赤い館の秘密 (創元推理文庫 (116-1))

  • 東京創元社
3.46
  • (7)
  • (42)
  • (54)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 263
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488116019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 殺人事件に遭遇したボヘミアンな青年が、ノリで「そうだ、ぼく、探偵になろう!」と探偵役をコッソリ買って出たり、「君ちょっとワトソン役してくんない?」という軽いノリの提案に、「いーよ」とこれまた軽く友人が応じたり。
    終始、このノリのいいホームズ&ワトソンが、あーでもないこーでもないと狭い敷地内を東奔西走するミステリでした( ^ω^ )

    とりあえず思ったのは、なんかこのコンビ、ノリはいいけど捜査方法はなーんかこすっからいというか、みみっちいと言うか…いえ、そのギャップが可笑しくはあるのですが、少し探偵の捜査手法としては物足りないかなあ。
    最初から犯人たりえる人物が極端に限定されていて、その人物の目をかいくぐりながら調べ物をしたり、尾行してみたり、に終始していたのがなあ…。
    「銃声が鳴り響いた密室に残された死体と消えた容疑者、そして僅かなタイムラグで現場に乗り込んだ発見者達」という本格派な謎に対して、この展開はちょっと物足りない気がしたんですよね〜。作者の最初にして最後の長編推理小説だから、多くを求めるのは酷かなあと思いつつ、少しもったいなあと感じてしまいました。

    あとはまあ、本作の警察さんがあまりにお粗末だったのもね…。普通、××は確認するでしょ…照合するでしょ…。
    普段は「本格推理小説に警察の介入やら科学捜査なんて不要よ〜!スルーよ〜!←」と豪語して憚りませんが、この辺を濁さずに寧ろドヤ顔で探偵に語らせてしまったのが、何か逆に微笑ましかった(笑)。

    全体的に、ファニーでコージーなライトミステリです。惜しむらくは、邦訳の言い回しの古さ、取っ付きにくさでしょうか。現代訳の方が受ける気がするし、このストーリーの雰囲気には合う気がするなあ。


    十数年ぶりに赤い館に帰ってきた放蕩者の兄が殺害された。彼の弟であり、屋敷の主人でもある人物が直後に謎の失踪を遂げたことから、彼を最重要容疑者として警察は捜査を進めていた。ところが、死体発見現場に居合わせた素人探偵・ギリンガムは、些細な矛盾点に気付き、独自の調査を進めていく。

  • 途中からフーダニッドより、ハウダニッド、ホワイダニッドへ重きを置かれた展開になっていきますが、充分面白い。
    なにせよくありがちな登場人物一覧に出てくる人の大半が、お話の前半で帰宅してしまうという、破天荒ぶり。
    ええー、これで成立するの?と思いつつ読みましたが、成立してます。
    いやぁ、面白かった。

  • ユーモアユーモア言ってるけど、イギリス人のユーモアはおもんないなぁ…つうか、はしがき読む限りだとそんな面白い推理小説には全然思えないんだけど

  • あの『くまのプーさん』の執筆者の書いたミステリという事で、一体どのような作品なのかと思っていたら、きちんと筋の通ったミステリになっていたことに驚いた。
    何でも器用にこなす素人探偵のギリンガム、物語に置いてワトスン役を務めるペヴリー。この素人探偵、事件に出会ってから初めて探偵をやってみようと思い立つという、ある意味他の探偵たちを馬鹿にしたかの様な設定である。他人事という事で、ギリンガムは気軽な気持ちとも取れる姿勢で事件に挑む。確かにその姿勢なら、あらかじめ事件関係者について先入観を持っていない、事件に巻き込まれる事で無用な展開が広がることも無い、などなど良い点もあるのだが、どうにも私はこの類の探偵は好きになれそうに無い。
    トリックや最後の解決法については問題無しといってよい。更にギリンガムは推理の過程を物語の途中途中できちんと話してくれるので、普段ミステリや複雑な物語を読みなれていない人でも充分に理解しやすい内容となっている。ただ、その分最後のどんでん返しが足りないと感じてしまうかもしれないが…。

  • 『くまのプーさん』で有名なA.A.ミルン唯一のミステリ長編。ミステリは純粋にトリックだけで勝負すべきだという主張通り、現場となる赤い館の滞在者の多くが帰され、ストーリーの殆どが犯人或いは事後従犯と思しき人物と素人探偵&ワトソン役を中心に展開し、近隣住民などの証言を経て、犯人解明に至るという意欲作。
    久し振りに読みにくい訳書に出会ったと思ったら、この訳者私の祖父母と同年代でした。

  • ホームズ役ギリンガム、ワトスン役ベヴリーの会話がおかしみがあって大好きです。
    それに作者の前書き。ミステリ愛がほとばしっていていいですね。

    訳文、特に地の文が少しわかりにくいのがちょっと残念です。
    会話はほんとうにユーモアがあって楽しめるのですが。

  • 殺人事件が起こっているのに、終始長閑な雰囲気。何処か、他人事みたいな探偵役二人のやりとりのせいでしょうかね。

  • ロンドン郊外のマナーハウスで起こった殺人事件をめぐる謎解き。……とはいえ、そんな「事件」ですらどこかマナーハウスの来賓たちを楽しませるため周到に用意された趣向のように感じさせるのは、物語に登場する有閑階級の人々の優雅さと、いにしえのイングランド郊外の夏の長閑さのせいにちがいない。トリックうんぬんよりも、レモネードのような酸味とほろ苦さを堪能したい上品なミステリ。ちなみに作者は「熊のプーさん」でおなじみの劇作家とのこと。

  • 3+
    二人の素人探偵のやりとりがいっそ清々しい程に軽妙そして絶妙で、本格然としたスタイルの割に、終始穏やかな雰囲気を醸し出しているのが特徴か。さすがに訳の古さは否めないし、真相に意外性なども感じられないが(今や古典ともいえるトリック)、リズミカルな文体と、メリハリのある会話が、巧みに読み手を先へ先へと誘う。

    横溝正史は「本陣殺人事件」で、本作を“最も愛読する”と明記し、金田一耕助初登場時に、主人公アントニー・ギリンガム君に風貌が似ていると書いている。
    しかし、読み終えても両者の印象がほとんど重ならないのは不思議。


    *****
    どうでもいいことだが、積み本の中からタイトルに“色”が含まれる本を続けて読む企画を実践中。
    黄→緑→赤→?

  • 乱歩が選ぶ黄金期のミステリーBEST10の8番目の作品。(再読でしかも創元推理文庫版です。)著者は言わずと知れた「熊のプーさん」の原作者、「プーさん」の知名度に比べてこの作品は一般的には低いです。しかしミステリーファンにとっては読んでおきたい必須の作品です。この時代ならではのトリック、冒険あり、試行錯誤ありで読むのが面白かった。

全45件中 1 - 10件を表示

A.A.ミルンの作品

赤い館の秘密 (創元推理文庫 (116-1))を本棚に登録しているひと

ツイートする
×