贖罪 (ミステリ・フロンティア)

著者 :
  • 東京創元社
3.52
  • (307)
  • (915)
  • (1037)
  • (179)
  • (30)
本棚登録 : 5464
レビュー : 945
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488017569

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 田舎のまちで、女の子が殺されてしまう。直前まで一緒に遊んでいた女の子4人と、殺されてしまった女の子の母親の話し。

  • 取り柄と言えるのはきれいな空気、夕方六時には「グリーンスリーブス」のメロディ。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺害事件。犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない四人の少女たちに投げつけられた激情の言葉が、彼女たちの運命を大きく狂わせることになるーこれで約束は、果たせたことになるのでしょうか?衝撃のベストセラー『告白』の著者が、悲劇の連鎖の中で「罪」と「贖罪」の意味を問う、迫真の連作ミステリ。本屋大賞受賞後第一作。,"フランス人形


    サエ



    PTA臨時総会



    マキ




    くまの兄弟



    アキコ



    とつきとおか


    ユカ






    そして、償いと終章。




    誰が被害者で誰が加害者で
    きっと、だれもが被害者なこの話。



    湊かなえおもしろちなー。
    告白も読みたいなぁー。


    表紙のベリーの中に指輪がはいってんだぜ!はぁはぁするWWW


    まさかの結末というかなんとゆうか自然な流れで犯人でてくるなんて素晴らしいと思うの!!
    麻子さん!!

  • おぞましくて吐き気がする…と言いつつ最後までノンストップ。どの人物の告白もすんなり心に染み入ってくるところが恐ろしい。

  • 一気読み。
    そんなに簡単に人は死なないよな、というツッコミもあるが、そこは小説。
    単純に面白かった。

  • (博士後期過程人文学専攻3年の西川さんより)

    【あらすじ】
    小学四年生のあの日、同級生の殺害現場に偶然居合わせた四人の少女達は、それぞれに決して打ち明けることの出来ない思いを抱えて生きてきた。大人になった嘗ての少女達に迫る〈贖罪〉の時、何がおこるのか・・・・・・。
    【推薦文】
    皆さんは胸のうちに誰にも打ち明けることの出来ない思いを抱えてはいませんか?人の心にはそうした、他者からは見えないように守られた〈死角〉があるものです。にも拘わらず、皆さんは他人の胸の内を探ろうとしたり、安易に胸の内を曝さない人を期待外れだと責めたりしてはいませんか?
    今回紹介する『贖罪』は、ある事件を中心に〈章ごとに視点人物がバトンタッチしていく〉という語りの技法を用いることで、その〈死角〉へ光を当てていった物語です。
    光が当てられた登場人物達の〈死角〉には、それぞれが抱える苦悩がありました。そして驚いたことに、その重い苦悩とは裏腹に、彼女達は表面上非常に単純な人間として他者から理解され、自分もまた理解しているのです。これこそ『贖罪』の魅力であろうと私は考えています。なぜならそれは、誰しもが他者の思いもよらない〈死角〉を持っていることを読者に気付かせてくれるからです。
    これは『贖罪』を読んだ当時の私にとって大きな気付きでした。私はこの物語を読むことで、自らの〈死角〉を他人へ詳らかにする事の出来ない罪悪感に対する赦しと、他人の〈死角〉を見ることのできないもどかしさに対する慰めを得たように思います。
    皆様にもぜひ『贖罪』を手に取り、登場人物それぞれの結末を見守っていただきたいです。

  • 作者得意の構成であるが、内容は変わらず面白い。エピソードの長さも程よいし、関連付けから次編をすぐ読みたくなる。根底の田舎と都会のギャップは瀬戸内海の島育ちらしい作者のこだわりかもしれない。そこに同調してしまう自分は、作者と同じ育ちなんだろう。

  • 重い。。子供の寂しさ孤独に気づかない親が多いですね。。それはリアルに現実にあふれてるんだろうなぁって思った。この本は湊かなえさんらしく一気に読めてしまいましたが、怖いし、気持ち悪くなった。

  • テンポがよく、グイグイ読めた。少しずつ事実が明らかになっていくのもよかった。ただ、後味がいいとはいえない。独特のいやーな感じ。
    それが狙いだとは思うけど。

  • 四人の少女と麻子

  • 2012/2

全945件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

湊かなえ(みなと かなえ)
1973年、広島県生まれ。武庫川女子大学家政学部卒。
2005年に第2回BS-i新人脚本賞で佳作入選。2007年には第35回創作ラジオドラマ大賞受賞、「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞し小説家デビュー。読んだ後に嫌な気分になるミステリー「イヤミス」の優れた書き手として著名。
「聖職者」から続く連作集『告白』は、2008年、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」では第4位に選ばれ、2009年、第6回本屋大賞を受賞。デビュー作でのノミネート・受賞は、共に史上初。2012年「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞(短編部門)、2016年『ユートピア』で第29回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。ほか、直木賞で度々候補になっており、2018年『未来』で第159回直木賞に3度目のノミネート。同年『贖罪』でエドガー賞候補となった。
映画化・ドラマ化された作品多数。特に映画では、2010年『告白』、2014年『白ゆき姫殺人事件』、2016年『少女』、2017年『望郷』と話題作が多い。

贖罪 (ミステリ・フロンティア)のその他の作品

贖罪 (双葉文庫) 文庫 贖罪 (双葉文庫) 湊かなえ
贖罪(韓国本) 単行本(ソフトカバー) 贖罪(韓国本) 湊かなえ

湊かなえの作品

ツイートする