みんなバーに帰る

制作 : 茂木 健 
  • 東京創元社
3.29
  • (3)
  • (7)
  • (9)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 105
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488010416

作品紹介・あらすじ

夜ごとハリウッドの外れのバーに集結する、ありとあらゆる種類のダメなひとびと。『シスターズ・ブラザーズ』の鬼才デウィットの驚嘆のデビュー作にして、泥酔文学の金字塔!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 献本でいただいた1冊となります。
    いわゆる“泥酔文学”に分類されるとか。

    “泥酔”というフレーズが示すとおり、
    ひたすらに“ダメ人間”の集い、といった風です。

    といっても、教訓臭いわけでもなく、
    ある意味突き放した視点で描かれているのかな、と。

    主人公はとあるバーのバーテンダー。

    彼自身がイロイロとダメめ要素を持ってはいるのですが、
    物語の冒頭はあくまで“観察者”としての立ち位置です。

    彼の働くバーに来る客たちの“ダメ”ぷりといったら、、
    微笑ましくもあり、あきれ果てるのもあり、様々です。

    日々、困らせるようなことばかりですが、
    どこか憎めない客ばかり、だからこそ“帰る”のでしょうか。

    中盤以降、主人公のバーテンダーもまた、
    “呑みこまれて”いってしまうのですが、、うーん。

    端から見ると転落していくのでしょうが、
    本人にとってはどうなのでしょう、、これもまた一つの形、なのかも。

    なんて愚にもつかない事を考えながら、つらつらと。

    素面で読むよりは、バーボン片手に酩酊しながら、、
    アテの一つとして楽しむ、それもまた“アリ”かもしれません。

  • 思ったよりお下劣だったわ。読んでて意外に引いてる自分がいた。酩酊してドラッグやってたら、あんまり何とも感じないのかな。この感覚って、自分の赤子のうんこなどは臭いけど、別に汚いとか何とも思わないのはやっぱり愛があるからで。
    酩酊と愛情は似てる雰囲気を持っているが全く違う訳でして。


    バーテンダーはモテると言うより「入れ食い状態」らしい。酒によって緩んだ自制心と、永年培った信頼関係は違うのにねえ。
    やっぱその辺の線引きが日頃からしっかりしてないとな。
    ちょっと変わってるタイプの本だな。

  • 面白い!脳が麻痺するくらい深酒する常連。俺のことジャン!自分のことを常連と思えるなじみのバーがある方々にはオススメだな。ダメ人間な俺には、あとがきの名言が救いでした。

  • 舞台はLAの場末のバー。
    ぶっきらぼうな文体。
    主人公の“君”。
    ウイスキー。

    面白くて一気読みした。
    乾いたLAの場末が思い浮かぶし、登場する人たちもリアル。
    肯定も否定もしないところがいい。
    ラストもいい。

    原作はもとより、訳した方もうまいと感じる。

  • ジェムソンを買ってしまった。
    主人公が褒めるので近所のチェーン店の酒屋で探してみると、2000円もしなかった。グレードが他にあるのかはわからない。このくらいのウィスキーを激賞していたのか。そういう男だったのかと思った。ただ、ジェムソンは美味しかった。
    主人公を含めてろくな人間がでてこない。ハリウッドのバーの話と聞いてこんなストーリーは思い浮かばない。ハリウッドの影といえばカッコよくなってしまうので、ハリウッドの日陰と言った感じだろう。
    陽の当たらない人々の陽の当たらないままの姿が淡々と描かれていた。この本を読んでどうという思いはないが、秋の夜長には丁度良かったのかもしれない。

  • はじめくだらない、と思ったのに、なぜか最後まで読んでしまった。
    アルコールに漬かった人々の話。

  • 冷静に読めばクズ揃い。
    でも心当たりの一つくらいあってもいいんじゃね。

  • 訳文が現在形なのは、原作通りなのかな。自省を伴わない依存症者の物語は読んでいて辛い。観察者であった筈の主人公が酩酊者に堕ちて行く様は笑えない。禊ならば、聖的なものがある筈だが、この小説に出てくるお酒は聖水どころか、悪魔の水ですね。

  • 「泥酔文学の金字塔」という謳い文句に惹かれ読んでみた。語り手が主人公を「君」という二人称で呼び、現在形で実況する文体に最初違和感があったが、Ⅱに入る頃には慣れていた。
    常連達の生態が酷い。主人公はそこそこ大きなバーの補助スタッフだが、仕事中に酒も薬もやっているのにカー通勤だ。吐く、盗む、倉庫で淫行、もうどうしようもない。それでもなんとなく面白いのは、「石を入れたストッキングのように垂れ下がった胸」みたいな比喩が秀逸だったからかもしれない。

  • 酒を愛する人たち。

全16件中 1 - 10件を表示

みんなバーに帰るのその他の作品

みんなバーに帰る Kindle版 みんなバーに帰る パトリック・デウィット

パトリック・デウィットの作品

ツイートする