マザーグースころんだ―ロンドンとイギリスの田舎町 (ヨーロッパ・イラスト紀行 3)

  • 東京創元社
3.57
  • (4)
  • (9)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488014087

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • イラスト紀行の第3弾。グリム→アンデルセンから2年後にこの本が出た。嬉しかった。イギリスはEUに留まるのか離脱か、そんな事を思いながら再読。

  • あ~ゆっくりのんびり旅したい :)

  • イラストレーターの夫婦が、童話をテーマにヨーロッパを旅しながら描く旅の記録。

    画、プラスコメントの作りなので、漫画感覚で読めるし、それぞれの地域のエピソードや、文化、食事、宿泊事情などが豊富で楽しいです?
    ただし。(たぶん)20年くらい前の内容なので、今はだいぶ事情も変わっているとは思いますが…。

  • 第3弾です。
    マザーグースの旅!イギリスです。
    キャロルも出て来て嬉しかった。
    マザーグースを知るきっかけはアリスやったかしらね。

  • とりあえずかわいかったので買いました。
    イギリスにめちゃくちゃ行きたくなります。

  • ヨーロッパ・イラスト紀行シリーズ。マザーグース縁の地を、手書き文字とイラストで紹介。ちょっと昔の本ですが、一番大好きな紀行本。シリーズ新作出ないかしら?

  • 絵日記みたいな英国マザーグース紀行。ほのぼのとした気分になれます。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1981年、絵本『ある朝ジジ・ジャン・ボウはおったまげた!?』(絵本館)でデビュー。書籍を中心にCMのイラストやグッズ、カレンダー、CDジャケットなど、多ジャンルにわたり活躍。児童書のさし絵に「おばけ美術館」シリーズ(ポプラ社)、『シェイクスピア物語集』(偕成社)など多数。

「2020年 『おっちょこ魔女先生 魔女修業は危険がいっぱい!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ひらいたかこの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×