彼はぼくの恋人だった

  • 東京創元社
3.29
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488013288

作品紹介・あらすじ

ぼくはからだの弱い、父に去られた、本ばかり読む少年だった。演劇に興味を引かれ、実らない恋もした高校時代を過ごし、ジョージア州アセンズ、彼の住む町のカレッジに入学する。恋人との出会いは、ぼくの内なる世界、未知なるセレブリティの世界との出合いでもあった-彼の音楽が響く。世界中いたるところで静かな熱狂をまきおこした純粋なる愛のかたち。作者の実体験をもとにした、世界的ロック・スターとの禁断の愛の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どうでもいいような・・・
    期待したんだけどね

  • 隠れた名作。泣いた。切ないのになんだか綺麗だ。日本語訳の言葉の選び方も作品の雰囲気を引き立てていてすごく良かった。

  • 2008 3/8

  • 父に去られ、死とも向き合う病弱な幼少期。母とその新しい夫(義父)に反発し、実りのない恋をした高校時代。それらを通り過ぎ、大学進学のためやってきた町。その町には、世界的ロックスターの彼がいた。やがて、ぼくは彼と恋に落ちるが・・・。著者は詩人・劇作家などとして活躍している方で、この作品が初の長編小説なのですが、これは私小説というか、ほぼノンフィクション、らしいです。でも全くゴシップ的な話ではないので、そういうのを期待して読むと肩すかしをくらうことになる、と思います。子どもの頃から他人と違うことに戸惑い、家庭や学校になじめず、自分の居場所を探していた青年が、ある時地位も名誉もある素晴らしい恋人を得て、しかしそれでも孤独感やコンプレックスから逃れられず、自分が生きる道を求めていく、真面目でひたむきな物語でした。詩的、散文的に綴られる言葉がさらりと流れていくようで、心に残る。

全4件中 1 - 4件を表示

中川五郎の作品

彼はぼくの恋人だったを本棚に登録しているひと

ツイートする
×