ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)

著者 :
  • 東京創元社
3.36
  • (44)
  • (196)
  • (273)
  • (52)
  • (11)
本棚登録 : 1561
レビュー : 235
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488027346

作品紹介・あらすじ

おもちゃプランナー富田宝子、28歳。片想い中の西島のため、SP気分で彼に降りかかるトラブルを密かに解決していく。女子への応援賛歌がたっぷり詰まった栄養満点小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1年にも満たない短い期間だったけど、墨田区に住んでた頃を思い出してこの世界にぐっと入り込めたし、あの辺、いい町だったよなあ、って改めて思った。私が住んでた部屋からも、ベランダに出るとスカイツリー見えた。さすがに船に乗って通勤しようと思ったことはなかったけど…。でも一度乗ればよかった。いやまだ遅くないか。
    めちゃくちゃ大変だけど自分に向いていてやりがいのあること。食っていけないけどやりたいこと。やりたかったけど諦めたこと。仕事って様々ですね。独特なおもちゃプランナーという仕事の話とピュアで(アラサーにしてはかなり)幼いラブストーリーに、ちょうどいいミステリー。個人的には目黒警部補と宝子さんがくっついてほしかったな。面白かったです。

  • 自分が自分らしく生きていくのって難しいけど、この主人公はそれが出来てるし、自分が持ってるものを惜しみなく人に与えられるのはすごいと思った。ただ、重い。笑
    形じゃなくて内側からネジを巻くように関係を築いていくのは、大切なことだなと私も思った。

  • サクサク読み進められるけど…

    どちらかといえば舞台である浅草や代々木上原の美味しそうなパン屋さんなどそちらに目移り…

    好きな作家さんなので、共感できる登場人物がおらず残念

  • この作家さんらしい物語だと思います。昔、ランチのアッコちゃんを読んで面白い!と思ったのですが、時が流れこの作品を読むと、面白いとおもうと同時に私にはちょっと甘すぎる物語でした。歳をとったのかしら、昔好きだったaikoを今あまり聞かなくなったみたいな感じかな。
    butterあたりのドライなもの(未読なので予想。)読んでみたいなぁ。

  • 『ランチのアッコちゃん』は面白く読んだが、本作は相当イマイチだった。最大の要因は、主人公。全く好きになれない。更に設定される謎は面白いのに推理や解決への道のりは中途半端なご都合主義。

  • 主人公は、五年間片思いをし続ける仕事相手への想いをパワーに、次々とヒットアイテムを世に送り出すおもちゃプランナーの女性。

    片思い相手が困ったことがあったら、暗躍して貯水タンクの殺人事件を解明したり、悪質な詐欺師を逮捕に導いたりもしちゃい、敏腕刑事ですら舌を巻き、憧れてしまうほどの行動力を持つ。

    そんな彼女でも、自分の考えていることを口に出すことが苦手。自分の中の世界で完結することを好む、と自分自身気がついている。それはおもちゃプランナーとしては不可欠なことで、だからこそ数々の商品を手掛けられたのだろう。ただその性格が災いして、想いの人と進展を遂げられないのがもどかしい。

    ここまで才能がある人なら、仕事や夢に生きたっていいじゃん、とも思うような、でも恋愛がないと人生面白みも半分ほどかけてしまうし。。

    終わり方がイマイチぼやっとしてて、わかりにくかった。

  • 柚木麻子さんの作品は出てくる女性が身近にいそうで怖い。
    いるよね、こういう女子!と思うシーンが多々ある。

    特に、私は宝子のような「女の子」が苦手。
    純粋ひたむきポジティブを免罪符にわがままを貫き通す図々しさで周囲の人間を振り回すタイプの「女の子」が。
    持ち合わせたネガテイブさと反発しまくってしまう。

    宝子時点で書かれている時は働く可愛い女子って感じだけど、その他の視点になると見えなかった部分が見えてくるよね。

    リアルもそう。

  • 恋愛をして、恋人がいてこそ一人前、でないところが良かった。ひとりを否定しないで、むしろ肯定して、だからと言って恋愛を貶める訳ではなく、可愛らしく組み込まれてもいる。新鮮だった。自然体で清々しくて爽やかだった。主人公は二十八〜三十一歳だけれど、何だかメルヘンのように可愛い。表紙に釣られて何となく全体はセピアっぽいイメージ。流れる空気が綺麗だった。

  • まったくどうしてこう、彼の周辺はいつも事件で騒がしいのだろう。私が守るしかないー。(富田宝子)

  • 読んでみたら、ちょっぴりミステリー仕立てに出来上がっていてびっくり。宝子の窮地にたたされてもめげない精神の強さと最後の最後で見せた、決心の強さを教わった。

全235件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

柚木麻子(ゆづき あさこ)
1981年、東京都生まれの小説家。立教大学文学部フランス文学科卒業。2008年に「フォーゲットミー、ノットブルー」で第88回オール讀物新人賞を受賞し、2010念二同作を含む初の単行本『終点のあの子』を刊行。2014年に『本屋さんのダイアナ』で第3回静岡書店大賞小説部門受賞。2015年『ナイルパーチの女子会』で第28回山本周五郎賞受賞、直木賞候補に。2017年『BUTTER』で直木賞候補。2019年、『マジカルグランマ』が第161回直木賞候補となる。

柚木麻子の作品

ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)を本棚に登録しているひと

ツイートする