アンデルセンください―デンマークとオランダ・ベルギー (ヨーロッパ・イラスト紀行)

  • 東京創元社
3.68
  • (4)
  • (7)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488014070

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • グリムに続く第2段の紀行。久々の再読。やっぱりいい!

  • 絵描きさんコンビのデンマー・オランダ・ベルギー旅行記。ほとんどデンマークだけど。80年代の年季の入った本。今じゃ「スカナボー・ミュージック・フェスティバル」とかでもヒットしちゃうけど、ネットのなかった時代ならではの偶然な遭遇なんかが、むしろ羨ましい。特にリーベの街でのサンプソン氏とのそのご家族との交流なんて小説みたいだ。今じゃ、リーベでワーホリとかできるそうです。
    巻末に「だれにでも描ける旅のスケッチ入門」付き。

  • ヨーロッパ・イラスト紀行第2弾です。
    アンデルセン、あまり読んでいないのでちゃんと読みたいなあ。

  • 北欧のデンマークやオランダの町並みや、風景の細かいイラスト付きで、雰囲気が楽しめます。

  • 磯田和一さんとのこの旅行絵日記シリーズは、私の中では最高の旅行記です。建物や食べ物(これ重要!チープなほど美味しそうなのはなぜ?)のイラストがかわいくて味わいがあって好き好き!

  • 楽しいイラストのデンマーク旅行。絵と文章でこんな風に旅を綴れるってあこがれる。切符を書いたり、建物を、壁を....最後の方で「だれにでも描ける旅のスケッチ入門」てのがあるが、こんなのを参考にしたい。

  • お馴染みヒライくんとイソダさんのドタバタコンビの貧乏海外旅行記。挿絵がとてもよいのです。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1981年、絵本『ある朝ジジ・ジャン・ボウはおったまげた!?』(絵本館)でデビュー。書籍を中心にCMのイラストやグッズ、カレンダー、CDジャケットなど、多ジャンルにわたり活躍。児童書のさし絵に「おばけ美術館」シリーズ(ポプラ社)、『シェイクスピア物語集』(偕成社)など多数。

「2020年 『おっちょこ魔女先生 魔女修業は危険がいっぱい!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ひらいたかこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
梨木 香歩
三浦 しをん
アリソン アトリ...
平田 研也
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×