屍人荘の殺人

著者 :
  • 東京創元社
3.69
  • (152)
  • (307)
  • (242)
  • (56)
  • (11)
本棚登録 : 2248
レビュー : 348
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488025557

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱり館ものはわくわくするなあ!
    山荘といえば孤立+殺人事件…だけれども少々趣向が変わっているし、とっても面白かったです。
    探偵がふたりいて、あれってなったんだけどその後の展開にも驚愕。
    一気に読んでしまった。

  • 設定がどうも私には合わない。

    アメリカでは、ゾンビになるような麻薬があるようだから、ないこともないだろうが、、、

    ゾンビにペンションが囲まれて、ゾンビに噛まれたらゾンビになるって、なんかコメディみたいに思えてしまって、、、

    好みの問題でしょうが、あまりに現実離れしすぎているのは好きではない。

    そして。どうやって鎮静化されたんだ、、、?
    そこが一番謎だし、そのままやん。

    なんでこの本図書館で予約したんだっけな?

  • 第27回鮎川哲也賞受賞作。

    「今年の生贄は誰だ。」という脅迫状が届いた映画研究部。ミステリ愛好会の明智と葉村の二人は探偵少女の剣崎と共に大学生とOBが集まり、映画撮影が行われる紫じん荘の合宿に参加した。
    そこで、前代未聞の出来事発生する。外と中の殺人事件の二重の密室に閉じ込められ、生き残りをかけて名探偵が謎を解く。
    まさかの展開とタイトルに秘められた言葉が分かるとき、今まで読んだことのない本格ミステリが体験できます。
    「なぜ名探偵になるのか。」を本人から聞いたときのワトソン役の衝撃といったら。自分が楽しい、羨ましいと思っている事が、相手にしたら生死に関わる事だった。自分の価値観で相手を見てはいけない。一面だけをみて決めつけてはいけない。この作品を読み改ためておもい知らされました。

  • またしてもゾンビもんだ。昨年読んだ『コンテクスト・オブ・ ザ・デッド』で満腹なのに。得体の知れないバイオテロと撹拌したら、現実味がまったくなくて、とても本格ミステリとは思えないんだけど、巻末の審査員諸氏の評価はすこぶる高い。俺の頭がコンサバなんだろね。あんなにも凄惨な殺人現場を幾度も検証したり、迫り来る死霊に怯えながらも冷静を保つ彼ら、とりわけ美少女の面々にあっぱれ。ところで、管野は足わ噛まれたんだけどなぁ???

  • 題名もカバーのイラストも怖いので、内容も怖そうだと思っていたら、本当に怖かった。

    内容は怖いが、面白く、スラスラ読み進められた。トリックに関しては、丁寧に説明があるし、難しいトリックを使うのではなく、「ああ、その手があったか」というトリックを使うので、読んでいて分かりやすいし、鮮やか。

    登場人物を覚えられるように書き方も工夫されてるし、見取り図も載っていて、読みやすい。

    私個人としては、もっと斑目機関に関する内容もあったら良かったなぁというのと、トリックだけでなくそこに至るまでの動機や経緯などの人間的な側面も詳しく知りたかったなぁという感想を持ってます。

    設定は怖いですが、内容はとても面白かったです。

  • 今、書かれるべきタイミングのクローズド・サークル。
    意外な展開の連続ながら、最後はちゃんと気になっていた伏線も回収していてお見事。
    文章はリーダビリティが高いととるか、描写が浅いととるかは人によりわかれそうだけど、個人的にはこのくらいさくさく読めるほうが、時代にあってると思う。
    いやー、面白かった。

  • 屍人荘の殺人

    色々思う所がありすぎて、感想がまとまらず気が付けば1か月経ってしまっていたのです
    とても長くなる上に、結局ネタバレ感想になりましたora


    デビュー作で3冠は史上初!と言う事で読みたいのですよね読みたいのですよね!

