はじめてのジョリーフォニックス ―ステューデントブック―

制作 : 山下 桂世子 
  • 東京書籍
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (50ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784487810321

作品紹介・あらすじ

英語の基本となる全42音とつづりを、シンプルかつ効果的に習得するための、世界でいちばん使われている信頼度No.1のワークブック。本書を使用して指導するためには、専用マニュアル『はじめてのジョリーフォニックス ― ティーチャーズブック ―』が必要です。


【特長】
●英語の読み書きのつまずきをなくす
英語を学ぶ子供たちが最初につまずきやすいのが読み書きです。そしてここでつまずくと,その先の英語学習が苦痛になってしまいます。ジョリーフォニックスでは英語学習の基礎となる読み書きを丁寧に指導することで,英語が得意な子供を育てます。

●単語学習の負担を減らす
ジョリーフォニックスで学ぶことで英語のつづりの規則性がわかるようになり,単語のつづりを暗記に頼る必要がなくなります。子供は単語の音を聞いてつづりを推測したり,つづりを見てそれを正しい発音で読んだりすることができるようになります。

●お話や絵本,歌,アクション(動作)を使って,飽きずに楽しみながら学べる
英語の読み書きの学習と言うと機械的な反復練習がイメージされますが,ジョリーフォニックスではお話や絵本,歌,アクションなどを使って楽しく学習を行います。また,これらの活動を通じてイギリスの文化について学ぶこともできます。

●英語を母語としない子供にも学びやすい
ジョリーフォニックスは英単語をあまり知らない子供でも無理なく学ぶことができます。そのため英語を母語としない子供たちにも適しており,世界100か国を超える国で指導されています。

●特別支援が必要な子供にもやさしいプログラム
ジョリーフォニックスでは,視覚,聴覚,身体感覚などをフル活用する「多感覚法」を取り入れています。学んだことが子供たちの記憶に残りやすくなるだけではなく,LDや発達障害を持つ子供たちにも効果的な手法です。

●教え方,学び方が極めてシンプルで,短時間の積み重ねでマスターできる
カリキュラムは系統的に組み立てられており,子供にとって学習の負担が少なく,指導者にとってもシンプルでわかりやすい構成です。1日15分のレッスンを繰り返し行うことで,早い段階から英語の読み書きができるようになります。

著者プロフィール

イギリス・エセックス州に本社を置く教材出版社。1987年設立。英語の読み書き指導の教材を中心に、年間200万部を超える教材を発行。主要教材であるジョリーフォニックスは世界100か国以上で使用されており、インドやナイジェリア、パキスタンなど、一部の国では政府の教育政策にも取り入れられている。指導者の育成にも力を入れており、世界各国に公式トレーナーを配置。英語の読み書き指導を世界的に大きく変え、新たな主流となるメソッドを作り上げた功績が高く評価されている。

「2019年 『はじめてのジョリーフォニックス2:ステューデントブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョリーラーニング社の作品

はじめてのジョリーフォニックス ―ステューデントブック―を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする