増補改訂版 仕事ができる人の心得

著者 :
  • CCCメディアハウス
3.69
  • (6)
  • (3)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 152
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784484122199

作品紹介・あらすじ

「空理空論一切なし! 」
「ビジネス書100冊分にも匹敵する」中小企業経営のカリスマ・小山昇社長の主著、
120項目以上を追加した待望のバージョンアップ版。

2度の日本経営品質賞受賞、経済産業大臣賞、IT経営百選最優秀賞……
独自の経営革命で増収増益を続け、
数々の受賞暦を誇る株式会社武蔵野・小山昇社長の原典が待望のバージョンアップ。
先行版の『会社開眼の法則』と合わせてすでに15万人以上が手にしたバイブルが、
時代に合わせてアップデートされ、120項目以上が新たに追加されました。

この1冊で、人も会社も必ず成長します!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Yotsuya

  • まとめ下手。こんな国語辞典のようなものを読んでいる暇があれば、具体的経験を増していった方がいいんじゃないの、と思ってしまう。毎日、朝礼するような人のネタ本にはなるかもしれないが…。

  • 小山氏は、すごい経営者だと思う。
    多く経営、営業の心得をよく自分の考えでまとめている。
    近くで学べる方は幸運だ。ただ本にすると小山氏の言いたいことが十分に伝わってこない。

  • 働くことは出勤することではない。粗利益を上げること。粗利益を上げないことはただ動きまわっているだけでコストが上がること。
    やらないことを決めること。
    人の考え方はそれぞれ違うことを前提に、仕事の上では共通の考え方でやっていこうというのが組織の出発点。

  • 繰り返さないと分からんな

  • 心得帳
    ちょこちょこ見ては気になった言葉に付箋をつけて読み返してます

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

株式会社武蔵野代表取締役社長。1948年山梨県生まれ。東京経済大学卒。1976年日本サービスマーチャンダイザー(現・武蔵野)に入社。一時期、独立して自身の会社を経営していたが、1987年に株式会社武蔵野に復帰。1989年より社長に就任。赤字続きだった武蔵野を18年連続増収の優良企業に育てる。2001年から中小企業の経営者を対象とした経営コンサルティング「経営サポート事業」を展開。730社以上の会員企業を指導している他、全国の経営者向けに年間約240回の講演・セミナーを開いている。主な講演テーマは「経営の見える化」「経営計画書」「環境整備」「人材戦略」など。1999年度「電子メッセージング協議会会長賞」、2001年度「経済産業大臣賞」、2004年度、経済産業省が推進する「IT経営百選最優秀賞」をそれぞれ受賞。2000年、2010年には日本で初めて「日本経営品質賞」を2度受賞している。主な著書に『会社を絶対に潰さない社長の「金言」100』(プレジデント社)、『新版 経営計画は1冊の手帳にまとめなさい』(KADOKAWA)、『儲かりたいならまずココから変えなさい!』(朝日新聞出版)などがある

「2020年 『できるリーダーは失敗が9割 自分史上最高の営業利益を手に入れる「仕事」の極意』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小山昇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
清水 久三子
池井戸 潤
佐藤 優
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

増補改訂版 仕事ができる人の心得を本棚に登録しているひと

ツイートする
×