北京から来た男〈上〉 (創元推理文庫)

制作 : 柳沢 由実子 
  • 東京創元社
4.06
  • (4)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488209186

作品紹介・あらすじ

凍てつくような寒さの未明、スウェーデンの寒村に足を踏み入れた写真家は、信じられない光景を目にする。ほぼ全ての村人が惨殺されていたのだ。ほとんどが老人ばかりの村が、なぜ。休暇中の女性裁判官ビルギッタは、亡き母が事件の村の出身であったことを知り、ひとり現場に向かう。事件はビルギッダを世界の反対側へ、そして過去へと導く。刑事ヴァランダー・シリーズで人気の北欧ミステリの帝王ヘニング・マンケルの集大成的大作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヴァランダー警部シリーズの作者だったので。

    うーん、政治的な事にも、国際関係にも興味がないので、
    読み進めるのがつらかった。

    スウェーデンの村とも呼べないような小さな集落で、
    ある冬の日に起こった残酷な大量殺人。
    その動機がアメリカの大陸横断鉄道の苦力の子孫の復讐だということがうっすらとわかってきたあたり、
    つまりは上巻の途中から、とくにつらかった。
    (そうそう、死体を発見し心臓発作を起こして亡くなってしまったカメラマンはかわいそうだった)

    さらにどう関係あるのか全く分からない中国とアフリカの話になった時には、
    完全に興味を失ってしまった。
    いったい、話をどこへもっていってまとめるつもりなのかと、
    それしか読む進める動機がなくなっていた。

    (下巻へ続く)

  • 平成30年2月7日読了

  • 前半は星5
    中国・アフリカ・北欧・米国を結ぶ糸は何か。
    歴史と未来をおりまぜた傑作。

  • ヘニング・マンケルは<刑事ヴァランダー>のシリーズでよく知られる作家だが、単発の作品も多い。この邦題を英訳から引っ張って来たという『北京から来た男』もそうした単発の大作である。<刑事ヴァランダー>でも、主人公の勤務する地方都市で発生した事件に、思いも掛けない国際的な拡がりが視られたり、関係者の永年の怨恨が絡まる等、時間や空間を超えた展開を解き明かして行く物語が多いのだが…本作も、小さな村での事件が国中を驚かせ、そしてそこに時間や空間を超えた拡がりや想いが絡まるという「この作家の作品らしい」感じの物語だった…大変に興味深く読み進んだ…

  • 最後まで気が抜けない物語だった・・。初北欧ミステリ? 最近ブームらしいけど。私的にはかなりグイグイ来て読めました。北欧ミステリの醍醐味社会批判がこういう風に織り込まれて小説になるのかと今回初だったので私には新しかった。社会背景なんかも気になったりするので、この小説きっかけに歴史の勉強もしたくなる。

全5件中 1 - 5件を表示

北京から来た男〈上〉 (創元推理文庫)のその他の作品

北京から来た男 上 (創元推理文庫) Kindle版 北京から来た男 上 (創元推理文庫) ヘニング・マンケル

ヘニング・マンケルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘニング・マンケ...
ネレ・ノイハウス
ピエール ルメー...
トム・ロブ スミ...
アーナルデュル・...
ヘニング・マンケ...
ヘニング・マンケ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする