もう年はとれない (創元推理文庫)

制作 : 野口 百合子 
  • 東京創元社
3.52
  • (12)
  • (76)
  • (54)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 445
レビュー : 61
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488122058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あんまり痛快という感じじゃなかったけど、まあ、普通に面白かった。

  • 87歳の元刑事が主人公って。
    高齢社会のひとつの現れ?
    車ひとつろくに運転できない、ひとつ間違えば老人性認知症と取られてもおかしくないくらいの口の達者な爺さんが寄る年の波にも負けず奮闘する物語。

    ハードボイルド調な会話の展開、テンポは嫌いでない。最初はぐいぐいきた。
    ただ、全体としての筋の展開が。
    どうとでもなりうる伏線を張り巡らし、せばめることもせずにありうる展開のひとつに落ち着かせただけのプロットには緻密さが感じられず、もう一息というのが正直な感想。

  • 評判が良くて前から気になっていた本。
    トンデモじいちゃん!最高です。
    口は悪いしヘビースモーカーだしアルツハイマーちょと…だし、事件を呼ぶし、金(きん)への欲望は一人前だし。だけど奥様への愛、孫への愛はとびっきりで、自分の生きてきた時代と現代のギャップ感じてはいるけれど妥協しない許さない頑固さが素敵。
    こんなじいちゃん、自分のじいちゃんだったらと思うと冷や汗が出ます。

  • 一万円選書の中の一冊。

    うーん、正直事件そのものについては少々物足りなかったというか、なんだそれ?というか、腑に落ちないものがありましたけど、それに勝るのがバック・シャッツ。

    皮肉ばっか言ってて、こんなおじいちゃん、見てる分には楽しくていいな。
    年をとったからならではの悲哀も感じさせてくれて、事件のことというよりは、そういったことの方がしみじみ来ました。

    孫のテキーラはちょっと性格がつかめなかったけど。もっと冷静に物事見てる子かと思ってたら……。

    ところで、なぜこの本を一万円選書で選んでくれたのか。
    私が「早くおばあちゃんになりたい」って書いたからか、それともミステリ系の本を面白いって書いたからか……。

  • バック・シャッツの目が老いで曇っているからか、老人問題の側面と事件とが全く絡み合ってないように思える。
    ピークはジーグラーに面会にいくシーンである。殺人はただ謎のために起こるだけだ。そこに人間の根源的な心理なぞ読み取れない。ただジーグラーに会いに行くシーンには、「死神」に向かう姿勢がある。老いと過去の収容所の虐待とが上手く絡んでいる。
    殺人事件をストーリーに入れず、ジーグラーの面会途中の独白をピークとして、その後ゆっくりと終わる中編としていたら秀作であったろう。

    バック・シャッツをかっこよくみせるためのアクションシーンや謎解きのシーンなどは全く不要である。本書の最も良い部分が濁るだけだ。記憶帳・息子を無くしたこと・誕生日に死神がやってくること・収容所のこと。このあたりが最も人間的な部分で、残りはただエンタメのために書かれいてるだけだ。

    しかもそのエンタメの部分も不整合な点が多くある
    ・警官がなぜ猟奇殺人をしたのか。バック・シャッツやテキーラに罪を着せるのなら体力を必要とする猟奇的な殺人を犯す意味は全くない。
    ・なぜユダヤのやり方にのっとってスタインブラットを殺したのか。犯人をユダヤ教徒だと示唆する意味だと解釈するのは困難である。

    要するに何故猟奇殺人なのか、が置いてけぼりだ。

    もう年はとれないは残念な作品だ。ただその無駄な贅肉の部分が美味いからこそエンタメとして売れてミステリのジャンルになりバック・シャッツというキャラクター小説になっている。この部分が面白く感じられれば本作は老人の心理を鋭く描写したエンタメ小説と受け取れるだろうが、2つの要素が融合しているとは言い難い。

  • 高齢の元刑事が孫と一緒に活躍するミステリ。
    テンポよく、けっこう大きな事件が展開します。

    バック・シャッツは87歳。
    元メンフィス署殺人課の刑事で、荒っぽい捜査で伝説的な存在だった。
    かっての戦友が死に際に言い残した言葉から、騒動に巻き込まれます。
    死んだと思われていた元ナチス親衛隊の将校ジーグラーがじつは生きていて、金塊を持って逃亡したというのだ。
    バックとは、浅からぬ因縁のある将校。
    逃亡犯と金塊という組み合わせに、戦友の孫や牧師、調査官やイスラエルの職員など、さまざまな人物が絡んできます。

    息子をなくしてるバックは、孫息子(あだ名がテキーラ)と共に、真相を探りに出かけます。
    口が悪く、今も大胆なバック・シャッツ。
    退職後のブランクが長すぎで、既に身体は老いて腕力がびっくりするほどなくなっていたり、時には認知症ではないかと怯えたり。
    表はともかく内心では妻は最愛の存在だし、じつは情が深い様子。

    バックの活躍が、ネットでジョークになったりするのが楽しい。
    作者自身は孫に似たところがあるようで、バックは祖父がモデルらしい。
    面白く読めました☆

  • 保有状況:&購入日:42449&購入金額:1123

  • 一気読み!高齢化社会の今でこその87歳元殺人課刑事が主人公!何気に凄惨な死体を目の前に、老人ならではの皮肉な悪態が笑いを誘う…w 既に続編もあるらしいが、この調子だとまだまだ活躍しそう。映画化の話しも進んでいるらしいのだが、果たして誰が演じれるの!?イーストウッドでもまだ84歳だよ(-∧-;)

  • ちょっと分かりずらく腑に落ちないとこもあるが興味深く楽しく読めた。

  • シェトランド四重奏を読み終えてからのアメリカンミステリ。あまりの読みやすさに数時間で読了。超高齢化社会も悪くはないかもしれない。

全61件中 21 - 30件を表示

もう年はとれない (創元推理文庫)のその他の作品

ダニエル・フリードマンの作品

ツイートする