アンナ・カレーニナ〈上〉

  • 東海大学出版会
3.90
  • (4)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784486014669

作品紹介・あらすじ

『アンナ・カレーニナ』が世に現われて百有余年、その間どれほどの人々がどれほどの思いでそれを読んで来たことであろう! どれだけの涙がアンナのために流され、どれだけの人がレーウィンと共に信仰を求めて悩んだであろう! モナ・リザの微笑にも似た謎を湛えて我々をおいでおいでをするこの作品、晩年の漱石をして《これほど偉大な小説は未だかつて読んだ事はない》と嘆ぜしめたこの作品、もはや世界人類共通の所有に属するこの作品を、なるべく大勢の日本の読者に結び合わせる役割を、私の拙い翻訳が些かでも果たし得るならば、喜びこれに過ぐるものはないと思う。[訳者あとがきより]

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 夫のある身でありながら、青年将校ヴロンスキーと恋におちた美貌の女性アンナ。貴族社会の中では離婚はかなえられず、駆け落ちする二人だが……。自らの愛に生きるアンナを中心に描きながら、ロシアの社会を隅々まで克明に描き出したトルストイの代表作。

全1件中 1 - 1件を表示

レフ・ニコラェウィッチトルストイの作品

ツイートする
×