現代詩人探偵 (ミステリ・フロンティア)

著者 :
  • 東京創元社
3.24
  • (5)
  • (20)
  • (32)
  • (6)
  • (4)
本棚登録 : 232
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488017903

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現代詩人卵の会、で出会ったアマチュア詩人たちが約束の10年後に再び集ったとき、その数は9人から4人に減っていた。5人はすでに命を絶っていた。…なぜ彼らは死んでしまったのか?詩作に悩む青年はその理由を知るために、「探偵」として動き出す…
    繊細な文章と内省的な描写が多めなので、とっつきにくくは思いますが、話それぞれは観念的なものではなくむしろプロトタイプなミステリのように感じられたので、そこまで読みにくさは感じませんでした。ただ僕は僕はの独白が多いので、人は選ぶでしょうか。
    そんな僕は僕はと悩むとてもナイーブな主人公の青年にはもっとシャッキリしようと思わなくもありませんでしたが、苦しみ悩みながら、そろそろとでも前に進もうとする彼には頑張ってほしいなとも思ったのでした。

  • 「僕」は詩を書かずにはいられない。が、詩人、ではない。

    ミステリって珍しいな!って思ったら初だった。なるほど。
    しかしどうにもミステリっぽくないなーと思って読んでいったら最後にやられた。
    そうきたか・・・。

    「生きて書け。それだけでお前の勝ちだ」

  • 詩とはどこから生まれてくるのだろうと思うのです。
    どこから。

    「詩とファンタジー」という雑誌があります。
    故やなせたかし氏主催…主催?の詩の本です。
    かの方がなくなる前後くらいから買い始めました。
    そして、そこに載る詩を見て、彼らはどこからこれを生み出したのだろうと思うのです。
    同じものを見ているはずなのに、とても、遠い、というと何かなにか違いますが。
    なんだろう。
    まあ、そんな感じです。

  • ほんとうに「現代詩人探偵」だった。
    詩を書く人って意外といるんだなあ。そして詩人ってそんなに死と近しいもの(少なくともそういうイメージ)があるんだなあ…。
    小木屋の死の痛烈さ。遠野昼夜の死の理由。夏炭の死への意思。明日田の死の真相。そして…。
    棗とのエピソードがもっと描かれていると良かったなあと思う。

  • 詩と、死。終始曇天模様。パラレル西遊記?

  • ポップな感じと思い込んでいたら静かで重めの話だったのであまり入り込めず。詩人と作家ではイメージが違ってくるのはなぜだろう。

  • あとがきを読んで、これはミステリだったのか!と驚愕した。書いていて、シンドい物語だったろうと思った。生き続けていくことも、死を選ぶことも、どちらも、もっと苦しい、とは思ったものの、細かく繊細に織り上げられていく情緒が音叉みたいに響く。

  • すごく手こずってる感。読むのも大変だった。

  • 文節が慣れないところで切れるので、読みにくさは否めない。でもそれは迷い惑いながら書かれたことの証左のようで。著者がこの物語を書ききることへの躊躇を、その変に区切られた文節に乗せたようで。
    本作では詩人に限定されているけれど、作家と呼ばれる全ての人たちへ思いを馳せずにはいられなかった。書くことは、書いて生きるということは、こんなにも過酷なことなのですか、と。
    そして読む側である私は、書いて生きるということがつらく苦しいばかりでなく、書く側にとっての救いであるようにと願ってしまう。読むことを楽しむ側にしかなれなかった身勝手さで。

  • ・『現代詩人探偵』読んだ。「どうしてとかなんのためとか、そんなの本当はどうでもいいらしいよ。/でも、考えてしまうね」と綴ったあとがきは感傷的で狡い。作家が「創作」を描くとき、そこにはどうしようもなくメタ的なものが伴ってしまうのだと思った。伴わなくても、そう読まれてしまうのだと思った。
    ・死を描き続けた人間は、その死に意味を探される。まるで自らの作品に語られるみたいに。あんまりだと思う。
    (…読了直後のツイートより)

    これは作者のことばだろうか、それとも作中人物である「僕」のことばに過ぎないのだろうか、と悶々と考えさせられる。作家、あるいは創作を行う人間が「創作」を描くというのは、そういうことなのだろうと思う。ならば曲がりなりにも創作を行う側の人間である自分がこれを読むときに、「そういう」読み方をして感傷に浸らされることもまた否応のないことなのかもしれない。
    作者が作品を作ると同時、作品は作者を語るし、縛りつける。フィードバックするのだと思った。作品の中に死を探り続けた作者が、自身の死に意味を探られてしまうように。

全32件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

1984年、石川県金沢市出身。金沢大学文学部卒業。『ミミズクと夜の王』で第13回電撃小説大賞・大賞を受賞し、デビュー。その後も、逆境を跳ね返し、我がものとしていく少女たちを描き、強固な支持を得ている。

「2019年 『悪魔の孤独と水銀糖の少女II』 で使われていた紹介文から引用しています。」

紅玉いづきの作品

ツイートする