人間における自由 (現代社会科学叢書)

制作 : 谷口 隆之助  早坂 泰次郎 
  • 東京創元社
3.69
  • (3)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488006563

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 部分的に気になったパートのみを拾い読み。

    手段と目的に関しての示唆を少し。

    目的は手段を聖化するというのは多くの宗教法人並びに企業において観察できるとことであり、

    また自分自身の中にも多い当たる節がちらほら。

    単純に目的の遂行のために、その過程の時間が疎外されてならぬは確かなことで。

    農耕における仕事の進め方のようなものを一度読まないと判然とせぬ論点だなとのもやもやが残る。

  • 2009/12/15大学図書館で借りる
    2009/

    本書では、倫理の問題、すなわち、人間に自己と自己の可能性とを実現させる、規範と価値との問題を論じている。

    目次
    第一章:問題
    第二章:人道主義的倫理、人生の術についての応用科学
    1.人道主義的倫理対権威主義的倫理
    2.主観主義的倫理対客観主義的倫理
    3.人間の科学
    4.人道主義的倫理学の伝統
    5.倫理学と精神分析学
    第三章:人間の本性と性格
    1.人間の実態
    2.パースナリティ
    第四章:人道主義的倫理の諸問題
    1.利己主義、自愛、自己関心
    2.良心、自己自身を呼びもどすもの
    3.快楽と幸福
    4.性格特性としての信仰
    5.人間における道徳的能力
    6.絶対主義的倫理対相対主義的倫理、普遍主義的倫理対社会内在的
    倫理
    第五章:今日の道徳問題

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

エーリッヒ・フロム (Erich From)
1900年ドイツ・フランクフルト生まれ。フロイト理論にマルクスやヴェーバーを接合して精神分析に社会的視点をもたらし、いわゆる「新フロイト派」の代表的存在とされた。また、真に人間的な生活を可能にする社会的条件を終生にわたって追求したヒューマニストとしても有名である。しだいに、禅や東洋思想へも関心を深めた。
著書に、『愛するということ』『悪について』『生きるということ』『フロイトを超えて』『希望の革命』『反抗と自由』『人生と愛』『破壊』(以上、紀伊國屋書店)ほか多数。1980年歿。

「2016年 『ワイマールからヒトラーへ〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エーリッヒ・フロムの作品

ツイートする