贖罪 (ミステリ・フロンティア) (ミステリ・フロンティア 55)

著者 :
  • 東京創元社
3.54
  • (344)
  • (992)
  • (1091)
  • (186)
  • (32)
本棚登録 : 6210
感想 : 985
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488017569

作品紹介・あらすじ

美少女殺害事件から3年後、投げつけられた激情の言葉が、彼女たちの運命を変えた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 湊かなえさんはやっぱり最高です。今回は田舎町で殺人事件が起きるという話でした。湊かなえさん特有の章によって人物の視点が変わるというところがいい。四人の少女と被害者の母親の視点で進みました。とても面白かったです。

  • 米ミステリー小説界で最高の栄誉『エドガー賞』にノミネートされた本です。

    「贖罪」では伏線やどんでん返しが少ないと言われていますが、そうゆう類の本ではないという事をご理解いただきたいと思います。
    罪に対する向き合い方、過去の罪は周り回って帰ってくるという世の恐ろしさ、そして理不尽なまでに罪悪感を抱き続けた少女たちの将来の姿など、見事に「ウラガワ」を本作では見せてくれたと思います。

  • 湊さんの作品が大好きで、全部は読みきれてないけど結構たくさん読んだと思う。
    一番の思い出は、やはり好きになる切っ掛けとなった告白だけれど、一番胸に残っているのはこの贖罪。最近久しぶりに再読したが、初めて読んだ時はなんとも表現できない衝撃を感じた。どんどん嫌な予感が明かされていく感覚とか。
    改めて、この本における償うということについて思いを馳せてしまう。人生ってなんだ。それぞれの登場人物の視点に立って読めるのがいいよね。

  • 取り柄と言えるのはきれいな空気、夕方六時には「グリーンスリーブス」のメロディ。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺害事件。犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない四人の少女たちに投げつけられた激情の言葉が、彼女たちの運命を大きく狂わせることになる―これで約束は、果たせたことになるのでしょうか?衝撃のベストセラー『告白』の著者が、悲劇の連鎖の中で「罪」と「贖罪」の意味を問う、迫真の連作ミステリ。本屋大賞受賞後第一作。

  • 面白かった。ちょっとダークな内容だけど、よかった。登場人物が多く、誰と誰がどういう繋がりなのか、紙に書き出しながら、読んでは戻りを繰り返して全てが一本の線で繋がった時はスッキリした。初めは短編かな?と初めの1話だけを薦められたので読んで終わるつもりだったけど、全て読んでよかった。1話だけ読んで満足している知り合いにも、全部読むようにすすめたい。読んで良かった。

  • 告白並の衝撃と絶望感(゚∀゚)
    くぅ〜救いようがねぇ(´ω`)

  • 「告白」に続き著者2作目。前回がイマイチだったから期待はしてなかったけど…やっぱりなぁ、というかんじ。面白くなくはないんだけどね。ここまで人気があるのは本当に疑問。
    内容に対して「贖罪」というタイトルが大仰。幼い頃、友人の母親に言われたことがトラウマになって…結果に対しての動機が希薄というか。もちろんトラウマになりえるだろうし、少なからず後の人生に影響を及ぼすでしょう。でも、みんながみんなこういった結末を迎えるほど強いものとは思えない。
    湊かなえってやっぱり小説家ではなく脚本家だな、という印象。もしかして第三者視点の情景描写が苦手?映像にしたらそれなりに面白そうだけど小説としては疑問符。

  • 強烈

  • 辛すぎる。
    本人に自覚があろうとなかろうと、言われた言葉や焼き付いた光景はその人の人生をまるごと変えてしまうよね...

  • なかなかイヤなかんじでおもしろかったー
    美少女殺人事件、その他の殺人事件
    これがあの人だったのか、あの人とこの人は繋がってたのか、この人はこんな思いでいたのか…
    読みやすかったし、読み応えがありました

全985件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1973年広島県生まれ。2007年『聖職者』で「小説推理新人賞」を受賞。翌年、同作を収録した『告白』でデビューする。2012年『望郷、海の星』(『望郷』に収録)で、「日本推理作家協会賞」短編部門を受賞する。主な著書は、『ユートピア』『贖罪』『Nのために』『母性』『落日』『カケラ』等。23年、デビュー15周年書き下ろし作『人間標本』を発表する。

湊かなえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×