仮面劇場の殺人 (創元推理文庫)

  • 東京創元社
3.36
  • (1)
  • (3)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (462ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488118273

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 久々のカー、しかも復刊ではなく新訳である。この前の『喉切り隊長』が結構面白かったのもあるし、フェル博士物でもあるということで期待したが・・・。
    今回はカーネギー・ホールなどに代表される欧米の劇場が舞台ということでボックス席がどういう物かを漠然としか想像できなく、登場人物の行動の推移が何が何やら十全に理解できなかったことが大きい。
    しかし、それだけでないのも確か。450ページ弱を要して殺人事件が1つ、しかもネタ的には短編小説並みのものでしかないというのが結構痛かった。最後の最後でトリックは明かされ、なるほどと思うが、450ページを引っ張るほどの魅力は無かった。
    本筋から関係のない脱線気味の笑劇もあり、カーのサービス性がどうも悪い方向に働いたようだ。
    なぜ平成の世になって漸くこれが訳されたのか?この問いの答えは様々だろうなぁ。

  • 『三つの棺』同様、最後まで犯人もトリックも読めない、手ごわい作品だった。
    しかしそれは、肝心の犯人探しから焦点がずれてしまっているのが一因のような気も。。。
    とはいえ、長い間別居している夫婦の微妙な心理は、とても楽しく読めた。

  • 2020/07/11読了

  • フィル博士

  • フェル博士シリーズ

    女優マージョリー・ヴェインの銃撃事件。仮面劇場で上演された過去の「ロミオとジュリエット」での死の謎。マージョリーに嫌われ追放された俳優。
    アメリカに向かう船での銃撃事件。居合わせたフェル博士と友人フィリップ・ノックス。フィリップの妻ジュディとの関係。
    新たに上演される「ロミオとジュリエット」のけいこ中に矢で殺害されたマージョリー・ヴェイン。彼女がスピネリ警部に依頼した宝石盗難事件の真相。

     2010年3月3日読了

全4件中 1 - 4件を表示

ディクスン・カーの作品

ツイートする
×