真実の10メートル手前

著者 :
  • 東京創元社
3.66
  • (96)
  • (316)
  • (262)
  • (32)
  • (4)
本棚登録 : 1761
レビュー : 287
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488027568

作品紹介・あらすじ

高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と 呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリストの太刀洗と 合流して取材を開始するが、徐々に事件の有り様に違和感を覚え始める……。太刀洗はなにを考えているのか? 滑稽な悲劇、あるいはグロテスクな妄執――己の身に痛みを引き受けながら、それらを直視するジャーナリスト、太刀洗万智の活動記録。『王とサーカス』後の6編を収録する垂涎の作品集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 記者の太刀洗万智が探偵役の短編集。
    怜悧なヒロイン登場です☆

    だいぶ前に「さよなら妖精」で遭遇した出来事を胸に秘め、フリーのジャーナリストとなっている太刀洗万智。
    あまり表情が動かないクールな雰囲気の女性ですが、真実を追究していく熱さを秘めているようです。

    「真実の10メートル手前」
    ベンチャー企業で有名になった兄妹だが、破綻して、妹は行方不明に。
    妹の行方を追う万智は‥

    「正義感」
    駅のホームの転落事故。
    偶然、居合わせ太刀洗がとっさにとった行動とは?

    「恋累心中」
    高校生の心中が土地の名前を結びついて美化されるが‥
    取材に赴いた記者が、太刀洗と同行して、気づいた真実とは?

    「名を刻む死」
    老人の孤独死のいきさつとは。
    発見者の高校生のことが気にかかる万智は‥

    「ナイフを失われた思い出の中に」
    事件を自白した少年の手記を読み解く万智。
    真犯人を見つけることが出来るか‥?

    「綱渡りの成功例」
    災害で埋もれた村の生き残りの老夫婦の話に、ひっかかる点があり‥?
    これはちょっと、気がつく必要も報道する意味もあまり感じられませんでした。
    ほかの大問題に絡んでくるという構成なら、ともかく。
    取材していく中で何かに引っかかるが、それを使えるかどうかわからないという問題が起きる、ことは理解できるので、そういう話が無意味とは言いませんが。

    すべて題材が凝っていて、現代性もあり、このヒロインを形作ろうという工夫が感じられます。
    かなりクールでやり手といった印象ですが、若者への共感はあるようですね。
    すべて解決するわけではなく、事件現場に踏み込む感覚があります。
    独特な苦味やひやりとするような鋭さを味わいつつ。

  • 調べることが好きで、人よりも上手。それを生活の手段にしているだけ。正当とか間違っているとかを考えて仕事をしているわけではない。一見クールでシニカルな主人公。実は純真で、優しく、正直者、加えてとても恥ずかしがり屋だ。明晰な洞察には何度も舌を巻いたが、最も心惹かれたのは情の篤さ。弱い人をほっとけない、悪に対しては徹底した敵意でぶつかる。連作短編で主人公の魅力が少しずつ明らかになっていく。気づいたらすっかり心は主人公に持っていかれている。誰にでもお薦めできる名作だ。

  • 癖はあるが切れるジャーナリスト、太刀洗万智の活動記録。粒揃いの六編。

    「王とサーカス」が予約待ちなのでその間にこの作品を読む事に。

    推理小説と思っていたけどちょっと違った。最初の作品など、えっ、これで終わりと驚いてしまった。
    太刀洗の事件に対する思いとどう報道すべきかの苦悩、メインはここだった。事件の謎が解けても推理を披露するのではなくただ報道する。警察ではなくジャーナリスト、そう思って読んでいくと面白くなる。ここで終わり?って思った、「真実の10メートル手前」のタイトルもグッと深くなる。
    だけど、太刀洗万智の人物像が掴めないので最後まで物語にのめり込めなかった。特に「ナイフを失われた思い出の中に」の太刀洗がわからない。
    ミステリとしては「恋累心中」が面白かった。ゾゾっとする。
    報道としては「綱渡りの成功例」が考えさせられた。ふたりのした事が報道の仕方によっては非難を浴びる事になるのだろうか。
    「王とサーカス」長編なので不安だけど、読んでみたら太刀洗万智の事がもっとわかるのだろうか。

