パンプルムース氏対ハッカー (創元推理文庫)

制作 : Michael Bond  木村 博江 
  • 東京創元社
3.43
  • (1)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488215071

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マイケル・ボンドのパンプルムース氏&愛犬ポムフリットシリーズも6作目。
    調査というか内偵を依頼されるのは、いつもと同じであるが、今回はほかならぬ社の内部が脅かされた事件。
    編集長に対する悪質ないやがらせ、OA化をめぐりデータの改ざん、はてはマダム・グラントが失踪して…。
    いつもは強気のマダム・グラントの恋模様は何とも切ないが、パンプルムースを手伝ってくれるコンピュータのプロ、ボレル嬢がいい味わいと余韻を残している。
    又、このいつになく“まとも”な?登場女性であるマドモアゼルのコンピュータ入門篇がなかなかふるっている「すべてのコードが正しく接続されているとしたら――」とは人生に通じると…。(章のタイトルは“正しい接続”である。)
    勿論、出だしの騒動から笑えるし、途中でマダムの洋服を着てパリを歩くパンプルムース氏など、毎度のきつい冗談?も健在、今作では、いつものグルメよりはややひもじい思いをした場面が少なくなかったコンビかもしれないけれど、またまたポムフリットは大活躍。動物といえば、マダム・グラントの愛鳥ジョジョも登場します。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

英国の児童文学作家。1926年生まれ。58年『くまのパディントン』を発表。シリーズ化された「パディントン」は現在も世界中で人気を博している。大人向けのミステリー「パンプルムース氏」のシリーズでも知られる。

「2016年 『人形の家にすんでいたネズミ一家のおはなし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パンプルムース氏対ハッカー (創元推理文庫)のその他の作品

Monsieur Pamplemousse Investigates (A Gastronomic Mystery) ペーパーバック Monsieur Pamplemousse Investigates (A Gastronomic Mystery) マイケル・ボンド
Monsieur Pamplemousse Investigates マスマーケット Monsieur Pamplemousse Investigates マイケル・ボンド
Monsieur Pamplemousse Investigates ハードカバー Monsieur Pamplemousse Investigates マイケル・ボンド

マイケル・ボンドの作品

ツイートする