死体は切なく語る

著者 : 上野正彦
  • 東京書籍 (2006年6月発売)
3.29
  • (10)
  • (5)
  • (25)
  • (5)
  • (3)
  • 本棚登録 :79
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784487801107

作品紹介・あらすじ

「どうか、どうか、神様…」炎の中に消えた愛、幼い子どもが最後に見た光景、布団の中で凍死した孤独、「お父さんを許さない…」、美人だったがための不幸、男のシンボルに託した純愛、思い出を失ったバラバラ死体、裏切られ無実の罪をきせられて-2万体の死体を検死した監察医が思わず涙した感動のドラマ。

死体は切なく語るの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 70.とても興味深く、また勉強にもなりました。タイタニックのジャックの死に方が例えて書かれていて、死を美化して伝えられがちだけど、津波で亡くなられた方もそうで、決して穏やかに亡くなるばかりではないと言う事がわかりました。自分も職業柄、何人もの死に立ち会いましたが、やっぱりどんな死でもすごく悲しい。そして、命や、生きる事について考えさせられます。

  • 監察医という仕事を通して、感じたことが書かれている本。未知なる世界は興味深かったが、さらっと1時間程度で読めてしまい、あまり心に残らなかった。
    女が男がという書き方が多く、個人的に違和感があったためかもしれない。

  • 検死の裏に流れる人間ドラマを描き出してある。

  • 元解剖医上野氏の2冊目
    普通は死ぬと穏やかな死に顔になるが、死ぬ瞬間に強い怒りやらがあるとそのままの形相で死ぬということくらいしか覚えていない。

  • 上野氏の著書はどれも読みやすくて良いです。

  • とても切ないエピソードですが、基本的にあっさりとまとめられています。わかりやすくいうと、ワイドショー的ではなくニュース報道ぐらいのあっさりさ。この本を読んでどう感じるかは読み手次第です。切ないエピソードに涙するも、検死についての知識を得るも、ふ~ん、と通り過ぎるも、どれも可能だと思います。普段のニュースでも同じような切ない事件は多く報道されていますけどね。

  • 上野さん本は勉強になりますね。
    話の裏側まで見える魅力があります。

  • 死体というのは、その人の人生を現しているようだ。
    たとえ、表面上鬼畜な殺人と思われていても、実際にはそこまでに至った経緯やなぜそのようなことになったかを紐解いていくことで、納得の得られる解がある。

    子への無償の愛、孤独に死を迎える老人など、その死体が語るものから上野さんの思いや、事件背景を説明しているので、興味深く、すらすら読めた。

  • 上野先生の作品は情景が浮かび上がるようで、下手な小説より読んでいて気持ち良い。

  • 「死体は語る」は推理モノのように興味深く読めたが、こちらは些か感傷的。

全20件中 1 - 10件を表示

死体は切なく語るのその他の作品

死体は切なく語る Kindle版 死体は切なく語る 上野正彦

上野正彦の作品

死体は切なく語るはこんな本です

ツイートする