プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

制作 : 山田雅久 
  • CCCメディアハウス
4.00
  • (5)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :107
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784484171067

作品紹介・あらすじ

ジム通いはムダ、プロテインは不要! 脈々と受け継がれてきた真の「筋トレ大全」。
バーベルやマシンで一個一個の筋肉を増していくのと違って、体に無理がなく、本当の強さが身に付く方法だから、短時間で自宅でもどこでもできるのに、圧倒的強さが手に入る永遠のバイブル。
全米ベストセラーのトレーニング本、ついに日本上陸!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初読

    己の身を守る為に身体を鍛え上げなくてはならない、
    ダンベルやバーベルの無い監獄で文字通り身体1つで!

    もうこの設定だけでときめくwww
    ジムや加圧はお金を払って一生通い続けねばならないのか?
    という疑問はどうしてもあるし、いつかは自重だけで
    トレーニング出来たら良いなぁという憧れを突かれた。

    リハビリ程度から始められるステップ式なのも凄く良い。
    自重はマシンと違って腱や関節も無理なく同時に鍛える事が出来る、
    という事の真偽はわかりようもないけど、
    そういうものなのかー。それならいいな。
    マシンの長所の「そこだけにダイレクトに効かせられる」をひっくり返すとそうなるのか。

    ジムもマシンも併用して筋肉アップを狙いたいけど、
    一年かけてフルプッシュアップ出来るようになるぞー!

  • この本はダメだ。筋トレをサボる言い訳がなくなる。最高。身体に不調があるならトレーニングの強度を調整すればいいし、ジムに行けなくても器具がなくても自重で十分鍛えられる。

    「バーベルセットを持っていたら、それを売って、クッションマットを買うといいだろう。脊柱のトレーニングに使うためだ。もちろんジョークではない」(p.218)
    笑った。自重トレーニング万歳。

  • ベンチプレスなどの身体を断片化するトレーニングに疑問が湧いていた時期なので、難しい姿勢を維持する為の筋肉の連動など、体全体を使っていくアプローチが、しっくりきた。理論に納得出来る一方で、うまくいかない時には、どの箇所がダメなのかを自己解析する必要があり、実践はなかな 、難しい。
    数年後に結果出てるといいなー。

  • 内容豊富で解説自体非常に役に立つ良書。
    地方のためそもそもジムがないという人にとってはいかにして身近なものでトレーニングするかというときには良い。
    個人的にはもう少しメニューの組み方に対して詳細な説明が欲しかった。

  • うちのCFOに紹介いただいた一冊。ジムの雰囲気も機材もあまり得意じゃないからありがたい本。けっこう筋トレの歴史とかにも触れてて読み物としてもよい。ただ、文字ばかりなので、Kindleで読むには若干辛い、DVD版とかあればいいのに。

  • これまで我流で筋トレをやっていたが、やはり「テキトー」ではなく知識と規律に基づいた筋トレをしようと思っていた時期に本書と出会った。
    まず、目を惹く万人受けはしなさそうな表紙。一見トンデモ本の類かと思ったが、中身は自重トレーニングについて簡単なものから難しものまで順番に進んでいく構成になっているので、トレーニング初心者から上級者まで興味深く読み実践することができる。

  • newsweek掲載

全7件中 1 - 7件を表示

プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレのその他の作品

ポール・ウェイドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
デイル ドーテン
ジャレド・ダイア...
ピエール ルメー...
リンダ グラット...
デール カーネギ...
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレはこんな本です

プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレを本棚に登録しているひと

ツイートする