シグニット号の死 (創元推理文庫 106-29)

  • 東京創元社
3.60
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (406ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488106294

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 証券業界の大物ハリスンが、シグニット号のキャビンの中で殺されていた。事件は自殺として一旦処理されるも、他殺の疑いが出てきて…。

    うむむ。クロフツ読むの3作目なんですが(『樽』と『クロイドン発12時30分』が既読)、イマイチまだこの作家の持ち味が掴み切れない。
    前半の秘書視点は楽しく読み進んでたのですが、クロフツ視点になってからは、クロフツの「犯人の行動を推論し」、「その裏付けを取るために捜査する」、の繰り返しで、時々壁にぶつかっていたりと、ちょっと捜査が迷走しているようにも見えたり…。どうやら『地道に足で捜査する』を描いている結果こうなっているって事で良いんですかね。(あと地方都市が舞台なのでトラベルミステリーっぽい雰囲気も)
    とりあえず、まだ何作か読んで、もう少しこの作家さんを知ってみようとは思います。

    ところで、前半の事件の関係者視点から一転、後半はクロフツ視点になったとたんに影が薄くなってしまった(というか、完全に消えてしまった…)、あの秘書の『その後』が気になって仕方がありません! ハリスンの家族のその後なんてどうでも良いから、彼のその後を…(笑)

  • フレンチ警部シリーズ

    富豪であり証券業者でもあるアンドルー・ハリスンの下で働くことになったマーカム・クルー。同僚の秘書であるエンカントリ、ハリスンの家族。浮気をする妻リティシア、リティシアの浮気相手グレアム・ロック、娘グロリアと婚約者コールマン、放蕩息子ルパート。ハリスンの突然の失踪事件。誘拐事件と思われた事件の真相。操作された株価の秘密。証券業者・ストウとモファットの秘密、エンカントリとの関係。ハリスンの所有する船・シグニット号でのハリスンの死。密室の現場。二酸化炭素中毒による死。自殺と思われた死の捜査。フレンチ首席警部が発見したガスの発生したボールとフランスニスの関係から殺人として捜査に・・・。

     2011年2月5日読了

  • 一見すると普通の事件、と思いたいことでしょう。
    実際定石どおり犯人は複数なのですが…

    ところが、ちょっと毛色が違うのは
    事件が実は複数絡んでいるのです。
    しかも一見したらつながっているとしか見えないのに…

    犯行はクロフツの作品どおり
    結構凝っています。
    化学反応をフルに活用していたりと
    非常に飽きの来ないつくりです。

    フレンチの落ち込みは控えめでしたが
    冗長な展開ではなく
    良作でした。

全3件中 1 - 3件を表示

フリーマン・ウィルス・クロフツの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×