死の匂い (創元推理文庫 140-4)

  • 東京創元社
4.17
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488140045

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (あらすじ)
    ステラは大富豪の一人娘。唯一の肉親である父が病に倒れ、多くの名医達が手の施しようがないと諦める中、一人の青年医師スペンサーが治療に辺り、父は奇跡的に助かった。

    ステラの人生に現れたプリンス=スペンサー、やがて二人は結婚する。スペンサーは自分の研究に打ち込むための研究所がほしいと望んでいた。ステラは資金協力すると口では言っていたが、のらりくらりと先延ばししていた。

    研究所を与えてしまうと彼は研究に没頭し、自分の事を省みなくなる…と思い、旅行やギャンブルなどの自分の世界に彼を連れ回す。この金銭感覚のズレが次第に夫婦間の亀裂となっていく。

    やがて大富豪である父亡くなると、夫の反撃が始まる。彼女に恐怖と死の影がじわじわと迫って来る。
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    私はこのヒロイン、好きになれない。一体どうしたらそんな結論に至るのか?彼女の思考回路がわからない。

    ただただ夫を自分の側に侍らせたくて、彼の夢を阻害する。全くもって子どものように頭が悪い。そのくせ自分では頭がいいと思っている。読んでいるとイラ

  • カトリーヌ・アルレー(Catherine Arley)の長編第一作(1953)。原題は Tu vas mourir! 望月芳郎訳。
     舞台はアメリカ東海岸。大富豪の娘ステラは、父の命を救った青年医師スペンサーと結婚するが、享楽的な生活を続けたい妻と、研究のために財産を使いたい夫との亀裂は深まっていき……。
     物語はステラの視点で描かれる。終盤、追い詰められたステラの心理描写がサスペンスフルだ。

  • 身勝手で性格が悪く嘘つきの富豪令嬢が主人公。登場人物は3人、後半はベッドに寝たきりで物語はすすむ。

  • 私の中でもっとも衝撃を受けた小説。

全3件中 1 - 3件を表示

カトリーヌ・アルレーの作品

ツイートする
×