贖罪 (ミステリ・フロンティア)

著者 :
  • 東京創元社
3.52
  • (307)
  • (915)
  • (1037)
  • (179)
  • (30)
本棚登録 : 5464
レビュー : 945
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488017569

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 女性の気持ち悪いとこ 書かせたらNo.1(笑)

  • 友達が変質者に殺されてしまう。他の4人がその過去を背負って生きていくのだが、なぜ4人が4人とも人を殺してしまうのか...展開としては、「告白」と同様である。しかし、ちょっとあり得ないと思ったのは自分だけでしょうか?

  • 長編ミステリー小説。著作「告白」にかなり似ています。

    空気がきれいな田舎町にやって来た転校生・エミリーがクラスメイトの4人の少女と遊んでいるときに「作業服を着た」男に強姦の上殺害される。
    おとなしくて小柄な紗英、長身でグループのリーダー的存在の真紀、自分はくまのようだと思っている晶子、目立たない存在だが感性が鋭く器用な由佳。
    4人の少女にエミリーの母親・麻子が投げつけた言葉が少女たちに深い影を落とすことになる。

    成長した4人が歩んだ道とは。4人と麻子のそれぞれの告白(報告)の形で、あの日4人がとった行動と事件の真相が明らかになる。
    そして彼女たちがたどり着いた「贖罪」とは何か・・。

    「告白」がとても斬新だったので、それに比べると読み慣れてしまった部分もあるけれど、読み進めずにはおられないストーリー展開に今回も釘付けになった。
    ミステリーの種明かしというより(展開は最初の方で大体よめる)、事件後の4人の少女たちの人生がメインストーリーに私には思えた。

  • 何度読んでもぞくぞくする。
    とある田舎町で起こった美少女殺人事件の関係者四人の少女のその後15年間を描いた作品。
    一番悪いのは殺人を犯した犯人だし、決して少女たちが悪いのではないのだけど、
    愛しの我が子を殺された母親には、当たり前の事実だけど うけいれられない 。
    時効までに犯人を見つけなさい。それができないのなら、あなたたちが償いなさい。
    その呪いの言葉は、じわりじわりと少女たちの人生を狂わせていく。
    結局過去の自分自身が引き起こした事件だと言うのに。
    それぞれのエミリちゃんへの償い、恐ろしいほど悲しい。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「何度読んでもぞくぞくする。」
      ちょっぴり厳しそうなので、敬遠していた湊かなえ。。。やっと先日、「告白」と「贖罪」の文庫を購入。先ず「告白」...
      「何度読んでもぞくぞくする。」
      ちょっぴり厳しそうなので、敬遠していた湊かなえ。。。やっと先日、「告白」と「贖罪」の文庫を購入。先ず「告白」の映画を観てから読もうと思っているのですが、funcaboさんは、どちらの方が面白かったでしょうか?
      2013/02/07
  • 長閑な田舎町で起こった凄惨なる美少女殺人事件。

    目撃者は小学4年になったばかりの少女が4人。
    犯人は堂々と彼女達に近づいて来た。

    「誰か、ひとり更衣室の修理を手伝ってくれない?」
    みんな
    「私が」
    「私が」
    と、積極的に手伝おうとするなかで
    ただひとり黙っていた美少女のエミリちゃんに白羽の矢は立った。

    「君が一番ちょうどいいな。」

    じゃあ、私達もついていくから、と言った4人に
    「たくさんいても邪魔になるだけだから。みんなは待ってて。」

    そしてエミリちゃんは無残にも殺されてしまった。

    5人もいて。
    5人もいたのに、何故エミリが?!

    泣き叫ぶ母親。

    更に。

    こんな状況下にあって信じられないことに

    彼女達の誰一人として犯人の顔を思い出せないとは。

    怒りに我を忘れてしまった母親は

    4人を呼び出し、恐ろしい呪詛のような言葉を吐きかける。

    「あなたたちを絶対に許さない!
    時効までに犯人をみつけなさい!
    でなけれな償いをしなさい!

    どちらも出来なければ、私があなたたちに復習をしてやる!」

    その後、この母は夫と共に村を出て行ってしまうが、
    残った少女達はそれからもこの忌まわしい土地で、
    罪の意識に苛まれながら、
    犯人の影に怯えながら、
    どんな風に成長していったのだろう…

    それぞれの心情とその後の人生をひとりひとりが語ると言う構成は
    以前読んだ『告白』にも似ている。

    彼女達の告白はやがて小さな点となり、
    その小さな点の散らばりがいつしか繋がり、犯人像に近づくという所はミステリー色が強い様にも思われた。

    ミステリー…と、言っても
    確かに犯人が誰かは気になるものの、
    著者が書く人物像の心情にはそれを遥かに越えて、
    考えさせられる深いものがある。

    それは、
    美しく光るベリーのCAKEを囲んで、
    にこにこと楽しそうに(しなければならない)痛い日常の裏側で
    笑いたくなんかない。食べたくなんかない。
    そんな、ひらひらとした薄っぺらい皮の様な仮面を著者は容赦なく剥がし、

    本当は

    笑いたかった、食べたかった、分かり合いたかったんでしょ?
    畏れたり、怒ったりするまえに、泣きたかった。
    謝りたかったんでしょう?

