妖精学大全

著者 :
  • 東京書籍
4.23
  • (6)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (477ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784487791934

作品紹介・あらすじ

英国・アイルランドを中心に、ヨーロッパの民間伝承やケルト神話に登場する、この世ならぬ存在=妖精の約300種について幅広く解説。妖精の起源、分類、行為、性質などを語り、古代から現代に至るヨーロッパ人の想像力、自然に対する畏敬の念を探る。中世ロマンス、シェイクスピア、ロマン派詩人、『不思議の国のアリス』、『ピーター・パン』、『指輪物語』から「ハリー・ポッター」などファンタジー文学までを語る、ユニークな文学史。ペイトン、フィッツジェラルド、ラファエル前派、ラッカムなど、今注目の妖精画の画家と作品を初めて解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 妖精に関する事典。
    伝承フォークロア、絵画、作者、作品、など創作芸術までも網羅した事典。
    個別に名前がある妖精たちや関連項目として宗教神話なども。
    やっぱりと言うか当然と言うかキリスト教系、ケルト系がメインとしてかなり多い。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1932年、栃木県生まれ。東京大学大学院博士課程修了。『妖精の国』『ケルトの神話』他多数。

「2015年 『日夏耿之介の世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井村君江の作品

ツイートする
×