宮中歌会始全歌集:歌がつむぐ平成の時代

制作 : 宮内庁 
  • 東京書籍
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784487812226

作品紹介・あらすじ

【本書の内容】
平成年間に披露された歌会始のすべての和歌を紹介。
両陛下がどのような思いを平成時代に託されてきたかをたどる。また、次の天皇・皇后となられる皇太子・皇太子妃の作品にも注目される。
本書では、歌会始のすべての和歌を掲載しながら、
「歌会始に見る平成の時代」「陛下の御製と皇后陛下の御歌」「預選歌にみる国民のこころ」なども解説していく。


【歌会始とは】
新年を祝う宮中の伝統行事。天皇陛下が年始に宮中で主催し、共通のお題で詠まれた和歌が天皇陛下の前で披露される。
「歌会」の原型は奈良時代から開かれていた。
初めは皇族や公家に限られていたが、明治7年(1874年)から国民が参加できるようになった。平成時代は海外からの応募も多く、毎年2万首近い応募が寄せられた。
平成時代の歌会始は平成3年(1891年)から開催され、平成31年(2019年)が平成最後の歌会始であり、両陛下にとっても最後の歌会始となる。
毎年お題が天皇陛下によって決められ、皇居・宮殿で最も格式の高い「松の間」で、以下の順番で和歌が披露される。
一般入選者10人、選者(歌人)、召人、皇族、皇太子妃、皇太子、皇后、天皇陛下。

全1件中 1 - 1件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×