日本人の愛したことば

著者 :
  • 東京書籍
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784487805655

作品紹介・あらすじ

日本人は何を愛し、どう伝えてきたか。現代を代表する国文学者が日本人の魂に迫る、日本語と日本人論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 実像にとらわれない。日本語は、あまりにも深い。著者が日本人の「愛する」ことばとはせず「愛した」と題しているところに、考えさせられるものがある。

  • 奥が深い。言葉のなぞなぞのような話から、神話や異界に繋がる日本独特の世界観念が言葉から読み解けるくだり、和歌や俳句の短い言葉から広がる日本人の暗黙の了解とでもいえる奥深い考え方など、解説が趣深い。どれも手ほどきという、さわりの段階のような印象を受けるので、もっと知りたい、続刊が読みたい、と思わされる。日本を地理的、歴史的、民族的など、あらゆる観点から言葉で解いていく静かな力強さに圧倒される。

  •  国文学者が、「ありがとう」「感じる」「かおる」などゆたかな言葉を手掛かりに、日本人が大切にしてきた感性と生き方を考える。

     たとえば「きく」の項。「person」という言葉の元の意味は「音を通して」で、人格とは、その人から響いてくるものが「あるかどうか。幸せは昔、「さきわい」と言ったが、それは体の中に花が咲くということ――。かつて日本人が持っていた「詩の言語」が広がる。

    (「週刊朝日」 2011/11/18)

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

中西進(なかにし すすむ)
1929年、東京生まれの日本文学者、比較文学者、万葉学者。奈良県立万葉文化館名誉館長、池坊短期大学学長など多くの経歴を持つ。1964年『万葉集の比較文学的研究』で第15回読売文学賞、1970年日本学士院賞で『万葉史の研究』、1990年『万葉と海彼』で第3回和辻哲郎文化賞、1997年『源氏物語と白楽天』で第24回大佛次郎賞をそれぞれ受賞。他にも、万葉集研究の大家として多くの業績があり、『万葉集 全訳注原文付』(講談社文庫)の作品がある。

中西進の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
ウォルター・アイ...
ジャレド・ダイア...
三浦 しをん
桜木 紫乃
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×