女(わたし)には向かない職業 (2)

  • 東京創元社
3.73
  • (7)
  • (10)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 88
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488023652

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 教師から作家へ転身する藤原先生の四コマの続編。
    今回は高校生時代の藤原先生も描かれる。独特な人間形成だと思う。「わからない問題は、問題を書き換える」というのは現実にやった後輩がいるけど、なかなか思いつかない手段だ。
    小学校では相変わらずのマイペース。
    こういう先生がいても面白いけど、周りの先生が困るだろうな。
    いしいひさいちの四コマは独特で面白い。
    できれば、藤原先生メインでさらなる続編を期待したいけど、難しいかな。

  • 『ののちゃん』にも出てくる藤原先生がメインの一冊(の、二巻目)。

    高校時代の「17の瞳」
    おそらく最初の赴任校時代の「でもしかの瞳」
    ののちゃんも通う第三小学校時代の「27の瞳」
    作家として独立してからの「34の瞳」

    「ホーホケキョとなりの山田くん」にも出てたし、ジブリ史上最高にかわいいヒロインに挙げられなかったのが不思議。とくに17の瞳。

    中学生の時分からなぜか本棚にずっとある。
    まさに、「適当」。
    ゆる~い感じ。

  • こんな先生が学校にいれば、もっと楽しい学校生活が送れただろうと本気で思う。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1951年、岡山県玉野市生まれ。関西大学に入学し漫画同好会に入会。在学中より求人誌『日刊アルバイト情報』で「Oh!バイトくん」を連載し、大学卒業後、四コマまんが集『バイトくん』(プレイガイドジャーナル社)を出版。1985年に文藝春秋漫画賞、2003年に手塚治虫文化賞、2006年に菊池寛賞を受賞。現在、朝日新聞朝刊の「ののちゃん」を連載中。著作に「がんばれ!!タブチくん!!」「おじゃまんが山田くん」「地底人」「コミカル・ミステリー・ツアー」「現代思想の遭難者たち」「女には向かない職業」「となりの山田くん」「ホン!」「フン!」「ヘン!」「まぁ映画な、岡山じゃ県!2―シネママル珍風土記」「現代思想の遭難者たち」「ののちゃん①~⑪」など多数。

「2018年 『ののちゃん ⑪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いしいひさいちの作品

ツイートする