アイデアのつくり方

  • CCCメディアハウス
3.84
  • (652)
  • (796)
  • (789)
  • (83)
  • (28)
本棚登録 : 8408
レビュー : 933
  • Amazon.co.jp ・本 (102ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784484881041

作品紹介・あらすじ

60分で読めるけれど一生あなたを離さない本。《アイデアをどうやって手に入れるか》という質問への解答がここにある。

古典中の古典。メンタリストDaiGoも推薦する一冊!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アイデアのつくり方の段階を学ぶ。

    〇どんな技術を習得する場合にも、学ぶべき大切なことはまず第一に原理であり、第二に方法である。(p25)
    ☆正しいやり方なら、アイデアが出る!のか?

    〇この5つのどの段階にも、それに先行する段階が完了するまでは入ってはいけないという事実。(p37)
    ☆だから、一足とびにはいかない、ということ。

    〇第一の段階は資料を収集することである。(p33)
    ☆その集めるべき資料とは、特殊資料と一般的資料の二種類。要素の新しい組み合わせ=アイデアだから。

    〇カード引用法を勉強されると有益だ。
    ☆つまり、書き出す+分類、ということか。

    〇これらの資料を咀嚼する段階である。
    ☆これが2つ目。並べ替えたり、いじくりまわしてみたりする。
    アイデアが出てきたら、紙に記入しておく。

    〇この第三の段階にやってくれば、諸君はもはや直接的にはなんの努力もしないことだ。(p47)
    ☆無意識の時間も必要。
    音楽、映画、詩や小説を読む。
    これが胃液の分泌。

  •  アイデアの作り方に関する、基本にして奥義。
     本文は、わずか51頁分しかない。しかも、アイデアの作られる全過程ないし方法はたったこれだけ。

    《第一 資料集め――諸君の当面の課題のための資料と一般的知識の貯蔵をたえず豊富にすることから生まれる資料と。
    第二 諸君の心の中でこれらの資料に手を加えること。
    第三 孵化段階。そこでは諸君は意識の外で何かが自分で組み合わせの仕事をやるのにまかせる。
    第四 アイデアの実際上の誕生。<ユーレカ! 分かった! 見つけた!>という段階。そして
    第五 現実の有用性に合致させるために最終的にアイデアを具体化し、展開させる段階。》(54-55頁)

     資料を収集し、分析と検討を加えた後、一度「寝かせる」ために忘れ、あるときひらめいたらそれを形にする。シンプルすぎるくらいシンプルな定式である。
     だが、あらゆる分野でのひらめき・発想というのはほとんどこの過程を経る。言われればその通りなんだけど、これをキッチリできない人も多いのは確か。その意味で「基本にして奥義」。

     すぐ読める本だが、その内容は骨太で本質を突いている。発想法本では引用や言及されることが多い「古典」なので、一読しておくことをオススメする。

  • 数年前に職場で受講した企画発想力研修でも紹介されたし、アイディアや発想力養成のための本でもよく名前を目にする本書。
    序文や解説を除いたら50ページ程度、しかしその中に「アイデアのつくり方」が簡潔明瞭に記されています。
    まさに秘伝の書のような趣。

    よく引用されるのは「アイデアは既存の要素の新しい組み合わせである」という文章ですが、それを生み出すための5ステップもとても重要。
    資料を読んだり材料を集めたあと、自分の中で材料を咀嚼し、こねくりまわしてみる。
    そのあと一旦考えるのをやめて、自分の中で材料たちが化学反応を起こすのを待つ。
    この一旦寝かせるというのが重要なのですね。
    自分の中でいろんなものと交じり合い、いい具合に発酵したアイディアは、意識していないときに突如としておりてくる。
    「ユーリカ!」は待ってるだけではダメ。
    ちゃんと材料は集めておくべし。
    それから、最後にさらりと書かれている「言葉」が大切というのも忘れないようにせねば。

    本書を読んだら、これまで読んだお仕事関係の本に書かれていたことがつながったように感じました。
    それだけ本書の内容がベーシックかつ核心を捉えているということなのだろうな、と思いつつ読了。

  • ‼️アイデアの作成はフォード車の製造と同じで、一定の明確な過程がある

    アイデアとは、既存の要素の新しい組み合わせでしかない

    ‼️特殊問題×一般教養

    アイデア作成の技術は修練できる

    1 資料収集
     製品と消費者に関する特殊資料と、この世の様々な出来事についての一般資料 の組み合わせ
     大学の一般教養の実用的な価値はここなある

    ‼️3 問題を完全に放棄、自分の想像力や感情を刺激するものに心を移す。音楽、映画、劇場

    5 生み出したアイデアは素晴らしいものではない。それを諦めずに忍耐強く育てる

    ‼️パレートの法則の大事な部分
    大事なことは先にやれ!上位20%にあたることを的確に掴むこと

  • アイデアの出し方が分かりやすく、簡潔に書かれています。上手くアイデアが出せない人にオススメです。

  • 人生の50冊 ベスト3

    短い本が秘めている大きな可能性。
    発想法に関する本はたくさんあるが、
    この本の焼き直しか、
    二番煎じだと言えるほどパワフル。

    アイディア=既存 + 既存 の組み合わせ
    組み合わせの多様性がアイディアのオリジナリティを生み出す。
    メッセージはシンプル。

    ただし、これも実践の書であり、
    読んだ後に実行しなければ、読まなかったのと同じ。

    パソコンやネットのパワーを手に入れた人類ならば、
    この本の指摘するアイディア倉庫は
    この当時よりも簡単に創れるはずだが、どうだろうか?

    実践したものだけが、アイディアを生み出すことができる。

  • アイデア考案法をシンプルにまとめた書籍。
    少し翻訳がわかりにくい部分はあるが、ポイントだけがまとめられているので、すぐに読める。

  • タイトルの通り、アイデアの作り方。
    同じ方面の名著系まとめででもよくおすすめ1位や、
    必読書に指定されていたりする。
    昨日、古本屋で買ってそのまま車の中で読了。

    新書サイズで、ハードカバーがついてちょっとそれより大きめ。
    解説・訳者あとがきを抜いたら本編が62ページ、
    新品で買っても800円でそれから半額、
    思っていたよりだいぶコンパクトな本だったので、
    この手の本はちょっと食傷気味だったけど、
    つまみ程度でいけるかなと購入。

    中身だけど、個人的には
    スペキュラトゥール(投機的・思索的)のくだり(P21)と
    翌朝の冷えびえとした夜明けのくだり(P52)が好きだ。

  • この本は、今まで読んだ本の中で最も衝撃的で、一生手元に置いておきたい本の一冊となった。

  • 分かっているようで分かっていなかったアイデアの作り方。
    この本に書いてあるとおり、普段なにか新しいものを考え出そうとする時に資料の収集は怠りがちである。
    大切なことを改めて気づかせてくれる一冊。

全933件中 1 - 10件を表示

今井茂雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デールカーネギ...
スペンサー ジョ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

アイデアのつくり方を本棚に登録しているひと

ツイートする
×