スノウホワイト グリムのような物語

著者 :
  • 東京創元社 (2006年11月30日発売)
3.63
  • (28)
  • (51)
  • (82)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 361
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・マンガ (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488023911

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんてことなんてことなんてこと!!!
    手塚治虫に「この線は描けない」と言わしめた諸星大二郎が、まさかの「とりかえっ子の話」で火の鳥の完全オマージュをするなんて!! 2006年に!!

    表紙も素晴らしいし「子ねずみと小鳥と焼きソーセージ」「めんどりはなぜ死んだか」なんてデビューしたての諸星先生を彷彿とさせて怖気が立ったし(変わらぬものが描けるというのはそれを原点とできるということ)、「ラプンツェル」はもう本当に真骨頂でしかないと思ったし

    だけど「とりかえっ子の話」ですよ
    手塚があれだけの長い前置きを描きに描いて伝えたかった火の鳥の世界を、このページ数でまったく同じラストで描く!?

    人類の居なくなった世界、そこでただ死ねない、頭をぶった切っても死ねない
    滅びた世界を眼前に笑う、これがオマージュと言わずしてどうしますか ロックととりかえっ子は完全に同じなんだよ
    恐るべし諸星先生 同じ時代に生きることができて本当に良かった

  • 「猟師とおかみさんの話」★★★★「ラプンツェル」SF仕立て。長い髪が介護ロボットのコードで。患者は自分でコードを介してロボットを操作し自分の介護をする。★★★★★「とりかえっこの話」★★★

  • 時事ネタがー ううっ
     『コルベス様』の家を襲撃するぬこさんと牝鶏さんはかっこいいです。時事ネタ―
     ソーセージ関係が何となく何回も読ませる。
     他、いいんだけど。うーん。

  • 獣人も鳥人も出てきて楽しいよ!!
    奇妙なおよばれと長靴をはいた猫がよかった。
    知らん話が多かったので、巻末のあらすじと解説があったのがよかった。グリム童話意外と知らん話多いんやなー

  • 巻末に原作の解説文があるのが有り難かった。
    『7匹の子やぎ』と『長靴を履いた猫』が好き

  • 再読。

    グリム童話(とペロー童話)を元に翻案された短編漫画集。巻末に元となった作品のあらすじが書いてあるのが有り難い。
    短編集の中には、『漁師とおかみさんの話』のように象徴的な話もあれば、『奇妙なおよばれ』のように、ただただ理不尽で奇妙、という話もある。けれど、そういう不条理な話でも不思議な余韻や説得力があって消化不良感を感じさせないのは凄い。

  • 奇才の解釈によるグリム童話。
    発想が自由だよな。


  • 諸星大二郎が描く世界観のすごさは、あたしが今ことさらに取り上げるべきことでもない。とほうもなくすごいのは誰もが認めるところ。

    そうしてグリム童話のダークさ、不条理さの平坦なリズムがそこにオーケストレーションして、ものすごく重厚に、腹の奥にずんずん響く。


    スゴ本、それ以外になんと言える?


    でも、この人のことあたし、何も知らないんだよなって気づく。デビューの経緯とか作風とか、wikiでようやっと調べてもあんまりでてこない。せいぜいわかるのはその作品から、だけ。



    最初に読んだとき、その絵柄から、結構昔の物語なのかな?なんて思っていて、の割りに時々新しいテーマも混じってきておやおやって思った。出てくる人物の描き方も独特。日本人だろうけどでも年齢層が狭くて、スタイルもごろんとした画一的な感じ。画力がないのでは決してないけれど、デッサンがそのまま作品になったような、線としてはこなれていない(すみません)感じ。むしろ昔のカムイ伝とか石ノ森章太郎とかの人物の描き方に近いものを感じる。

    ただ非凡なのはその世界観だと思う。不条理な中にもくっきりとしたこの人のにおいがしていて、そこにひとはけ、クトゥルーのエッセンスを感じるのは気のせいではなかったようだ。

    うーん、この作品、マンガとしての絵を楽しみ、グリムの世界を楽しみ、作者の解釈を楽しみ、また目をつぶって世界観の広がりを響きで感じられるのが、一粒で数回楽しめる贅沢作品だなぁ。


    娯楽とゲイジュツの境をあたしはいつだってぴしりとは探せないでいるんだけれど、でも、五感を開放して押し寄せる感覚を楽しむときその2つの触覚は、とってもとっても、似ていると思う。

  • 2012/5/31購入
    2012/6/29購入

全35件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。『西遊妖猿伝』『妖怪ハンター』『栞と紙魚子』『マッドメン』『諸怪志異』『暗黒神話』『孔子暗黒伝』など、数多の作品で唯一無二の世界観を確立。2014年、第64回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

「2019年 『漫画家と猫 Vol.1』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スノウホワイト グリムのような物語のその他の作品

諸星大二郎の作品

スノウホワイト グリムのような物語を本棚に登録しているひと

ツイートする