もう年はとれない (創元推理文庫)

制作 : 野口 百合子 
  • 東京創元社
3.52
  • (12)
  • (76)
  • (54)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 445
レビュー : 61
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488122058

作品紹介・あらすじ

人生最後になるかもしれない捜査に臨む伝説の元殺人課刑事、87歳。武器は357マグナムと皮肉、敵は老い。最高に格好いい主人公を生むことに成功した、清冽なデビュー作!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ミステリ

  • エイジ・ハラスメント的な表現を感じたら、興醒めするんだろうなぁーと思って読んだんだけど、高齢者視点の描写には素直に頷ける。高齢者をハードボイルドの主人公にしただけの出落ち的な失速はなく、じいちゃんのワイズクラックも期待していた切れ味で、物語りもサクサク進む。家族がちゃんと描かれているのも好印象で楽しませていただきました。 訳者あとがきにもありましたが、じいちゃんが主人公のハードボイルドといえば、『オールド・ディック』もオススメです。

  • ●「一万円選書」第5冊目。はじめてのミステリー♪

    ●この作者も、弁護士と作家の二刀流。

    ●”あとがき”は先に読まない方が良い。読了後に読むと、なるほどを思うことが多いので、お楽しみに!

    ●主人公(ヒーロー)が老人という意外な設定で、最後まで飽きずに読み進められた。

    ●この作品の評判が良かったようで、続編『もう過去はいらない』が発売されていた。読む本がなくなったら読んでみたい。

    ●映画化もされるそうだ。

  • サクサク読める、ただそれだけ。

    もっと深められるはずなのに、謎が謎にならないうちに解かれていって、
    うまい具合に事が進みすぎ。

  • "主人公は87歳の元殺人課の刑事。ユニークなヒーロー。孫と一緒に過去の落とし前をつけに行く羽目になる老兵。アルツハイマーにおびえながら、毎日「忘れたくないこと」を記録帳に書いている。若かりし頃のスタイルで借金取りの胴元に殴りこみにいっても、相手に傷一つ与えられない。会話の駆け引きもユーモア。
    こんなじぃさんに私はなりたい。"

  • ユダヤ人として強制収容所に入れられた過去を持つ、元有能な刑事が、すっかり老後となったけれど、意気は盛んでとりかく口が悪い(笑)。恨みを持つ軍人が実は生きていたと聞き、しかし嬉々として捜査に乗り出すでもなく過ごしていたら、どんどん追い込まれていって、孫とともに「彼」に会いにいくことになる。孫との組み合わせが実によくて、「いい関係」だなーと思います。親子じゃないからのちょっとした距離感と、だからこそ気軽な感じ、無責任な感じ、でも家族、というところが楽しく読めました。

  • もう年はとれない (創元推理文庫)

  • 主人公はバック・シャッツ。87歳のユダヤ人。元殺人課刑事。引退して久しいある日、かつての戦友が臨終間際に語った告白から事件が始まる。
    海外ものならではでキャラも濃く、皮肉たっぷりの会話も楽しくテンポよく進みます。ですが、犯人が分かるのが最後に近く、動機などもあまりに駆け足で若干拍子抜けでした。
    息子の件がさらっとしか触れられていないので、ここは次作でしょうか。

  • ユダヤ人の元刑事(87歳)による、ナチの元将校に対する復讐劇と思いきや、いつの間にか殺人事件に巻き込まれて…

    最初の方は、おじいちゃんの皮肉にニヤつきながら読んでいたのですが、後半はハラハラしながら一気に読みました。

    次作もあるみたいなので、探してみようかな。

  • 捕虜収容所でナチスの将校から酷い目に合わされた過去を持つ、元刑事の老人が主人公。
    めっきり体力は衰え記憶にも自信がなくなってきた。それもそのはず、御歳87である。
    『最高に格好いい主人公を生み出した、鮮烈なデビュー作!』格好いいかは置いといて、
    人間味にあふれた面白いキャラクターだとは思いました。よぼよぼなのに超毒舌で愛煙家、
    強気なのに判断力も腕力も衰えていて…。ヒーローらしからぬ所がかえって魅力的です。
    心配になる場面も多かったけど(^^;) 続編も出ているようですが、じいちゃん大丈夫なのか?

全61件中 1 - 10件を表示

もう年はとれない (創元推理文庫)のその他の作品

ダニエル・フリードマンの作品

もう年はとれない (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする