時代のきしみ―“わたし"と国家のあいだ

著者 :
  • CCCメディアハウス
3.07
  • (3)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (3)
本棚登録 : 54
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784484022055

作品紹介・あらすじ

ロングセラー『「聴く」ことの力』で哲学の新たな地平を拓いた著者が純粋・所有・国家・宗教などをテーマに思想史の次元に切り込む。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • p.2002/5/25

  • 登録番号:21

  • ポストポストモダンの時代。モノローグは死んだ。ダイアローグのみが生き残る。

  • 良書。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

鷲田清一(わしだ・きよかず) 1949年生まれ。哲学者。

「2020年 『ポストコロナ期を生きるきみたちへ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鷲田清一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×