    最初に屍人荘を本屋さんに探しに行ったときは
    まだこのミスでしか話題ではなかったので、置いてなかったのですよザンネン

    駅ビルの本屋さんだったのに
    「あーすみません。創元社自体もう置いてないんですー」ってなんですとー!!1ってなったのです

    なので地元の本屋さん巡りする事になったのでした
    結局本を買えたのはそれから数日後だったのですが
    ここまで話題になってしまったので、今では最寄りのTSUTAYAでも並んでいるのですヨカッタヨカッタ


    前評判はとにかく良い。
    しーなの周囲でもかなりの高評価でとても期待大


    勿論あっという間に読んだのです
    夢中になってしまったのですよ


    まず登場するのが探偵とワトソン。
    しかもミス研……ならぬミステリ愛好会とか同好会とか。
    しーなの大好物要素がもう2つも

    そして映画研究会の合宿に参加してクローズドサークル。


    これ絶対好きな人多いのですよね?
    これぞ!!って感じの王道で、しーなも勿論大好きなのです


    合宿に同行して、ホラー映画の撮影とか廃墟とか
    ワクワクしかしないのですよ

    どんな感じで最初の事件が起こるんだろうと、屋敷地図と登場人物リストを何度も見て確認しながら待機。

    だがそこで突然のz……



    と、これ、どこからネタバレになるのでしょうか
    凄く迷ってしまうのですよ

    基本ネタバレしないで感想を書きたいと思っているので感想を読んだだけで分かってしまうようにはしたくないのです


    と、ちょっと考えて他の人たちはどんな風に書いてるんだろうと思って
    見に行ってみたのですよ

    そしたらもう出てくる出てくる

    確かにゾンビに関してはネタバレではないかもしれない。
    むしろそう言う売りなのかもしれない。
    もうしーなも書いてしまってるのですけどね。

    ゾンビと言ってまず思い出すのが『バイオハザード』
    そして『ウォーキング・デッド』(The Walking Dead)

    実はどちらも苦手なのですよ

    『バイオハザード』はゲームも映画も取り敢えずは見ているのです
    が、ゲームは自分ではできないし
    映画はミラのカッコいい所を見ている感じ。
    ギリギリ『龍が如く OF THE END』をやったくらい(真島の兄さんが好きです)

    海外ドラマ好きなしーななのですが、ゾンビ物は全然見た事ないのです
    『ヴァンパイア・ダイアリーズ』や『HELIX』は見てたのですけど
    ゾンビと言うと、どうもこう……。追われる焦燥感や、仲間との決別と対決とか、行き場のない憤りがもう……!!1ってなってしまってダメなのです


    そう。それなのですよ
    その感覚なのですよね

    追われて追いつめられる焦り。
    一緒に逃げていた仲間は少なくなる一方。
    襲ってくる元仲間。倒さなきゃいけない苦悩。

    多分ゾンビ物ってそこが魅力なのですよね?きっと。
    しーなはそこがダメなのですが、この『屍人荘』はめちゃめちゃゾンビ物としては入り口的にちゃんとポイントが抑えられているのですよね


    まず、読んでみて
    とにかく面白くて、先が気になって、途中で止められないほど。
    探偵役になるはずだった先輩の脱落が心痛かったけど、お話としては魅力の一つだし
    ゾンビ物のスリル満点。

    「今までに読んだことのない本格ミステリ」とは確かにその通り。


    読んだ後なのですが
    何でなのでしょう。
    こう、スッキリしなかったのです

    ゾンビがちっとも解決していない。やっぱりその部分、気になってしまうのでした。そう、そこがゾンビ物が苦手な理由の一つ。

    が。
    あとがきや解説にあった「孤島や、山荘と同じ。新しいクローズドサークル」と思えば全然いけるのです気にしなくなるのです
    雪や嵐じゃない。たまたまゾンビだった……と、思えなくも……な、ない?かな?

    と、そう思うとかなりスッキリ。


    まだまだ話は長くなってしまうのですが、自分が思っていたことを上手くまとめられなくて
    他の人のネタバレ感想レビューと言うのを見てみたのです
    読んだ人たちはどう思っているんだろう……と。

    そこで行きついたのがこちらの感想
    http://aobadai-akira-2.hatenablog.com/entry/2017/12/20/205036

    シェア機能あったからリンクしちゃってるのですが
    この感想、凄く頷くのですよ

    昨今もうあやふやになっているラノベの話題から入り、ホームズはキャララノベだったと進み、小説内のお約束レベル、ジャンル小説の今後まで読んでしまうと
    もう「確かにー!!」って頷くしかない。

