしたら、この本を選びます。ズバッとわかりやすく、そしてがんばる勇気を与えてくれます。
    わたしはたまに友人にもこの本をプレゼントしています。

    • hommaniaさん
      今でもひとつだけおすすめの本を選ぶとしたら、この本を選びます。ズバッとわかりやすく、そしてがんばる勇気を与えてくれます。
      わたしはたまに友人...
      今でもひとつだけおすすめの本を選ぶとしたら、この本を選びます。ズバッとわかりやすく、そしてがんばる勇気を与えてくれます。
      わたしはたまに友人にもこの本をプレゼントしています。
      2009/10/11
  • ・自分を表現するだけでなく、自分を創造する
    ・悪いことを考えるのをやめる。それに勝る時間の無駄は無い
    ・自分のスローガンを考えてみる
    ・ホワイトカラーは、ブランドになるかお払い箱になるかしかない
    ・自分が今やっていることはブランド化に繋がることか。毎日問う。
    ・世の中は大忙しで大混雑。だからこそ的を絞らないといけない。
    ・自分のブランド価値を問う。人に話す練習する。
     一体どういう人間か、商品は何か、何がスペシャルなのか、類似商品と何が違うか、
     その信頼性はどう表現すればいいのか、自分が先進的なのをどう伝えればいいのか、
     自分がカッコイイことをどう伝えればいいのか
    ・自分のリニューアルを常に意識
    ・「毎日かならずすごいことをやれ それが出来ない日はすごいことが出来るよう死力を尽くせ」
    ・「求めよ、されば与えられん」
    ・誰でも多少とも変えられるものがある。まずは自分の手の届くところから変える
    ・許可を求めるのは「だめだ」と言われているのと同じ
    ・待っていれば事態は悪くなるばかり、戦いを起こせ
    ・モデルやコンセプトを持て。自分の考えをいつでも話せるように。
    ・「つまんない」仕事でもいかにすごいプロジェクトにするか
    ・力は自分で奪い取るもの。年齢は関係ない。
    ・「どうすればエクセレントになれるかは、エクセレントでないことをやめればいい」
    ・一点集中
    ・気持ちが暗くなったら勝てない。自分で自分を元気付ける。
     誰でもある陰・悩み、重荷をどうコントロールするか。
     希望と才能と元気をどう引き出すか。
     落ち込んだときに自尊心を取り戻すこと以上に緊急重要なプロジェクトはない
    ・先進的企業が研究開発を怠らないように、個人でも研究開発を考える。
     即ち、個人のリニューアルを意識する。
    ・最新情報は現場にある。現場に走れ。
    ・で、「あなた」の商品は?雇われ根性を持つな。
     生活の糧を得るというのは自分を売ること。プロなら売るのは恥ずかしいことではない。
     売らなければ、生きていけない。
     大手コンサルティング会社のシニアパートナーは、中古車セールスマンに負けず劣らず
     「売り込み」に夢中になっている。ブランド人=営業マン。

全130件中 81 - 90件を表示

トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ!のその他の作品

トム・ピーターズの作品

ツイートする