現代詩人探偵 (ミステリ・フロンティア)

著者 :
  • 東京創元社
3.24
  • (5)
  • (20)
  • (32)
  • (6)
  • (4)
本棚登録 : 232
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488017903

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現代詩人卵のオフ会から十年、再び集まったものの半数が自殺をしていた事を受けその理由を僕が探る。遺された妻子や性同一性障害。盗作の境の薄さ。死ぬから詩人なのか。そこはかとない違和感からトリックには来たー!と思ったけれど真相はそこまでではなかった。孤独な雨の夜中みたいな鬱々とした静謐さと湿度に没入した。

  • 紅玉いづきさんらしい作品かと言うと、そうではない。新たな境地が見れる。
    詩と死を扱う以上どうしても仕方ないのかもしれないが、主人公に好感が持てなかった。
    ミステリーの中でも、犯行に及んだ動機に心が惹かれる人にはオススメしたい作品。「なぜ」の理由を深く語る。逆に、トリックとかが好きな人には絶対にオススメしない。

  • 詩人とは死ぬものなのか,詩人になるオフ会に集まった9人のうち,10年後には4人が死んでいた.探偵と呼ばれた僕は自身の存在意義をかけて4人の死について調べていく.盗作がキーワード,全体に詩が死に侵食されていくようだ.

  • 薄氷のような、生きている人間の物語だった。

  • 死と詩がテーマのミステリ。
    淡々とした語り口調ながら詩人たちの死を調べる。
    痛み、性倒錯、そして盗作。ミステリ部分はすくない。それなりのオチは準備されてるものの物足りない感じ。

  • 詩を書いて生きること、そして10年後の再会を誓い合った9人の“詩人”たち。10年後集まったのは5人。あとの4人はなぜ死んでしまったのか。「僕」はその理由を探り始める。自分がどうしても知りたいある疑問を解消するために。

    こんなに静かなミステリは初めて読んだかも知れない。とにかく最初から最後まで静か、というか重い。なぜ詩を書くのか、詩を書いて生きることは出来ないのか、悩みながらも過去を追い続ける。主人公「僕」の内省的すぎる性格のせいなのか、入り込みにくかった。
    それでも終盤、ようやくミステリらしくなってきて、少しだけ前向きなラストに、希望が持てる。

  • 現代詩人卵の会、で出会ったアマチュア詩人たちが約束の10年後に再び集ったとき、その数は9人から4人に減っていた。5人はすでに命を絶っていた。…なぜ彼らは死んでしまったのか?詩作に悩む青年はその理由を知るために、「探偵」として動き出す…
    繊細な文章と内省的な描写が多めなので、とっつきにくくは思いますが、話それぞれは観念的なものではなくむしろプロトタイプなミステリのように感じられたので、そこまで読みにくさは感じませんでした。ただ僕は僕はの独白が多いので、人は選ぶでしょうか。
    そんな僕は僕はと悩むとてもナイーブな主人公の青年にはもっとシャッキリしようと思わなくもありませんでしたが、苦しみ悩みながら、そろそろとでも前に進もうとする彼には頑張ってほしいなとも思ったのでした。

  • ほんとうに「現代詩人探偵」だった。
    詩を書く人って意外といるんだなあ。そして詩人ってそんなに死と近しいもの(少なくともそういうイメージ)があるんだなあ…。
    小木屋の死の痛烈さ。遠野昼夜の死の理由。夏炭の死への意思。明日田の死の真相。そして…。
    棗とのエピソードがもっと描かれていると良かったなあと思う。

  • ポップな感じと思い込んでいたら静かで重めの話だったのであまり入り込めず。詩人と作家ではイメージが違ってくるのはなぜだろう。

  • すごく手こずってる感。読むのも大変だった。

著者プロフィール

1984年、石川県金沢市出身。金沢大学文学部卒業。『ミミズクと夜の王』で第13回電撃小説大賞・大賞を受賞し、デビュー。その後も、逆境を跳ね返し、我がものとしていく少女たちを描き、強固な支持を得ている。

「2019年 『悪魔の孤独と水銀糖の少女II』 で使われていた紹介文から引用しています。」

紅玉いづきの作品

ツイートする