  • 話によってそれぞれ視点人物は違うが、フリーライターの大刀洗万智を事件を追求する中心に据えた短編集。大刀洗万智は「王とサーカス」という長編で主人公になっていて、非常に面白い話だった。見かけのクールさの下に熱い思いを持ったなかなか面白い人物だ。しかし、この短編集では余りにも切れ者過ぎるんじゃないだろうか。それが少し息苦しさを感じさせる上に、事件が余りにも暗すぎる。暗澹たる思いになる。後味が悪いのだ。小説としてはとても上手いとは思うのだが、私には米澤穂信は、短編より長編が良いみたいだ。

  • 記者・太刀洗万智の仕事を描く、6作品。
    それぞれ別の人物の目を通して、万智の仕事や人となりを浮き彫りにする。

    推理の冴えはもちろん素晴しいが、万智が、スクープや手柄にこだわる、一般的な記者のイメージとは一線を画している点はいくつかある。

    ・聞き込み相手の心情に寄り添っていること。
    ・質問が意表をついていること。
    ・そして、矛盾しているようだが、質問が核心をついているという事。
    この、「質問」に関することは、綿密な調査とひらめき…そして、取材対象の心情に深く入り込んでいるからこそ思いつけるのだと思う。

    しかし、万智自身が一番に心を砕いているのは、そうやって得た「情報」の取り扱いである。
    世間に対してどういう形で公表するか、どう理解してもらうのがいいのか、あるいは公表しないのか。
    彼女の、常に謙虚であり思慮深い姿が好もしい。

    「あまり愉快なことにはならないと思いますよ」という口癖と、何でも出てくるドラ●モンのポケットのようなバッグはご愛嬌。

    『真実の10メートル手前』
    ベンチャー企業が経営破たん。
    マスコミの露出も高かった、美人広報担当が行方不明。
    後輩のカメラマン・藤沢吉成が相棒。

    『正義感』
    ホームから人が落ち、電車にひかれる人身事故。
    びっくりするような万智のやりかた。
    相棒は、元同級生のあの人?

    『恋累心中』
    高校生男女の心中事件。
    記者・都留正毅に、現地の取材コーディネーターとして万智がつけられる。
    最初はやりにくさを感じていた都留だが…
    重く哀しい、そして読みごたえのある話。

    『名を刻む死』
    60代男性の孤独死と、第一発見者の中学生。
    優秀だが優し過ぎる中学生に、あえて鬼になることを示す万智がカッコいい。

    『ナイフを失われた思い出の中に』
    「16歳の少年が3歳の女児を刺殺した」という事件を万智がどう扱うか。
    妹のかつての友人を訪ねてきた、海外国籍の青年と、報道の在り方について語る。

    『綱渡りの成功例』
    台風による水害と土砂崩れで、3軒の家が孤立した。
    土砂に埋もれなかった70代の夫妻のみが多くの人手と時間を掛けて救出される。
    夫妻は、必要以上に申し訳なさそうにしていた。
    地元の、万智の後輩である大庭と。

  • 米澤さんの本は『満願』に次いで2冊目。

    ジャーナリスト太刀洗真智が事件を追う短編集。
    表題作『真実の10メートル手前』のみ東洋新聞所属だが、後の5編ではフリーになっている。
    フリージャーナリストとしてとしての独自の視点が面白い。

  • 2017年の「このミステリーがすごい!」3位
    2年連続で「このミス」1位だった米澤さん。
    今作は前作の「王とサーカス」のフリージャーナリスト太刀洗万智を軸にした短編集。
    ●収録作●
    「真実の10メートル手前」「正義漢」「恋累心中」「名を刻む死」「ナイフを失われた思い出の中に」「綱渡りの成功例」

    前作では重たい内容だったけど、今回は身近な事件をクローズアップしたものが多く読みやすかった。
    どの話もテーマと結論がまとまっていて面白かったけど、中でも「名を刻む死」が良かった。
    一人暮らしの老人の孤独死を発見した少年のもとに太刀洗が訪れる。
    「いつかこんなことになるんじゃないかと思っていました」という言葉を飲み込む少年が抱えていた真実とは。
    太刀洗万智が少年にかけるラストの台詞が印象深い。
    真相を暴かれたことと、太刀洗の言葉で、少年の心が軽くなるといいのだけど。
    あと、普段あまり感情を表に出さないクールな太刀洗さんだけど、少年の推論を聞いた後に年齢を再確認、「ちょっといいね」という台詞に太刀洗の緩みというか、気を張っていない姿が垣間見えてうれしくなった。

