考具 ―考えるための道具、持っていますか?

著者 :
  • CCCメディアハウス
3.62
  • (306)
  • (527)
  • (764)
  • (63)
  • (20)
本棚登録 : 4639
レビュー : 503
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784484032054

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アイデアマンだと思う多くの人たちが声を揃えて言うんだから、きっと間違いないんだろう。意識+量が質を生む!
    「アイデアマン&ウーマンになるかどうかは後天的なもので、置かれた環境よりも、自分の意識の方が大事。その意識を持ちながら、量が質を生むまでやりきること。」

  • サクサク読める。

  • もはや内容が旧い

  • 【要約】
    ・脳を動かすための助走として、まずは手を動かす。そのためのツールが、考えるための道具ということで「考具」。

    【ノート】
    ・「考具」というタイトルから期待したのは、文房具屋ガジェットを中心としたツールの紹介と使いこなし術。その意味では少し肩透かしをくらった感じ。企画業向けに、アイデアや企画ということの中心概念を明らかにしながら、それに寄り添う考え方やちょっとしたツール、及びその使い方についての工夫が書かれているという構成だった。

    ・もし、GTDの関連本やサイトに触れたことがなく、マインドマップやマンダラートも知らないという人であれば、本書を読んで得るところがあるだろう。しかし、既知であれば、本書を読む意義はあまりないと思う。その意味で、自分的にはあまり得るところがなかったが、それでも初見だったのは「カラーバス」という考え方。街を歩くときに色を決めておき、その色のものを見つけていくという、ちょっとしたゲーム感覚の観察法。実際はそれぞれの職業に応じた視点で、風景や町並みを観察するというのはやっているものだが、その基準を「色」だとか「形」というようなものにしてみる、というのはやらないものだ。今度、実際にやってみよう。

    ・筆者は博報堂勤務とのことだが、広告代理店の人間は、こういう文章がフォーマットなのだろうか?糸井重里臭が至るところから漂ってくる。これは先日読了した天野祐吉の本でも少し感じたので、業界特有の匂いなのかも知れない。それは、よく言えば、日本語のことを考え抜くポジションの職業の人たちが、分かりやすい文章を考えた時、必然的にたどり着く文体であるということなのかも知れない。

  • 考える具と書いて「考具」。
    考具とは考えるための道具のこと。
    アイデアの出し方や見つけ方、そしてそれらの整理の仕方を簡潔に書いてある

  • アイデアの定義:アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない
    要するにアイデアはウジウジ考えながら、いろいろな情報や発想を組み合わせていく思考力が大事。考える習慣を道具を使って継続すること。

    アイデア:自由奔放な発想
    企画:予算と時間と事前準備があれば実施出来る目処が立つ計画のこと

  • 具体的な手法が数多くかかれていた。
    即時性があるものが多く、実践しやすい。

  • 楽に読める。内容はわかりやすい。
    ただ、期待していた以上の中身は無い。
    読んで理解しただけでは意味がないのでまずトライ。

  • 広告代理店に勤務する著者が、実践してきた「考えるための」「道具(スキーム、ツール)」の紹介とその利用方法を紹介している。
    はっきりってツールや使用方法には、目新しさはないが、逆に実践で利用しているので、非常に具体的なことが書かれている。
    そういう意味では、ツールを理解しているだけではなく、ツールを自分のものとして利用をすることで、非常に大きな成果の差となってくるのだろう。

  • 考具という名前が新しいだけで何も珍しいことは書いてない。

著者プロフィール

1994年博報堂入社。現在同社コーポレートコミュニケーション局勤務。

「2017年 『アイデアはどこからやってくるのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

考具 ―考えるための道具、持っていますか?のその他の作品

考具 Kindle版 考具 加藤昌治

加藤昌治の作品

ツイートする