ティンカー・ベル殺し (創元クライム・クラブ)

著者 :
  • 東京創元社
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 105
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488025649

作品紹介・あらすじ

日常では理系の大学院生、しかし夢の中では間抜けな〈蜥蜴のビル〉となって不可思議な世界を渡り歩いている井森建。彼はある日の夢の中で、ピーター・パンという無邪気な少年とウェンディという優しい少女、そして妖精ティンカー・ベルに拾われる。彼らに連れられてやってきたのは、海賊や妖精をカジュアル感覚で殺して回るピーター・パンによって修羅の国と化した〈ネヴァーランド〉という場所だった……『アリス殺し』シリーズ第四弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 裏切らない面白さ。
    「アリス殺し」「クララ殺し」「ドロシィ殺し」大好きな3作の続編です。
    誰が誰のアーヴァータールかを推理しながら用心深く読み進めました。
    が、そこかぁ!思わずとツッコミをいれてしまいました。
    人を殺す事を何とも思わない純粋無垢なピーター。
    強力な独裁者である彼に、従わない訳には行かない迷子達。
    ピーターに思いを寄せるウエンディとティンカーベルとタイガーリリィ。
    ピーターにかなわない海賊達。
    残虐な行為をした「報い」は、いつものようにさらに残虐な手口で返ってきます。
    描写のグロテスク感も、ミステリ感も満載で、とても好きなシリーズです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1962年京都府生まれ。大阪大学大学院修了。95年「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞し、デビュー。98年「海を見る人」で第10回SFマガジン読者賞国内部門、2014年『アリス殺し』で啓文堂文芸書大賞受賞。その他、『大きな森の小さな密室』『密室・殺人』『肉食屋敷』『ウルトラマンF』『失われた過去と未来の犯罪』『人外サーカス』など著書多数。

「2020年 『未来からの脱出』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林泰三の作品

ツイートする