ハリー・クバート事件〈上〉 (創元推理文庫)

制作 : 橘 明美 
  • 東京創元社
4.13
  • (13)
  • (25)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 148
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488121044

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  33年前に失踪した少女の白骨死体が偶然発見され、当時関係の深かった有名作家ハリーに嫌疑がかかる。それを晴らすべく奮闘する弟子の新進作家マーカス。田舎町オーロラの住人たちを巻き込んでのドタバタ劇は二転三転し、思いもよらない結末になだれこむ。とにかくテンポがよくぐいぐいと引っぱられる。途中に挟まれるマーカスとハリーの学生時代のエピソードは、直接事件とは関係ないようにみえて二人の関係やサブテーマというべき作家の苦悩と成長につながるものであり、場面転換の効果もあいまって重要なピースとなっている。ユーモアたっぷりの語り口で軽快に進むので、底流する愛情と創作にまつわるテーマの深刻さを感じさせない。新進気鋭の作者の若書きらしく荒削りというか細かいことをいえば難はいろいろあるが、ストーリーテラーとしての力量はなかなかのものだ。

  • 引き込まれる。

  • 序盤長い!
    そしてゴールドマンが鼻持ちならない奴で、ちょっと読んでいてイラっとする。
    でも、噂通り面白くって一気に読んでしまった。
    そして思うのは、どうして翻訳物っていうのはわりと話の筋に関係のない人物のキャラが濃いのだろうか。

  • 2017/01/09読了

ハリー・クバート事件〈上〉 (創元推理文庫)のその他の作品

ハリー・クバート事件 上 (創元推理文庫) Kindle版 ハリー・クバート事件 上 (創元推理文庫) ジョエル・ディケール
ハリー・クバート事件 上 単行本 ハリー・クバート事件 上 ジョエル・ディケール

ジョエル・ディケールの作品

ツイートする