シャーロック・ホームズの最後のあいさつ (創元推理文庫 101-4)

  • 東京創元社
3.51
  • (8)
  • (10)
  • (33)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 153
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488101046

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 瀕死の探偵がいいですね。この話だけは、覚えていました。

  • 「最後のあいさつ」の切なさは異常。
    ワトスニアンとしては「ブルース=パーティントン設計書」「瀕死の探偵」「悪魔の足」でのワトスンが見物かと。

  • ▼未読/購入済
    ▼随時更新

    シリーズで未読のもの、すべて読んでから読みたいと思っているので
    購入済ですがまだ未読です。

  • 『藤荘』

    『ボール箱』

    『赤輪党』

    『ブルース=パディントン設計書』

    『瀕死の探偵』

    『フランシス・カーファックス姫の失踪』

    『悪魔の足』

    『最後のあいさつ』

     2009年10月31日読了

  • 090227(n 090404)

  • 「瀕死の探偵」が入っている巻。様々な出版社から翻訳されたものが出ているが、創元社の表紙はなかなかデザイン良かったので、ここで買い揃えた。<br>
    ホームズものの内容に関する説明は今更なので省くとして、あらためて読み返すとホームズは実に淡々と描写が続く読み物であった。それでも読者が想像を膨らませ、そこにワトソンとのやり取りや二人の友情を感じていくのだろう。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1859年スコットランド、エディンバラ生まれ。小説家。推理小説、歴史小説、SF、戯作など、多岐にわたる作品を残す。中でも「シャーロック・ホームズ」シリーズは、現代のミステリ作品の基礎を築いたとされる。1902年にナイトに叙せられ、「サー」の称号を得る。1930年没。

「2019年 『恐怖の谷』 で使われていた紹介文から引用しています。」

コナン・ドイルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

シャーロック・ホームズの最後のあいさつ (創元推理文庫 101-4)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×