    この話題に関してだと、しーなももう書き切れない位の長さになってしまうので割愛。『屍人荘』の感想なのですよね


    本格としては探偵少女のキャラや、突然思い出したようにラブコメするラノベ感が否めないのですが
    ゾンビ慣れしていない読者にしてみたら、ゾンビ物の魅力が適度でもう堪らなくスリリング!良かったのです

    追われる焦燥感や、仲間との決別と対決 まさにこれがミステリと言うか、小説としての良いスパイスになってたのですよね


    二つしーなが気になったのは、
    (細かい所なのですけど)
    電話なのです
    内線の電話がアリバイにも繋がってたのですけど
    電話って、相手にかけて、受話器外してそのまま放っておけば良いのでは……?と。

    何も相手が出るまでその場で待っていなくても良いのですよね?
    むしろ追い詰められて、時間が無い時だったら不自然なのですよね?


    もう一つは、最後の主人公の反抗(?)
    あのミスディレクションが取って付けたようで、どうもストーリーの流れを邪魔してた気がするのです
    気になっちゃうのですよ
    え?そこで?良いの?見過ごして良いの?ゾンビ居るのに?良いの?え?
    とか余計なこと考えてしまうのですよ

    エレベーターのトリックや時計の読み違いなど、確かに面白かったし
    読んだ後は、なかなか思ったことがまとめられなくてそれどころでは無かったのですが……。


    ゾンビ慣れ?している読者の感想をまだ見ていないので何とも言えないのですが
    ゾンビに全くと言って良いほど免疫が無かったしーなにはとても興味深く読めたのです。




    そしてどうやらこのブクログの仕様で長い感想には「更に読む」が付いた感じ。
    長い感想になってしまうしーなには助かるシステム。

    けどけど、このブクログ
    感想書くのって仕様変わってからやっぱり書きにくいのですよね
    途中でなんか消えちゃうこともあるし……
    全文が入るか不安……。

  • 微ねたばれ。

    評判が良いとハードル上がりすぎて、ということもままありますが、これは評判通りの面白さでした。

    謎解き大好き! というミステリ読みではないので、真相解明の段になっても、ふむふむナルホドと冷静に読んでいました。
    が、推理の大詰め、日留子でさえ解けなかった謎について明かされた時、テンション最大値に。そうか、これか! と膝をバチバチ打ちたくなりました。斬新なクローズド・サークルを作っただけで満足せず、ここまで活用(変な言い方ですいません)するとはすごいです。

    惜しむらくは……
    ちょこちょこ手ぬるさが垣間見られたのと……
    「あの人不憫すぎる」という感想が他を凌いでしまいそうなこと。シリーズ化したとして長いスパンで考えた場合、探偵の動機に位置するのだろうけど……しかしなんとも。けっこう好きな人物だっただけに、凹みます。

  • 大学生の夏合宿、惨事の現場がロックフェス?え、ゾ○○?密室殺人?私のアンテナに引っかかりすぎ(笑)
    最後まで楽しく読めました。続編期待してます

  • 期待したほどではなかった。登場人物が学生で合コンのような設定だったのもあるかも。突然発生した状況が受け入れにくく気持ち悪い。鮎川賞の選者が全員推したというのも?

全348件中 41 - 50件を表示

プロフィール

今村 昌弘(いまむら まさひろ)
1985年、長崎県生まれ。岡山大学医学部保健学科卒業後、放射線技師として勤務。29歳で退職し、執筆活動に専念。2017年『屍人荘の殺人』で鮎川哲也賞、本格ミステリ大賞、を受賞。ほか、SRの会年間ベスト第1位、「このミステリーがすごい!2018」第1位、「2018 週刊文春ミステリーベスト10」第1位、「2018 本格ミステリ・ベスト10」第1位、第15回本屋大賞第3位、「キノベス!2018」第2位ときわめて高い評価を受けた。
『屍人荘の殺人』は他にも、2017年度エアミステリ研究会ランキング第1位、名古屋大学生協による南部書籍大賞、福井県のみそ店「米五」の社員が選ぶ「味噌屋大賞」などにも選ばれている。

屍人荘の殺人のその他の作品

屍人荘の殺人 Kindle版 屍人荘の殺人 今村昌弘

今村昌弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする