目には目を (創元推理文庫 140-5)

  • 東京創元社
4.08
  • (5)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488140052

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  カトリーヌ・アルレー(Catherine Arley)の推理小説第三作。原題はLe Talion 安堂信也訳。
     青年実業家ジャンとその妻アガット、友人で富豪のマルセルと病弱な姉の女医マルトの4人の視点が交互に切り替わる。財産を巡る駆け引き、終盤のアガットとマルトの女同士の対決が面白い。 

  • 犯人はサイコパス。展開が早くて面白い。

  • 4月も終わり近くになって気が付いた。今年は月に1冊、小説を読むと
    決めたはず。あわわ…今月はまだ読んでいないではないかっ!

    慌てて書棚を書き回し手に取ったのが本書である。海外のミステリーや
    ハードボイルドを読み漁っていた10代後半から20代前半の頃、本書の
    著者であるカトリーヌ・アルレーやフレドリック・ブラウンの作品が
    大好きだった。

    日本の2時間枠のサスペンス・ドラマの原作としてよく使われるアルレー
    なのだが、テレビ・ドラマにしてしまうとかなり安っぽくでがっかりする。

    本書の登場人物はたったの4人。破産に瀕した青年実業家とその妻、
    皮革業者で冴えない中年男と女医であるその姉。

    物語は4人それぞれの独白で構成され、破滅の最終章に収斂されて
    行く。

    悪女を書かせたら当代随一だと思っているアルレーだが、本書では
    女の浅はかさを見事に描いている。

    「女とは、同性の美貌や富には羨望や嫉妬を感じても、教養や頭の
    良さには、羨望もしなければ嫉妬も感じないものなのだ。」

    塩野七生氏が『ローマ人の物語』のなかで書いていたが、アルレー
    の作品には象徴的な女で溢れている。

    悪女ミステリーの女王であるアルレーなのだが、作者自身、経歴が
    一切不詳。現在も作家活動を続けているのか、存命なのかさえも
    不明。本人が一番ミステリーだったりするんだよね。

  • 破産寸前の夫、その若く美しい妻、彼女に恋する中年の資産家とオールドミスの姉、この四人の男女の頭の中には、それぞれ思惑がひそみ、それが運命の糸のようにからみあって、破局へと突き進んで行く……。目には目を、歯には歯を、復讐を許すタリオンの掟が……。

  • 小池真理子さんが本に書いていたので、読んだ。よかった!

全5件中 1 - 5件を表示

カトリーヌ・アルレーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×