闇の底のシルキー

  • 東京創元社
3.62
  • (9)
  • (9)
  • (17)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 78
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488013165

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昔あった炭鉱事故で亡くなった子供達の姿が見える二人の子ども、キットとジョン。ぼけてゆくキットの祖父や「死のゲーム」を通して、過去が現在に蘇ってくる感じを読者に与えてくれる。ジョンの絵の才能、キットの作文の才能がすばらしい。

  • D.アーモンドの小説を読んでいると、いつもながら現実と非現実を隔てる境界線はとても細く曖昧だという落ち着かない気分にさせられる。死と再生。希い。救い。
    珍しく読了感が良い。

  • 楽しかった

  • 資料番号:010956217
    請求記号:933.7ア

  • 闇こそ必要なもの。廃坑の町で死という名のゲームを遊ぶ子供たち。キット、アスキュー、アリー。

    闇に魅入られる者がいる。夜をたのしむ者がいる。闇は孤独かもしれない。冷たいかもしれない。死のにおいがするかもしれない。しかし闇は豊饒でもある。

    「あたしは夜が好き。世界が眠ってしまった夜は、なんでもできそうに思える」(『肩胛骨は翼のなごり』110頁)

    アーモンドは一貫して夜の世界を描く。夜の言語は詩的だ。アーモンドは詩のように描く。夜の世界を。孤独な魂を。そして、孤独な魂が孤独でなくなる瞬間を描く。

    キットは野蛮な少年アスキューを中心にしておこなわれる死という名のゲームを遊ぶ。闇に魅入られる。登場人物たちの語る言葉は呪いではない、祝祭でもない、そう…たぶん、魅入られし者のつぶやきなのだ。
    しかし闇があるから光の歓びもあるのだ。闇を抱ける者だけが真に光を求めるのだ。闇を共有することができる者を見いだしたとき初めて魂の共感ができる。

    「これがおれたちの世界だ」おじいちゃんはいった。「そうともさ、暗闇もたっぷり抱え込んだ世界だ。だがな、それを超えたところに、この歓びがあるんだよ、キット。この美しい光が」(20頁)

    (2005年01月16日読了)

  • 小さなシルキー。
    かつての落盤事故で死んだ少年鉱夫の幽霊。暗闇の中、地中深くにいるもの。
    けれどそれは恐ろしい存在ではありません。
    光り輝くもの。きらきらしい存在。
    彼には手を触れて慰めてやり、光のもとへ連れ出してやりたくなるような愛らしさが――。

    おばあちゃんが亡くなって以来、ふさぎこんだおじいちゃんと一緒に暮らすために両親とともにかつては炭鉱のあった村、ストーニーゲイトに引っ越して来たクリストファー・ワトソンは、風変わりな雰囲気を持ったジョン・アスキューに誘われて、廃坑の中で先祖代々その村で暮らしてきた家庭の子供たちだけで行われる「死」という名のゲームに参加するようになる。
    クリストファーは最初、それはただのゲームに過ぎないと思っていた。
    しかし、村の墓地にある百年ほど前に炭鉱で起きた落盤事故の犠牲となった子供たちを悼む記念碑には、覚えのある数々の名前が刻まれていた。
    それは「死」のゲームに参加していた友人たちの名前。そしてジョン・アスキュー、享年13歳。クリストファー・ワトソン、享年13歳。
    同じ名前、同じ年齢の子供たち。彼らは曽祖父たちの兄弟だった子? それとも、自分自身?
    今生きてる僕たちは、本当は死んでいるの?
    夜、暗闇に目を凝らせば、周囲には沢山の死者たちが。彼らはクリストファーの心を闇の底へとひきずり込み、やがて冬がやってくる。

    急速に老い、病んでゆくおじいちゃん。すばらしい才能を持ちながらも、父親から虐待を受け、周囲から孤立し、やがて姿を消すアスキュー。そして、地中の暗闇の中で死んでいった沢山の子供たちの囁きが、厳しくなってゆく冬の寒さと共に「死」の気配を濃厚にしても、クリストファーは暗闇をたっぷりと抱えたこの世界を超えた先に、美しい光があることを信じて“物語”を紡ぐ。

    「肩胛骨は翼のなごり」のデイヴィッド・アーモンドが描く、陰鬱な冬の中での死と再生・心に響く春探しの物語。

  • 生と死と幻想が混ざり合う小説。
    寂れた炭鉱の故郷に越してきたキットと、そこで行われていた死のゲームに加わっていた少女アリーと、ゲームの中心にいたアスキュー。
    死のゲームに選ばれ、少年たちは死に無になる。あるものは嘘をつき、あるものは笑う。けれどキットは違い、アスキューもまた違った。

    稀有な才能をそれぞれ持っていて、優等生と見なされるキットは物語の才を、生き生きとした少女アリーは女優の才を、アスキューは絵の才を。

    父親からの暴力を受け、死にとらわれ恐れを隠すアスキューと、それを助けようとするキット。キットは彼を助けるために物語を書く。
    彼から呼ばれた洞穴の中で物語を進めていくたびに、幻と夢と現、そしてひとつの大陸が凍りつき割れる古代が混じりあってゆく。

  • 三番目に好きなアーモンド本。キットが…キットが可愛いんだ。指の血をなすりつけるところの科白で「お前の血が俺の体内に入る」とかそんな表現がありましたが、「血液型違ったら大惨事だねえ」と思った記憶が。そもそもそんくらいで血は入らないだろう。

  • 前作「肩胛骨は翼のなごり」ではふわーっと感じたものが、よりはっきりしたと思います。人間はいずれ死んでいくけれど、それは終わりではなくて命は引き継がれている。希望なんでしょうか。

  • 家族・友人への愛情
    豊かな想像力
    読み終わったときに残る心地良い余韻

    説明は要らないと思います。
    読んでください。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1951年生まれ。イギリスの作家。1988年『肩胛骨は翼のなごり』でデビューし、この作品でカーネギー賞受賞。ほかの作品に『星を数えて』『ミナの物語』『パパはバードマン』などの作品がある。国際アンデルセン賞受賞作家。

「2018年 『ダム―この美しいすべてのものたちへ―』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デイヴィッド・アーモンドの作品

ツイートする
×