• Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488169039

作品紹介・あらすじ

古来、食卓は様々なドラマの場となってきた。本書ではそういった悲喜劇を集めている。上巻はルース・レンデルやパトリシア・ハイスミスなど巨匠の作品から、知られざる名作まで幅広い品揃え。幻のアミルスタン羊の物語から、マキアヴェッリの語るボルジア家の晩餐での一幕、謎の富豪に自分の"食欲"を売った貧しい青年の話など、斯界の美味珍美を選りすぐった傑作アンソロジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【食】にまつわるアンソロジー。
    ガストン・ルルーの『胸像たちの晩餐』の怖さたるや!
    下巻に続く。

  • 美味・珍味をテーマにしたアンソロジー。ミステリ、ホラー、‘奇妙な味’、超自然とジャンルはさまざまで、いずれもたいへんおもしろい。

全2件中 1 - 2件を表示

P.D.ジェイムズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘレン・マクロイ
ハリー・クレッシ...
キャロル・オコン...
カーリン・イェル...
フレドリック・ブ...
サラ ウォーター...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×