屍人荘の殺人

著者 :
  • 東京創元社
3.77
  • (134)
  • (241)
  • (172)
  • (37)
  • (8)
  • 本棚登録 :1932
  • レビュー :271
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488025557

作品紹介・あらすじ

神紅大学ミステリ愛好会に所属する葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究会の夏合宿に興味を抱き、同じ大学に在席する美貌の探偵、剣崎比留子と共に紫静荘を訪ねた。“曰く”など気にする風もない部員たちは、肝試しと称し神社に赴くが、想像を絶する異常事態に遭遇し紫静荘に立て籠もることを余儀なくされる。緊張と混乱が続くなか一夜明けると、部員の一人が惨殺死体となって発見される。それは連続殺人の序章に過ぎなかった――。究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか?! 奇想と本格が見事に融合する選考員大絶賛の第27回鮎川哲也賞受賞作!

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うーん。確かにトリックは素晴らしいのだけれど。騒がれているほどのものではなかった。。
    どうしてもこういう設定が受け入れられないというか、混ぜてほしくないというか。
    大した説明もなくあの事があっさり片付いてしまっているのも置いてけぼり感がすごかった。

  • やっぱり館ものはわくわくするなあ!
    山荘といえば孤立+殺人事件…だけれども少々趣向が変わっているし、とっても面白かったです。
    探偵がふたりいて、あれってなったんだけどその後の展開にも驚愕。
    一気に読んでしまった。

  • 王道に王道を重ねたミステリー

  • 大学生がペンションを貸し切り、さあいったい誰から殺されるんだ、と思いながら読み進めていた矢先。
    は?
    まさかのゾンビにペンションを包囲されるという展開に、思わず失笑。
    えーっと、私ミステリを読んでたよね?
    パニックホラー読んでたんじゃないよね?

    ゾンビが包囲することによってペンション全体を密室にしたり、ゾンビを武器にしたり毒薬にしたり…ゾンビってこんなに活用法があったんだーと今までにない発想は確かに奇抜で面白かった!

    ただ謎解きはまぁそれなりに納得したとして、謎解きを優先するあまりゾンビに対しての危機感が無さすぎて違和感を覚えてしまった。
    私だったら扉の前にベッドとか置いてバリケード強化する!
    扉一枚隔てた向こう側にゾンビがいるのに一番近くの部屋に一人で寝るとか絶対無理!
    扉破られてゾンビが迫ってきてるのにこのタイミングで謎解きとかもうこの際どうでもいい!
    それにあのゾンビをどうやって収束させたのか、斑目機関とは何か、重元くんの行く末はどうなったのかの方が気になる。
    でもこの辺を詳しく書き始めると、それこそもう本格ミステリではなくて本格パニックホラーになっちゃうもんね!

    もうこれはミステリよりゾンビ映画を楽しむ感覚で読んだ方がかもしれない。

  • ちょっとどう評価というか。どう感じればいいのかは
    わかりませんでした。
    結局の最後の謎解きも、そんなに感動的なものはなく
    でもなぞがわかっていたわけでもなく。
    ああそうですか。。という感じ。
    でも、途中の気持ち悪さや怖さは感じることはできました。

  • 設定がどうも私には合わない。

    アメリカでは、ゾンビになるような麻薬があるようだから、ないこともないだろうが、、、

    ゾンビにペンションが囲まれて、ゾンビに噛まれたらゾンビになるって、なんかコメディみたいに思えてしまって、、、

    好みの問題でしょうが、あまりに現実離れしすぎているのは好きではない。

    そして。どうやって鎮静化されたんだ、、、?
    そこが一番謎だし、そのままやん。

    なんでこの本図書館で予約したんだっけな?

  • まさか、あのようなクローズドサークルがあったとは……

  • すごい斬新。ウォーキングデッドを並行して見ていたので、どっちの話だかわからんくなりそうだった。流行か?!笑笑

    ウォーキングデッドが流行ってるらしいから、日本ですらこんな風になるのか!?賞も受賞してるけど、たしかに新しいけどなんかミステリのあのなんとも言えないスッキリ感、やっと謎が解けたときのあのスッキリ感がどーもない。

    グダグタと残虐に殺されまくって、謎解きまくって死にまくってっていうのか海外のホラーや流行の流れに乗りまくってる感じもあり、日本のミステリの良さみたいなのがことごとくない気がするけど、それが逆にいいのか?

    わたし的には、日本のミステリはよりリアルに身近に描いて欲しいかったので、わたしの感覚には合わなかったなぁ。

    ゾンビはやっぱ洋物のような気がするわたしでした。

  • えぇぇ〜と…この本はこれで完結しているのでしょうか?
    事件が終わった後、班目機関について調べていた様ですが、それはどうなったのでしょう?
    大学生には公安調査庁の極秘事項には踏み込めなかったという事なのでしょうか?
    重元君と共に闇の中…?
    ?の残る本でした。

  • なんじゃこりゃ〜 でも面白い。こんな本格もあり。

全271件中 1 - 10件を表示

屍人荘の殺人のその他の作品

屍人荘の殺人 Kindle版 屍人荘の殺人 今村昌弘

今村昌弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
恩田 陸
高野 和明
竹本 健治
辻村 深月
青崎 有吾
塩田 武士
有効な右矢印 無効な右矢印

屍人荘の殺人に関連する談話室の質問

屍人荘の殺人に関連するまとめ

屍人荘の殺人を本棚に登録しているひと

ツイートする