もう年はとれない (創元推理文庫)

制作 : 野口 百合子 
  • 東京創元社
3.52
  • (12)
  • (76)
  • (54)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 445
レビュー : 61
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488122058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公が87歳。安楽椅子探偵じゃないから自分でがんがん動くんだけど、飲んでる薬のせいですぐ内出血しちゃうし、記憶は怪しいし、最近のことには疎いし。でも、おじいちゃん、かっこいいよ!
    イーストウッド主演で映画化、どうでしょう。

  • 87歳の元刑事が体力・記憶力の衰えに怯えながら、過去の亡霊を追いかける。人は皺の数だけ語るネタがあるんだぜ、というのを思いださせてくれる作品。じいさんだとなめてかかると痛い目にあうよ。続きがたくさん読みたいので、バック・シャッツには長生きしてほしい。

  • 基本、かっこいい老人。
    孫の愚かしさ(悪い子じゃないけど。)が対比的に描かれる。

    その一方で、容赦なく来る老いのエピソードもあり、少し現実にも戻されました。

  • バック・シャッツ、御歳87歳。元殺人課刑事。武器は357マグナムと皮肉。

    昔取った杵柄とはいえ、今じゃ自他ともに認める老人のバックが巻き込まれた騒動は、行く先々に死体が転がる凄惨な場面と心身共に疲労疲弊がつきまとう。
    過去からの遺産を手に入れる為の相棒、バックの孫・テキーラとの珍道中はドキドキと拭いきれないほどの哀しみに満ちている。
    一方、どんだけ憎まれ口を叩いても受け止める妻・ローズ。彼女の存在はバックには唯一無二で会話の端々に互いの愛情が垣間見えて、知らぬ間にくすりとしてしまう。ローズの機転(友人が自らの葬儀の心配をしていた事を知った上でも、だ)に賛辞を送りたい。

    『われわれの文化の物語における高齢者は死ぬべき運命を象徴している。自己の滅び、あるいは伝承による英知の保存によって』
    ある点では正しく、ある点では何言ってんだか、はぁ~ん? である。バックを見れば分かるじゃん!

  • 今は亡き自分のじいちゃんも相当かっこよかったけど、このおじいもなかなかやりよる。

全61件中 51 - 60件を表示

もう年はとれない (創元推理文庫)のその他の作品

ダニエル・フリードマンの作品

ツイートする