• Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488023768

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これは予言の書である   2003年ペナント開幕日に発行→18年ぶり優勝
    いしいひさいちの作品の中で巨人に33点取られる→2005年日本シリーズでロッテに総得点33点献上 おお、もう…

    しゃべくり探偵がすきやねん

  • どんだけ阪神か。それぞれの作家による短編ミステリーのなかに、それぞれ阪神ネタが散りばめられていて、「オレがいちばんトラキチや」と行間で主張。面白すぎ、本全体から元気があふれている。

    編集者の企画勝ち、そのへんのアンソロジーよりずっといい。阪神ファンの文学好きには記念すべき一冊では。続編を待望しています。

  • 阪神タイガースを主題とした、いろんな作家さんのアンソロ。
    一応推理小説。
    基本おふざけな感じ。
    タイガースが好きな人はいいかもしれない。

  • 阪神ファンのミステリファンなら必見。北村薫さんの作品が特に面白かったです。

  • 蔵書整理シリーズ
    阪神タイガースにちなんだ話を集めた短編集
    タイトルに新本格と銘打ってありますが,トリックがあるという意味では新本格なのですが・・・
    新本格って,こんなんでいいんでしたっけ?
    ちなみに,私は,元阪神フアンでした(最近も応援してはいますが,ほとんど野球中継を見なくなったので、もはやファンとは名乗れません)。

  • 阪神タイガース熱烈応援ミステリ・アンソロジー。 (「BOOK」データベースより)

    阪神タイガースは、絶対優勝するのである!(逢坂剛)
    五人の王と昇天する男達の謎(北村薫)
    一九八五年の言霊(小森健太朗)
    黄昏の阪神タイガース(エドワード・D.ホック)
    虎に捧げる密室(白峰良介)
    犯人・タイガース共犯事件(いしいひさいち)
    甲子園騒動(黒崎緑)
    猛虎館の惨劇(有栖川有栖)

    熱烈な阪神タイガース・ファンの推理作家たちの阪神タイガースへの愛情たっぷりの書き下ろしミステリー。
    阪神タイガースファン=アンチジャイアンツという公式がほぼ成り立つようですが、私は父の影響で小さな頃からジャイアンツファンとして育ちました。
    今はもうほとんど野球を見ることもないですが、高校ではソフトボール部でした。

    まあ野球そのものがテーマとなっている作品というわけではないのですが、懐かしい選手の名前がいくつも出てきたりして、ああいたいた、そんな人、とか思いながら読みました。

    タイガースファンって、熱いなあ。
    感想はこの一言に尽きます(笑)。

  • 優勝したら文庫化するのかな(笑
    北村薫と黒崎緑で買いましたが、トラキチ作家諸氏の健気なかわいらしさに、タイガースファンでなくともなにやらニヤニヤしてしまう。
    ミステリアンソロとしてもハズレはない一冊。

  • (収録作品)猛虎館の惨劇(有栖川有栖)/五人の王と昇天する男達の謎(北村薫)/甲子園騒動(黒崎緑)/一九八五の言霊(小森健太朗)/虎に捧げる密室(白峰良介)

  • トラキチに国境なし。
    トラキチに職業の別なし。
    トラ愛あふれすぎてる1冊。
    よくもまあ出す気になったね出版社。
    大好きだよ。

  • トラキチなのでこの評価。そうじゃなかったら星2つかな。
    タイガースファンだという作家の面子はそうそうたるものだけど、ネタ的にはどうだろう?
    途中でネタバレしちゃうのもあったし、どう見ても本格とは言えないようなものも…。
    トラキチには懐かしく盛り上がる選手名も、そうじゃない人が読んだら何のことやらだろうし。
    タイトルが示す通り、タイガースファンのための1冊。数年前のブームを当て込んだ出版だったんだろうなぁ。
    収録作の中では黒崎緑氏の「甲子園騒動」が面白かった。どこに出張しようと保住君と和戸君は変わらずだし、オチもも悪くなかった。
    この2人の新作を、そろそろたっぷり読みたいなぁ。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

有栖川 有栖(ありすがわ ありす)
1959年、大阪市東住吉区生まれの小説家・推理作家。有栖川有栖・創作塾の塾長。
同志社大学法学部法律学科卒業後に書店へ就職。それまでも学生時代から新人賞や雑誌への投稿を繰り返していたが、1989年江戸川乱歩賞に投稿した『月光ゲーム Yの悲劇 '88』が東京創元社編集長の目に止まり、大幅に改稿した上で刊行し、単行本デビューとなった。1994年、書店を退職して作家専業となる。1996年、咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。1999年から綾辻行人と共作でテレビ番組『安楽椅子探偵』シリーズ原作を担当する。
2003年、第56回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した『マレー鉄道の謎』、2007年発表作で「本格ミステリ・ベスト10」で第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」で第3位、「黄金の本格ミステリー」に選出と高く評価された『女王国の城』など、多くの作品がミステリ賞で高く評価されている。
2000年11月より2005年6月まで、本格ミステリ作家クラブ初代会長を務める。

有栖川有栖の作品

ツイートする