書店はタイムマシーン (桜庭一樹読書日記) (創元ライブラリ)

著者 :
  • 東京創元社
3.95
  • (36)
  • (56)
  • (34)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 371
レビュー : 53
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488070663

作品紹介・あらすじ

『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞を、『私の男』で直木賞を受賞するまでと、してからの、ドキドキとバタバタの日々…。作家サクラバカズキは、そんななかでもとにかく小説を書き続け、ひたすら本を読み続ける。稀代の読書魔を虜にした本をたっぷり紹介する、大好評ウェブ連載『桜庭一樹読書日記』、待望の文庫化第二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 出てくる本をリストに書き溜めながら再読。最高の過ごし方。ものすごくうっとりする。読みたい本がありすぎて決して尽きないこと、果てしなくてとても安心してしまう。ここからどれを読んでもいいんだ。大好きな人の大好きなものが果てしない。まだ何冊かシリーズあるからしばらく楽しめるけど、それにしても有限だもんな。きっと引き続きずっと読んでらっしゃるのだろうから読書日記再開というか続編出してほしいな………

    再読と言っても初読のときは単行本で登録したみたい。巻末のあとがきを読んで2010年という表記に震えた。10年前………!
    10年後も、読みたい本が溢れていてその果てしなさに幸せを覚えていますように。

  • 桜庭一樹読書日記2007年3月~2008年2月分。前に読んだ『少年になり、本を買うのだ』の時も思ったけど、ほんとに読書量が半端ではないですね。特にこの年度では夏『赤朽葉家の伝説』が直木賞候補になり、落ち着かない様子、そんななか『私の男』を執筆、そして『赤朽葉家の伝説』は落選。『私の男』上梓。またまたそれが冬の直木賞候補、受賞。当然受賞後のバタバタに、貴重な作家日常ですね。それなのに~この量です!

    怒濤の本の数々、偶然わたしが読んだのも多くあり、そうでないものにもすごく惹かれました。恐れおおくも嗜好が同じだなあなんて。読みたい本、買いたい本のリストがますます長くなりまして困りますね。

    読書感想がなにげないのにうまい・・・当たり前ですね、直木賞作家ですもんね。わたし、桜庭作品をちょっと(4作品)読んでいます。『私の男』は意表を突かれましていろいろ考えさせられたものでした。『赤朽葉家の伝説』は昭和が懐かしくておもしろかったです。

    感想のほか、本の薀蓄も目が離せなかった。山本周五郎『五辯の椿』がコーネル・ウールリッチのミステリー『黒衣の花嫁』の換骨奮胎だなんて!おもしろいものです。

  • 楽しかった、そして積読が増える気がする。
    桜庭さんも編集者さんも(特にK島さん)、片っ端から読んでるのかそれとも感度の良いアンテナ持っているのか、紹介される本は私はほとんど知らず、そして凄く面白そうでした。
    今回は直木賞の裏話も少しあって、楽しく読めました。

  • 一体何度このシリーズを読んでいることか…
    それくらい好きです。

    桜庭さんのとっての本を読むという行為の大切さや編集さんとの本についての会話のあれこれ。
    もりもり食べる食事。
    どれもこれもが本好きの心のツボを直撃します。

    私は生涯、何度このシリーズを読み返すんだろう?(笑)

  • 作家・桜庭一樹の読書日記の第二弾は、2007年8月から
    2008年2月までである。

    第一弾の『少年になり、本を買うのだ』を読み終わったの
    はいつだったかを調べたら、2011年11月30日だった。

    第二弾を手にするまでに随分と時間が経ってしまった理由は
    分かっている。本書のような、人様の読書日記を読んでしまう
    と、そこに掲載されている本を読みたくなるからだ。

    当然のように「読みたい本リスト」は増殖し、時としてネット
    で衝動買いしていることもある。分かってるけど、やめられない
    のが本読みの性なのだろう。

    第一弾を読んだ時も感じたのだが、著者の読書量の凄まじさに
    まず圧倒され、それがきちんと蓄積されているから引き出しも
    多い。インプットとアウトプットのちゃんと出来るって凄いな
    と思うのは、私が読んだそばから内容を忘れ、時には同じ作品
    を初読みだと思って手にして途中で気が付くことが多いから
    なのだろう。ちゃんと覚えておけよ、自分。

    著者だけではない。著者担当の各社の編集者の本に関する知識
    の豊富さにも舌を巻く。やっぱり文芸の編集者って相応の教養
    がなければ、担当作家と延々と本の話が出来ないよね。

    サブタイトルには読書日記とあるので、著者が日々手にした
    作品名は勿論記されているが、中心となるのは身辺雑記なの
    で、文学賞受賞のドタバタなどもあり、飽きずに読める。

    授賞式などで他の同業者に会った著者が、「あの人も、この人
    も動いている!」なんて感じるところは微笑ましい。

    私も以前、新宿のゴールデン街で某作家さんを見掛けた時に、
    「わっ!○○だ、本当にゴールデン街にいるんだぁ」と感動
    したことがあったっけ。

    本書を読むと、最近、読書量自体が減っている自分を反省する
    のだが、著者のように大量に読んで、大量に記憶することは無理
    なんだよな。

    その記憶力が羨ましいのと共に、新宿・紀伊国屋書店のような
    大型書店が住まいから徒歩圏内であることに涎が出ました。

  • 本読みにはたまらない。
    登場する本を片っ端から読みたくなってくる。

  • 第1弾の「少年になり、本を買うのだ」でも思った事ですが、とにかく圧倒されるほどの読書量です。

    海外作品が多いので、海外物苦手な私は全然ついていけないのですが、それでもとっても面白いんです。しかも桜庭さんが熱く語っているのを読んでいると、海外作品であろうが何であろうが「めっちゃ読みたい」ってなります・・・・これ以上積読本が増えてもほんと困るので、今回は読みたい本を真剣にメモるのは自粛致しましたが、かなりありました。

  • 『少年になり、本を買うのだ』に引き続き読みました。
    直木賞授賞式の様子も書かれていて面白かった。

    この本で松浦寿輝『半島』を読みたくなったのに間違えて川上弘美『真鶴』先に読んじゃった。(合わせて真鶴半島だからとはいえ)

  • 文庫本での再読。つくづく桜庭さんの読書量に脱帽。やっぱり集中力が違うんだろうなぁ…。
    うっかり読みたい本が大量に増えてしまう本。エッセイとしても文章が面白く、気楽な気持ちで読み進められました。

  • 以前図書館で読んだけど、文庫版見つけたから買って再読。

    海外の物語に疎いから参考にしようと思います。

全53件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1999年デビュー。2007年『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞、08年『私の男』で第138回直木賞を受賞。21年2月、小説『火の鳥』刊行予定。

「2021年 『東京ディストピア日記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桜庭一樹の作品

書店はタイムマシーン (桜庭一樹読書日記) (創元ライブラリ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×