    読後、表紙とタイトルを眺めながら、そんな声をどこかで聞いた様な気がした。

  • 途中でやめようと思ったが
    一人が一人ずつ殺人を犯すことがわかってから
    なんだかんだで全部読んでしまった。

    バッドエンドかと思ったけど
    そうでもなくて読後感はそれほど悪くない。

  • 穏やかな田舎町で起きた少女殺人事件。犯人と接触があった
    4人の少女達は、その男の顔を思い出せなかった。
    そんな少女達に浴びせられた激情の言葉。それが少女達の
    人生を狂わせていった。15年後に明らかになる真実とは。

    一気に読みました。読みやすく引き付けられます。
    「うまいなー」と思わずつぶやいてしまった。
    一人づつの語り。という書き方も良かった。

    ただ根本的に「贖罪」は誰がするべきだったのか。
    少なくとも少女達じゃないやん!
    ってやっぱり思ってしまう。

    先日読んだ「境遇」がいまひとつだったけれど
    こちらはお勧め。
    (読後感は爽やかではありません・・)

  • 『告白』の後だっただけに、やや肩すかしをくらった印象。
    『告白』は「デビュー作でこれか」という衝撃を持って読めたけれど、こちらはやや期待値が高かったのかも。
    本作も『告白』と同じ、複数人の一人語りで、違う側面から光を当てつつ、互いに補足しあって結末へと導くタイプの物語。

    『告白』のレビューでも書いたけれど、登場人物の語り(直接または手紙という形での語りかけ)では、作者が嘘を混ぜやすい。事実の誤認や意図的な沈黙などがその中で語られる。それはもちろん、小説の書き方、テクニックの一つなんだけれど、そしてそれがミステリである以上、作者は読者を綺麗にだまさなくてはならないんだけど、それがやや中途半端な印象。
    登場人物の誰かに感情移入するにもちょっと物足りない。
    謎解きそのものを楽しめるかといえば、それにもちょっと足りない。
    ラストを読んで腑に落ちた感があるかといえば、それもちょっと。
    悲壮感、美しさ、登場人物の「追い詰められてる感」または「自分勝手さ」、どれも「いるよね、こういう人」で終わってるような気がする。

    ただし、どれもおそらく及第点を超えている。だからこそよけいに、それぞれに対する物足りなさが残念。
    デビュー作が良かっただけに、という思いかも。

  • 殺された女の子だけではなく目撃していた4人も被害者。
    幼児の性的虐待などもあり、かなり不快。
    犯人に関してはロリ的要素はない描写だったのに、なぜそこで性的暴行を加えたのかが不明。
    復讐心から小学生に性的暴行を加えるのか?
    それに犯人の復讐にしたって、オマエもやる事やってんじゃん。お互い様じゃんってカンジで同情も出来ないし。
    ショッキングな内容を散りばめただけで、何も残らない作品だった。

  • 一人芝居にしたらどんなに面白いだろう。
    個性的な5人の女性を一人で演じるのだ。
    きっと素晴らしいお芝居になるに違いない。


    『贖罪』罪を償うこと。
    私としては罪は償えないと思っている。
    しかし、正しいことを重ねることでいつかイーブンになるのではないかと考える。
    罪はなくならないが
    正しいこともなくならないのだ。

    僕は彼女たちが罪を償えたとは思えない。
    しかし、責めることもできない。
    苦しむことは罪を償うことではないが
    苦しみに耐える人生は辛い。
    彼女たちは痛みを背負うことで罪を償おうとしたが、それは痛々しい負のループだ。
    同情の余地はある。
    痛みから回復し、正しいことを重ねれば
    それは価値があるのではないだろうか?



    手をあわせること。
    ごめんなさいと素直に言うこと。
    相手を思いやること。
    これが少し欠けてしまった女性達の物語だ。

    悲しくも滑稽だ。

    フィクションの暗さに浸るには素晴らしい作品だと思う

全945件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

湊かなえ(みなと かなえ)
1973年、広島県生まれ。武庫川女子大学家政学部卒。
2005年に第2回BS-i新人脚本賞で佳作入選。2007年には第35回創作ラジオドラマ大賞受賞、「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞し小説家デビュー。読んだ後に嫌な気分になるミステリー「イヤミス」の優れた書き手として著名。
「聖職者」から続く連作集『告白』は、2008年、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」では第4位に選ばれ、2009年、第6回本屋大賞を受賞。デビュー作でのノミネート・受賞は、共に史上初。2012年「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞(短編部門)、2016年『ユートピア』で第29回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。ほか、直木賞で度々候補になっており、2018年『未来』で第159回直木賞に3度目のノミネート。同年『贖罪』でエドガー賞候補となった。
映画化・ドラマ化された作品多数。特に映画では、2010年『告白』、2014年『白ゆき姫殺人事件』、2016年『少女』、2017年『望郷』と話題作が多い。

贖罪 (ミステリ・フロンティア)のその他の作品

贖罪 (双葉文庫) 文庫 贖罪 (双葉文庫) 湊かなえ
贖罪(韓国本) 単行本(ソフトカバー) 贖罪(韓国本) 湊かなえ

湊かなえの作品

ツイートする