屍人荘の殺人

著者 :
  • 東京創元社
3.77
  • (135)
  • (242)
  • (174)
  • (37)
  • (8)
  • 本棚登録 :1938
  • レビュー :274
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488025557

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中盤から一気に引き込まれた。
    突飛なアイデアによる環境設定とフーダニット・ハウダニット・ホワイダニットを全て繋いでいく推理過程の切れ味が凄い。

  • とにかく面白いです。一気に読み切ってしまいました。
    宣伝文句にもあるように、ネタバレする前に読んだ方が良いと思います。
    (ただ、仮にネタバレを食らってから読んだとしても面白いと思います)

    何を書いてもネタバレになりそうですので、人に勧めたり感想を書いたりしにくいです……なのでブクログのコメントもこのへんで……

  • 鮎川哲也賞受賞作品とあるからにはある程度のレベルに達しているはず、との期待はまずまず裏切らない出来。しかし、クローズドサークルの原因にアレを持ち込むとは、あと1歩でバカミスになる危険もあった。
    班目機関、陰謀、細菌テロという大げさな道具立てもただただアレを引っ張りだしてくるためであり、密室状態での連続殺人のハウダニットを際立たせるためだった。
    その試みは成功している。
    その代わり、ホワイダニット及びフーダニットは相対的に弱い。この動機?この人間関係でここまでする?
    語り手の葉村が震災被害者であるという設定も生かし切れていない。
    名探偵剣崎比留子は、二階堂黎子そのもので、目新しさがない。
    と、色々欠点はあるもののアレの怖さに失笑しながらも、先の展開を楽しみにして読んだのだから、ミステリ作家スタートに十分合格だ。
    しかし…アレ、ねえ…笑

  • 鮎川哲也賞受賞作。
    クローズドサークルといえば、嵐の山荘や絶海の孤島を舞台にしがちだが、この著者は独自のアイデアで「外部との遮断」を創り出している。まずそれが素晴らしい。その状況にトリックを絡めているのも良いし、フーダニットのミステリとしても巧く出来ている。「受賞の言葉」で、本格ミステリに傾倒していなかったと書いてあるが、それが謙遜で無くてこれだけ書けるのなら、もう才能と言うしかないだろう。これは傑作。星4つ半にしたくなる位だった。
    一つ不満を言えば、今作は一人称文体で、記述者が自分の事を「俺」と表記しているが、丁寧な話し方や純朴な感じが「俺」では合わないと思った。ここは「僕」じゃないか?
    いづれにしても、今後大化けしそうな予感のするデビュー作だった。次作が大いに楽しみ。

  • これこそ本格の面白さ。設定は少々奇抜なもののフェアだしロジカルにまとまっていて目立つ齟齬は見当たらない。
    前評判のせいで期待が大きくなりすぎたがさほど裏切られなかった。そちらよりネタバレ気味のツイートのせいで綺麗にミスリードに引っかかった。

  • どうにも現実感がなさすぎ。

    ゾンビと密室殺人のコラボ作品。
    ゾンビでクローズドサークルって発想がすごい。

    ただ、どうにも現実感がなく、途中でお芝居でしたってなるのかなと思ったら最後まで…。

    このせいであまり推理にのめり込めず、やや消化不良になってしまった。

    もう少しゾンビに真実味を与えてほしかったかな。

    人と違うもの作り出そうという気概は感じますが、
    非常に惜しい作品でした。

  • うーん。確かにトリックは素晴らしいのだけれど。騒がれているほどのものではなかった。。
    どうしてもこういう設定が受け入れられないというか、混ぜてほしくないというか。
    大した説明もなくあの事があっさり片付いてしまっているのも置いてけぼり感がすごかった。

  • やっぱり館ものはわくわくするなあ!
    山荘といえば孤立+殺人事件…だけれども少々趣向が変わっているし、とっても面白かったです。
    探偵がふたりいて、あれってなったんだけどその後の展開にも驚愕。
    一気に読んでしまった。

  • 王道に王道を重ねたミステリー

  • ちょっとどう評価というか。どう感じればいいのかは
    わかりませんでした。
    結局の最後の謎解きも、そんなに感動的なものはなく
    でもなぞがわかっていたわけでもなく。
    ああそうですか。。という感じ。
    でも、途中の気持ち悪さや怖さは感じることはできました。

全274件中 51 - 60件を表示

屍人荘の殺人のその他の作品

屍人荘の殺人 Kindle版 屍人荘の殺人 今村昌弘

今村昌弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
青崎 有吾
宮下 奈都
青崎 有吾
伊坂 幸太郎
ピエール ルメー...
米澤 穂信
青崎 有吾
辻村 深月
伊坂 幸太郎
竹本 健治
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする