もう年はとれない (創元推理文庫)

制作 : 野口 百合子 
  • 東京創元社
3.52
  • (12)
  • (76)
  • (54)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 445
レビュー : 61
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488122058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 元戦友の死際にナチス将校のお宝探しを頼まれたバック・シャッツ87歳。
    老いた身体にムチ打って、IT担当の孫息子をお供にいざ出立!

    …。
    どうしてこう厭世的なんだろう。
    先達にはもっと人生を楽しんでいてほしい。
    老いた身体を嘆きながらも残りさ程多くない人生を謳歌するヴァイオリン職人のジャンニや海の上のカムデンのキャレドニアとアンジェラの方が肌にしっくりくる。
    事件も、で、結局どうしたかったのかが見えなくていまひとつのめり込めなかった。
    真犯人の動機も、なぁ…。

  • これは素晴らしいキャラクター。次も早く!

  • 映画化が決まっているそうだが、88才のユダヤ系の元刑事を演じられる俳優って誰。無難なところで、クリント・イーストウッドか?日本版を作るんだったら、生きていたら、高倉健?でもユーモアのイメージないしな。それにしても今年の海外ミステリは新人作家が豊作。

  •  以前に読んだ「窓から逃げた100歳老人」より若い87歳のヒーローなんだけれども、100歳老人がコメディタッチであるのに比べ、実に「老い」というものを考えさせられる。
     今20歳ならばあと67年間という3倍以上の人生が続くし、40歳の人ですら47年後である。想像もつかない。

  • 評判の良さに惹かれて読んでみたけれど、いまいちのれないままだった。確かに87歳なのに全くショボくれてない主人公は格好良いが、悪党を何人も撃ち殺しているのが伝説と言われてドン引きする私には、この本を面白いと思う資質が足りないのかも。ナチの財宝を追いかけるのも、復讐が目的なのか曖昧な気がする。その中で気に入ったのは、孫のキャラクター。車で尾行を巻く際に、カーナビの道順から外れる事を気にする所が
    ツボだった。あと、主人公が強がりながらも時折見せる、老いることの辛さ寂しさ等はリアルだ。再読したら、もう少し面白さが分かるかもしれないな。

  •  まったくこの食えないじじいといったら。87才のユダヤ人退役刑事が主人公。よぼよぼの余生を送っているところへ、大昔の収容所時代に痛めつけられたナチの高官が非合法的に入手した金の延べ棒とともに潜伏しているという情報がはいる。そうはいってもこっちは退役して25 年たったロートルだし相手も同世代。後期高齢者同士でドンパチやるわけにもいくまい。いやあ、時代というのだろうか、こんな老人が活躍するミステリーを誰が想像できようか。掛け値なしにおもしろい。くそじじいたるバック・シャッツのあまりの食えなさには抱腹絶倒。そしてそこここに漂う老いというもののペーソス。ぼくもすでにそこにさしかかっているからかもしれないが、ひとつひとつが身にしみて共感する。ぼくもあと20数年たったらこんないけすかないじじいになるにちがいない。いや絶対なってやる。ほんとにそう思ってしまう。ミステリーとして読むと犯人の意外性とか最後のどんでん返しとかは60分テレビドラマていどのものとしか言えないが、この主人公を生き生きと造り出したというだけで本作の価値は十分あるだろう。好評に応えて次作が書かれているそうだけど、バックの年齢を考えるとどこまで活躍させられるか心配だ。

  • 妻を愛し家族を思う、地に足の着いた南部の男の、87歳にして折れない気骨にしびれた。
    強がる主人公の最大の理解者・ローズの佇まい、言い添える言葉に、夫婦が過ごした歳月と、乗り越えてきた出来事が窺えて素敵に思う。
    ナチのお宝探しと犯罪については単純で、まさに映画向きと言う印象。

  • Twitterで絶賛されてたのでリクエスト。いやー、ジジイが魅力的ですな!登場人物が少ないので、割と簡単に真犯人はあたりがついちゃうんだけど、この物語の魅力は犯人あてじゃない。孫との交感、妻との交感がいいのよ!

    そしてジジイのくせに、状況を読むのがうまい。さすがもと殺人課刑事。頭でっかちの若い孫にやや頼りつつも、肝心なところではジジイの方が上手。年寄りの経験は大事ですな!

    本国では続編が出たらしい。邦訳待ってるよー!

  • ジョークが多々あって面白かった。主人公が発言とは裏腹の、結局何でそういう行動を取ってるのかややぼやけていて、行動がよく理解出来なかった。最終的にもよく分からなかった点があり(読み漏れかもしれないけれど)何となくすっきりしない。犯行動機というよりは、何であの人はあんなことまでしたんだろう…とただただ思う。個人的に、犯人がこういう小説では一番嫌いなオチだったのがとにかく残念だった。

  • 誰が読んでもクリント・イーストウッドを連想するだろうし、実際作中で「ダーティーハリー」に触れるところはニヤリとさせられる。

    よくできたB級映画の趣(褒めてます)。

    (肉体だけでなく)老いるということはどういうことかが、上手く書かれている。

全61件中 41 - 50件を表示

もう年はとれない (創元推理文庫)のその他の作品

ダニエル・フリードマンの作品

ツイートする