    またこのシリーズ読みたいな。

  • 経営破綻したベンチャー企業の広告塔だった社長の妹を追って山梨へ向かう太刀洗。
    人身事故のホームで見かけた厚顔な取材記者。
    三重県の高校生の心中事件。
    二人が別々の場所で見つかったのは何故なのか。

    この話がどうつながっていくの!と読み進めて、ここであれ?と思う。
    なんと短編集だった。
    太刀洗が日本各地で、高校時代の友人の兄と、取材で出会った中学生と、大学の後輩と、事件を取材しながら真相にたどり着く。
    このタイトルが秀逸。
    まさに真実のちょっと手前に太刀洗は立っている。その先に踏み出すのかどうなのか。
    このシリーズは報道についていつも考えさせるね。

  • 「高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と 呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリストの太刀洗と 合流して取材を開始するが、徐々に事件の有り様に違和感を覚え始める……。太刀洗はなにを考えているのか? 滑稽な悲劇、あるいはグロテスクな妄執――己の身に痛みを引き受けながら、それらを直視するジャーナリスト、太刀洗万智の活動記録。『王とサーカス』後の6編を収録する垂涎の作品集。」


    『さよなら妖精』『王とサーカス』に続く作品。
    前作と同じく、ジャーナリズムとは?を深く考えさせられるのだけれど、こちらの作品は、報道の手前にある、深層部分の真実とは?プライバシーを暴くこと、事実や真実を包み隠さず伝えることは本当に正しいのか?等、「伝える側の悲哀」を描いているように感じた。
    時として、「本当の事」が「正しい」のではないんだよなー。
    このシリーズは、主人公の大刀洗万智の成長譚とも取れるので、続いてくれるとうれしい。自分も色々考えさせられる。

  • 経営破綻したベンチャー企業の経営者兄妹が、詐欺の疑いをかけられた後、行方不明になった。
    経営には関わっていない末の妹の弓美は、以前取材で知り合った記者太刀洗万智に、姉の捜索を依頼してきた。
    手がかりは、姉からかかってきた電話の通話記録だけだった。

    様々な事件に関わった人間が、太刀洗万智の取材によって真実を突き付けられる短編集。

  • フリーの雑誌記者、大刀洗万智の連作短編集。

    新聞記者だった時代の話が「真実の10メートル手前」
    それ以外は雑誌記者になってからの話。

    雑誌記者という立場で、凛として事件の核心に迫っていく万智。突き止めた真実はどれも切なく重い。

    特に高校生の心中の真実を暴く「恋累心中」、3歳の姪を刺殺したと主張する若い叔父の話「ナイフを失われた思い出の中に」はやるせなかった。

  • 理路整然と推理が構築され、心地イイほどの解決が論じられる。穂信さんは『満願』の時から思っていたけれど短編の名手だ。
    ただ、切ないことにどの話も後味が良くない。人の生き死にに関して語られるせいなのかもしれないけれど、どれもこれも真実の痛みが鋭く胸にせまる。(むしろ知らなければ良かったというのも)
    太刀洗万智の閃きが冴え渡れば渡るほど人は救われるのか、それとも?

  • 記者として真実を追い真実を伝えること。その意味、影響と責任の重さを常に自分に問いかける太刀洗万智の物語、6編。
    謎解きは非常にスマートだが、真実に迫ることが必ずしも快感には繋がらない、むしろ無常感や現実の重みを感じさせながら、しみじみとした余韻を残す作風。
    暴かねばならない真実もあれば、必ずしも暴く必要のない真実もある。真実にたどり着くことが人よりも得意な太刀洗は、自分が暴き伝える真実に常に真摯に向かい合い、伝え方一つで傷つく人も喜ぶ人もいることに自覚的すぎる。そんなに張り詰めては、いつか潰れてしまわないのかと心配になる。

    「恋累心中」は、ミステリとしては今回一番と思う。事件の様相が鮮やかに反転する気持ち良さとショッキングな真相。センセーショナルな高校生の心中事件が予想もつかないところから真の姿を表す。一番驚くのはその理由。悲しい。

    「名を刻む死」にはぞくぞくした。これはまさに知らなくてもよい真実だったと思う。語り手の高校生がよいアクセントになっている。

    「ナイフは失われた思い出の中に」は今回一番盛り上がる作品。三歳の姪を高校生がナイフで刺し殺すという凄惨な事件。容疑者である高校生の手記から、隠された真実を読み解いていく。物語に重ねた複数のテーマがきれいにまとまっているのは本当に上手いと思います。また、事件の見え方が少しずつ変わっていくのと同時に、語り手が太刀洗万智という人物を解き明かしていく構造が面白い。次の「綱渡りの成功例」と合わせて、大刀洗万智の感じる報道の歪みと、彼女が報道の中で自分に課す役割や目指すあり方が少しだけ見えてくる。『さよなら妖精』を読んでいればなお楽しめる部分もあるが、読んでなくても、楽しめる。

    自分の仕事、自らに課す役割、誇りというものについて考えさせられる。

  • 面白かった!

    連作短編ではあるけれど、各話を通して主人公の万智の記者という仕事への向き合い方がわかってくるのが良い。

    「真実の10メートル手前」「正義漢」なんかは、1つ1つ謎を明らかにしていく場面が精密で、主人公カッコイイ!と夢中になれる。

    心情を吐露しないままの主人公ではなくて、彼女の記者としてのスタンス、戦っているものまで書かれているのが良い。

  • 1991年4月。遠い異国から来た少女、マーヤ。彼女と出会った高校生たちは日常に溢れた謎を解きながら交流を深めていく。異国の少女との出会いと別れを描いた「さよなら妖精」の登場人物の一人であった大刀洗万智のその後を描いたのがこの作品です。

    「王とサーカス」へと繋がる新聞記者時代を描いた表題作「真実の10メートル手前」を含めた今回の短編集では、常に真実を追い求める彼女の姿を見ることが出来ます。

    また、今作で彼女は記者として、ジャーナリストとして、真実を追い求めるだけではなく、その真実を本当に報道すべきかどうかという事も常に考えているように思感じられました。

    「真実」を伝えることで罵声を浴びる事もあれば、人を悲しませ、憤らせる事もある。それだけでなく、その真実は「他者」を、時には「自身」を傷つける事もあるでしょう。それらの責任と危険を負いながら真実を追い続ける彼女の姿には考えさせられるものがあります。(特に前者は「綱渡りの成功例」、後者は「正義漢」を参照)

    インターネットやSNSが発達した事で、今では誰もが情報を簡単に発信することが出来る様になりました。時にはメディアより早く事件の情報を発信する人もいるでしょう。

    その時、あなたは罵声を浴びる覚悟を、他者や自分を傷つける責任と危険を負う覚悟を持って「報道」を行っているのかと。

    その覚悟と責任、痛みを背負いながら真実を追い求める彼女の姿を通して、作者はミステリー小説として謎を問いかけてくるだけでなく、読者の「情報」に対する姿勢をも問いかけている様に見えました。

  • 『さよなら妖精』に出てきた太刀洗万智のその後のお話。
    『さよなら妖精』は本当に好きで(古典部より好き。こちらの方を先に読んだせいもあるけど)、どちらかというと守屋くんがどういう人生を選んだのかを知りたかったので、なかなか読む気になれなかったのですが……なんか万智主人公って固そうな感じがしたし。

    が、読んでみたらすごく良かった!
    一人称でないあたりがまた万智らしく固くて(想像どおり)、その隙間から見える彼女の心が良いですね。
    マーヤのお兄さんが出てきたのも、守屋くんと思われる人物が出てきたのも嬉しい。
    守屋くんはあそこで一つの人生が終わってしまったのかな……という印象は、うん、やっぱりありますね。

