プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

  • CCCメディアハウス
3.83
  • (34)
  • (44)
  • (25)
  • (7)
  • (5)
本棚登録 : 549
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784484171067

作品紹介・あらすじ

ジム通いはムダ、プロテインは不要! 脈々と受け継がれてきた真の「筋トレ大全」。
バーベルやマシンで一個一個の筋肉を増していくのと違って、体に無理がなく、本当の強さが身に付く方法だから、短時間で自宅でもどこでもできるのに、圧倒的強さが手に入る永遠のバイブル。
全米ベストセラーのトレーニング本、ついに日本上陸!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いにしえのキャリステニクス(自重トレーニングによって体を極限まで開発する技術)を極める事によって、鉄の手錠を壊したり、鎖のフェンスを破ったり、レンガでできた壁を叩き毀す類のパワーを得られるらしい(笑)。

    反対に現代のジムトレーニングは、目新しい子どもだましのマシンで洗脳し、人工的に膨らませた醜い筋肉をつけて喜んでいるだけで、実際のところ腱と関節は弱く、本当の強さは身につかないと全否定している。

    この本の悪いところは、自重トレーニングの良さを伝えるために他のトレーニングをディスってるところ。個人的には、それがたとえジムトレーニングであろうと運動をしていれば健康的で体には良い影響があると思うし、「自分は正しい、他のトレーニングは悲劇だ」という自己中心的な著者の考えは、あまり尊敬できるものでは無い。

    しかし、具体的なトレーニングメニューが書かれている点は、綺麗事を書き並べてある本より実用的で実際の行動に移しやすいと感じた。

    そのトレーニングは6種類の動作「ビッグ6」にそれぞれステップ1〜ステップ10までの難易度が用意されており、1つ1つ地道にマスターしてステップ10を目指すというもの。

    「ビッグ6」
    ①プッシュアップ(腕立て伏せ)
    ②スクワット
    ③プルアップ(懸垂)
    ④レッグレイズ(脚上げ)
    ⑤ブリッジ
    ⑥ハンドスタンド・プッシュアップ(逆立ち)

    それぞれに目安の回数、セット数が用意されているため、少しずつ始めてみようと思う。

  • 巷に溢れる短期間で見た目と自信を手に入れられると謳った筋トレ本とは真逆をいく、ひたすらストイックかつリアルな強さを求めています。
    筋トレをこれから始めようという人向けではなく、ある程度習慣化した人間が、焦らずゆっくり着実に筋肉を鍛えるメソッドがメインです。
    結果が短期間で出ないタイプなので、気長に一生筋トレをしたい人向けなので是非。

  • 「筋トレが最強のソリューションである」を読んでから筋トレに興味を持ち、具体的な筋トレ方法を知りたくてこれを読んでみた。

    普通の筋トレ本と違い、筋トレ器具を使った筋トレを一切推奨せず、キャリステニクスに基づく完全な自重筋トレを推奨している。どうも著者は筋トレ器具など全くない監獄で、自分の体重を使って肉体を鍛える方法を編み出したらしく、筋トレ器具やプロテインに対する見方はかなり厳しい。

    確かにプリズナートレーニングは筋トレ初心者〜超上級者まで明確なステップ別に様々な筋トレ法を紹介しており、それらをちゃんとこなしていけばどんどん体を鍛えられるように出来ていると思うのだが、筋トレ器具やプロテインをそこまで否定する必要はないと思う。また、そもそも実際に著者が存在するかもわからないし、なんとなく語り口がくどいのはあまり良くない気がする。従って、著者の主張を盲信して筋トレ器具やプロテインを捨てるのではなく、あくまで自重筋トレのやり方を知るための本として読むことをオススメする。

    個人的にここに載っている自重筋トレ法はどれも効果のあるものだと思うので、外出自粛中に少しずつやっていきたいと思う。

  • トレーニングジムがない監獄の中で編み出したジジイを使った自重トレーニング。外に出れない今だからこそ、学ぶべきものがたくさんあった。しかも上級者だけでなく、初心者からレベルアップしていくスタイルなのですぐに取り組みそうなのが良い

  • タイトルは本当か?と今も疑ってるし、そもそもこの著者は実在するのかさえ怪しいと思われるが、6つの運動種目をそれぞれ10段階にしてステップアップさせる野はよく考えられている。

  • 初読

    己の身を守る為に身体を鍛え上げなくてはならない、
    ダンベルやバーベルの無い監獄で文字通り身体1つで!

    もうこの設定だけでときめくwww
    ジムや加圧はお金を払って一生通い続けねばならないのか?
    という疑問はどうしてもあるし、いつかは自重だけで
    トレーニング出来たら良いなぁという憧れを突かれた。

    リハビリ程度から始められるステップ式なのも凄く良い。
    自重はマシンと違って腱や関節も無理なく同時に鍛える事が出来る、
    という事の真偽はわかりようもないけど、
    そういうものなのかー。それならいいな。
    マシンの長所の「そこだけにダイレクトに効かせられる」をひっくり返すとそうなるのか。

    ジムもマシンも併用して筋肉アップを狙いたいけど、
    一年かけてフルプッシュアップ出来るようになるぞー!

  • 最初は“幼稚園生でもできそうな内容”から始まり、かなり高度な課題に至る。
    “生き抜く”ための筋トレ

  • すまん、途中で挫折した

  • 器具を殆ど使わずに出来る筋トレ本。ただ、「手軽に痩せたい」程度のモチベーションだと本書は過剰スペックだろうと思う。何故なら、体操選手よろしく片手腕立て伏せ、逆立ち腕立て伏せなどまぁ、共すると曲芸師レベルが到達点なのだ。

    ただ、それ故にある意味究極を目指すトレーニーの一つの目標とスタンダードになるに相違ない。

  • ベンチプレスなどの身体を断片化するトレーニングに疑問が湧いていた時期なので、難しい姿勢を維持する為の筋肉の連動など、体全体を使っていくアプローチが、しっくりきた。理論に納得出来る一方で、うまくいかない時には、どの箇所がダメなのかを自己解析する必要があり、実践はなかな 、難しい。
    数年後に結果出てるといいなー。

全49件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

元囚人にして、すべての自重筋トレの源流にあるキャリステニクス研究の第一人者。
1979 年にサン・クエンティン州立刑務所に収監され、その後の23 年間のうちの19 年間を、アンゴラ(別名ザ・ファーム)やマリオン(ザ・ヘルホール)など、アメリカでもっともタフな監獄の中で暮らす。
監獄でサバイブするため、肉体を極限まで強靭にするキャリステニクスを研究・実践、〝コンビクト・コンディショニング・システム〟として体系化。
監獄内でエントレナドール(スペイン語で 〝コーチ〟を意味する)と呼ばれるまでになる。
自重筋トレの世界でバイブルとなった『プリズナートレーニング』シリーズは日米でベストセラーになっているが、彼の素顔は謎に包まれている。

「2019年 『プリズナートレーニング 実戦!!! スピード&瞬発力編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ポール・ウェイドの作品

プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレを本棚に登録しているひと

ツイートする
×