女には向かない職業1 (創元ライブラリ)

  • 東京創元社
4.00
  • (4)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488070564

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 資料として手に取ったので、感想はずいぶん前に読んだ新書版に。

    いしいさんは大変なミステリファンだということを、結構最近まで存じあげなかった。どうりで、『がんばれ!タブチくん!』的キャラの狭間をちらちらとミステリネタがかけめぐっていたわけだ。

    おまけに"COMMICAL MYSTERY HOUR"が少々ついていてお得。

  • もともと「ののちゃん」の藤原先生が好きです。自然体だとか人間の弱さだとか、そういう言葉は似合いません。いい加減でだらしなくて酒癖悪くて・・・とフォローの欠片もない表現がぴったりです。そんな彼女がミステリ作家に。当然編集者に迷惑かけまくりの怠けまくり。普通のOLしてたマネージャーも段々染まってきてしまって・・・。そうです、社会とか常識とかあるけれど、人間自堕落にひかれるもんなんです。ひいこらせっせと働いて。疲れて悩んで落ち込んで。そんな時に軽〜く読めて「こんな風に生きてけたらいいなぁ。無理だけど」と思いつつくすっと笑える。それが魅力です。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「フォローの欠片もない表現がぴったり」
      だけど、魅力的だよね、、、
      「フォローの欠片もない表現がぴったり」
      だけど、魅力的だよね、、、
      2013/06/18
    • courbetさん
      そうなんですよねー。
      仕事や生活への態度に、ある意味憧れてしまいます(笑)
      だらしなさとかやる気のなさとか、親近感わきまくりなんですけど「フ...
      そうなんですよねー。
      仕事や生活への態度に、ある意味憧れてしまいます(笑)
      だらしなさとかやる気のなさとか、親近感わきまくりなんですけど「フツーしないよね!?」ってレベルに行ってしまってる。
      自分では表に出せないダメなところをなんの躊躇いもなく出しきってしまうのが藤原先生。
      その突き抜け方が羨ましくもあり、このシリーズの魅力なんだと思います。
      2013/06/25
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「てレベルに行ってしまってる。」
      部屋が一杯になったから引っ越すとか、、、噴出しちゃいますけど、人間生きていくには、そんなコトは些細な問題だ...
      「てレベルに行ってしまってる。」
      部屋が一杯になったから引っ越すとか、、、噴出しちゃいますけど、人間生きていくには、そんなコトは些細な問題だから、気にする程じゃないって、改めて思っちゃいます。。。
      「その突き抜け方が羨ましくもあり」
      2013/07/06
  • 「1」よりも面白かった。
    つらいことではあるが、いしいひさいちは昔になればなるほど面白いような気がする。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1951年、岡山県玉野市生まれ。関西大学に入学し漫画同好会に入会。在学中より求人誌『日刊アルバイト情報』で「Oh!バイトくん」を連載し、大学卒業後、四コマまんが集『バイトくん』(プレイガイドジャーナル社)を出版。1985年に文藝春秋漫画賞、2003年に手塚治虫文化賞、2006年に菊池寛賞を受賞。現在、朝日新聞朝刊の「ののちゃん」を連載中。著作に「がんばれ!!タブチくん!!」「おじゃまんが山田くん」「地底人」「コミカル・ミステリー・ツアー」「現代思想の遭難者たち」「女には向かない職業」「となりの山田くん」「ホン!」「フン!」「ヘン!」「まぁ映画な、岡山じゃ県!2―シネママル珍風土記」「現代思想の遭難者たち」「ののちゃん①~⑪」など多数。

「2018年 『ののちゃん ⑪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いしいひさいちの作品

ツイートする