大いなる眠り (創元推理文庫 131-1)

制作 : 双葉 十三郎 
  • 東京創元社
3.45
  • (19)
  • (40)
  • (89)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 403
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488131012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  上司が誰かを叱っているところに同席したり、
     何か深刻な話をしている時、
     つい、おかしなことを言ったり、笑いを洩らしたり。

     本気で、強く部下を叱るときはともかく、
     何かミスを指摘するときでも、つい
     笑いをおまけにつけてしまう。

     深刻すぎる時間が窮屈なのかな。耐え難いと言いますか。

     フィリップ・マーロウは名セリフで有名ですが、
     今回読み直してみると、重い現実をさらりとかわすための
     ひとつのテクニックなのでは?と感じた。

     何しろ、彼のホームグラウンドは、血と硝煙の臭いが充満する世界だから。

  • ハードボイルド・エッグから興味

  • フィリップ・マーロウ・シリーズ

    スターンウッド将軍からの依頼。娘の借金をネタにゆすりをかける男の調査。本屋ガイガーを調べるマーロウ。ガイガーの死体。同じ家にいたカーメン。カーメンの裸体写真。消えたガイガーの死体。将軍を強請るジョー・ブロディーの死。クラブ経営者エディー・マースとヴィヴィアンの消えた夫の関係。

     2010年10月26日読了

  • ストーリー、全体の雰囲気は申し分ない。
    けれど、訳が古臭くて読んでいてつらい。
    版権の都合で難しいだろうけど、村上春樹の新訳が待たれる。

全36件中 31 - 36件を表示

大いなる眠り (創元推理文庫 131-1)のその他の作品

大いなる眠り ハードカバー 大いなる眠り レイモンド・チャンドラー
大いなる眠り (ハヤカワ・ミステリ文庫) 新書 大いなる眠り (ハヤカワ・ミステリ文庫) レイモンド・チャンドラー
大いなる眠り (ハヤカワ・ミステリ文庫) Kindle版 大いなる眠り (ハヤカワ・ミステリ文庫) レイモンド・チャンドラー

レイモンド・チャンドラーの作品

ツイートする