    『王とサーカス』も読まねばな……。

  • 【フリーの記者を軸に事件の真相が明らかに】

    大刀洗万智はさまざまな事件を追いかけるフリーランスの記者だ。感情が表情に出にくく、とっつきにくい印象があるが、仕事はとてもできる。

    そんな彼女を軸にさまざまな事件の真相が明らかになっていく短編集で、それぞれの短編が大刀洗万智の周りにいる人の視点で描かれている。

    「ナイフを失われた思い出の中に」の中で、太刀洗は「あなたはどのようにして、ご自分の仕事を正当とされるのですか?」と質問されるシーンがあるのだが、私も週刊誌の記者はどんな気持ちでその仕事をしているのかと思うことがあったので、いい・悪いではなくこういう気持ちで記者は事件や特ダネを追っている人もいるのかと思った。

    あとがきを読んでいると、大刀洗万智は『さよなら妖精』『王とサーカス』にも登場しているそうだ。それを読むとより大刀洗に魅力を感じるのかもしれない。米澤さんの本を読んだのは『満願』くらいなのでもし機会があれば読んでみたい。

  • *その地名から恋累心中と 呼ばれた高校生の心中事件。徐々に浮彫りになる違和感、滑稽な悲劇、あるいはグロテスクな妄執――己の身に痛みを引き受けながら、それらを直視するジャーナリスト、太刀洗万智の活動記録。『王とサーカス』後の6編を収録する垂涎の作品集*

    「王とサーカス」は未読ですが、主人公の太刀洗万智にすっかり魅了されました。冷静で繊細で思慮深く、常に何かを自身に問うて生きているような姿が、一般的なジャーナリストとは一線を画しています。単純に真実を解き明かすだけが正義ではない、という作風も良かった。短編ですが、一つ一つ丁寧に読み込みたい一冊。

  • ジャーナリスト、太刀洗万智のシリーズ。
    本作では六編が収められている。

    『正義漢』
    物語は鉄道人身事故から始まる。
    電車に飛び込んで自死を図る人。
    「いま線路の上で潰れているような人間は、まっとうな人間を苛立たせ続けてきたのだろう」(68頁)
    とある人は言った。
    ある人はそれを取材しようとする女に目をつけた。
    そしてそれを卑しい行為だと決めつけた。
    自分は正しいと、疑いもせずに。
    確かにマスメディアの取材は、人道に外れたとみなさずにはおれない場合も確かにあろう。
    しかしだ、それを批難し、マスゴミなどとばかにするのに、自分だけは正しいと動画を投稿することは許される行為だというのはあまりに自分本位な考え方ではあるまいか。

    『綱渡りの成功例』
    生き残った人の苦しみには色々なものがある。
    中には、自分はどうやって生き残ったか、という事実によるものも。
    緊急避難は日本の法律では認められている。
    しかしそれを好き放題に、何の責任もなく色々いう人はどこにでもいる。

    「どこにも情報がなければ、噂は際限なく無責任なものになっていくでしょう。わたしが記事を書いても影響力は知れているけれど、どこかには情報があるという状況は作ることができる。」

    彼女はそのために記事を書く。
    報道の持つ力と、その意義を考えさせられる一冊であった。

  • 太刀洗万智に初めて出逢いました。なんて興味深い記者でしょう!短編6話からなる本、いずれも面白いですねぇ♪福岡に太刀洗町 があるので尚更身近に感じながら読めました。

全287件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

米澤 穂信(よねざわ ほのぶ)
1978年、岐阜県生まれの小説家、推理作家。金沢大学文学部卒業。
大学在学中から、ネット小説サイト「汎夢殿(はんむでん)」を運営し、作品を発表。大学卒業後に岐阜県高山市で書店員として勤めながら、2001年『氷菓』で第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞し、デビューに到る。同作は「古典部」シリーズとして大人気に。2011年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)、2014年『満願』で第27回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。『満願』は2018年にドラマ化された。直木賞候補にも度々名が挙がる。
その他代表作として週刊文春ミステリーベスト10・このミステリーがすごい!・ミステリが読みたい!各1位となった『王とサーカス』がある。2018年12月14日、集英社から新刊『本と鍵の季節』を刊行。

真実の10メートル手前のその他の作品

米澤穂信の作品

真実の10メートル手前を本棚に登録しているひと

ツイートする